ついに、仮面ライダーWが最終回!!これが最後の・・・最後のネタバレレビュー!! 

 ペットショップで店員と口論する翔太郎。「レジェンド・デリシャス・ゴールデン缶」って、もしやミックのエサか・・・?そして、店長のサンタちゃんからエサをもらい、店を出る翔太郎。彼の背後には、少年の姿が・・・

 フィリップが消えて1年。風都タワーもようやく再建された。ずっと眠り続けていた若菜には、消えたフィリップのことは言えず、苦悩する翔太郎。街の危機は、終わる気配がしねぇ・・・翔太郎はフィリップの力を求めますが、彼はフィリップが、いつもそばにいるような気がしてならないのです。そこに翔太郎をつけて来た少年が、姉さんを取り戻してほしいと依頼を頼みます。

 やっぱり、最終回はOPなし!!後にも先にも、平成ライダーの最終回でOPを流したのは、ディケイドだけになるんだろうね・・・

 依頼人の少年の名前は、青山晶・小学6年生。彼の姉・唯が3日前から行方不明。警察からも連絡がないみたいです。姉さんがいないと何もできないと言う晶の言葉を聞き、コーヒーを吹き出す翔太郎。いかなる事態にも心揺れず、1人で耐え抜く。これがハードボイルドだと教える翔太郎ですが、晶は屁理屈を言うだけ。そんな晶を、翔太郎は調査に連れて行きます。

 クィーンとエリザベスの情報によると、唯は嵐ヶ丘高校の生徒。ここの連中は、悪いグループと関わっているみたいです。グループの名前は「EXE(エグゼ)」。ウォッチャマンの情報によると、ガイアメモリを売買している若者のグループみたいです。ボスの名前はエナジー。メモリの名前か?キーワードが揃い、つい癖でフィリップに連絡しようとする翔太郎。

 EXEの溜まり場にやって来た翔太郎と晶。そこに現れたのは、EXEのメンバー・遠藤士郎。そこにEXEに捕らわれた晶の姉・唯が姿を見せます。EXEのメモリ売買は、もともと唯が始めたことだと言う遠藤。ウソだと言う晶ですが、唯は事実だと認めてしまいます。

 EXEはミュージアムを継ぐ者。偉大なカリスマもいる・・・カリスマ?今は街で静かにしているあの方を迎えるため、残りのメモリをかき集めるEXEのメンバー。再起動の日は近い・・・EXEのメンバーの一人が、アノマロカリス・ドーパントに変身、翔太郎はロストドライバーを装着し、メモリの電子音を鳴らしますが、フィリップとの2人の変身の癖が抜けていません。翔太郎はロストドライバーに「ジョーカー」のメモリを装填、仮面ライダージョーカーに変身し、アノマロカリス・ドーパントに立ち向かいますが、唯を連れ、他のEXEのメンバーは立ち去ってしまいます。翔太郎はドーパントを追い詰め、「マキシマムドライブ」を発動、「ライダーパンチ」でアノマロカリス・ドーパントを撃破します。晶に唯を追うように言う翔太郎ですが、晶は自分は強くないと言い、逃げ出してしまいます。そんな彼に翔太郎は、ほんとは自分も一人じゃ何もできないけど、無理やり1人で踏ん張ってるだけだと言います。それが、ハードボイルド?翔太郎は晶に先に事務所に戻るように言い、自分は調べることがあると、行ってしまいます。

 翔太郎が風都署に駆けつけると、若菜が突然覚醒し、警官を襲い始めます。EXEの言っていた偉大なカリスマとは、やはり若菜の事か?その光景に自分の目を疑う刃野と真倉。彼女は変身しなくても、ドーパントの力が発動しています。そんな彼女を追いかける翔太郎と竜。

 竜は風都を守るため、若菜を止めようとアクセルに変身しますが、翔太郎が彼を止めます。今、若菜を傷つけたら、フィリップは何のために命を投げ出したのか?これを聞き、若菜は自分を助けるためにフィリップが消滅したことを知り、ショックを受けて姿を消してしまいます。

 翔太郎が事務所に戻ると、そこにはフィリップの声が。しかしそれは、フロッグポッドに録音されていたフィリップの声。亜樹子が晶にフィリップの話をし、彼にフィリップの声を聞かせたみたいです。翔太郎に謝る亜樹子ですが、翔太郎は何も言わず、地下に降りてしまいます。相棒が外国に行ったくらいでメソメソする翔太郎をバカにする晶ですが、本当はフィリップが、この世から消えたことを打ち明ける亜樹子。フィリップは翔太郎にとって、大事な相棒。晶にとっては、姉の唯と同じ。いてくれないと何もできないぐらい、2人で1人だった・・・亜樹子は翔太郎がやせ我慢していると言います。それが、ハードボイルド・・・そこに晶の携帯に、EXEのメンバーからメールが入り・・・ 

 シュラウドに会いに来た若菜の望みは、再起動・・・そして、自分なりのガイアインパクト。シュラウドは、若菜の知りたい答えが「地球(ほし)の本棚」にあると教え、逝ってしまいます。母の死にショックを受ける若菜。え、なんでシュラウド死んだの?

 EXEの呼び出しに一人で現れた晶。唯は晶が持って来た鞄から、隠してあったガイアメモリを取り出します。そのメモリは「オーシャン」。EXEのメンバーがメモリに魅せられている隙をつき、晶を連れて逃げる唯。晶は唯を守ろうとEXEのメンバーに立ち向かい、そこに翔太郎と亜樹子が駆けつけます。どうしてここが?亜樹子が念のために、晶の靴に発信器をつけていたのです。一人で踏ん張った晶を見直す翔太郎は、仮面ライダージョーカーに変身、そこに竜も駆けつけます。

「俺に質問するな!!」

翔太郎はコックローチ・ドーパントに応戦、「マキシマムドライブ」を発動し、「ライダーキック」でドーパントを撃破します。ドーパントに変身しようとするEXEのメンバーですが、翔太郎と竜がメモリを砕き、未遂に終わります。あとは竜に任せることにする翔太郎。しかし、砕けたメモリの電子音は「エッジ」。「エナジー」の出番はなかった・・・?

 一方、若菜は「地球(ほし)の本棚」に入り、自分が望むガイアインパクトを実行しようとします。それは一体・・・?

 唯を救出し、事件は解決・・・かと思いきや、翔太郎たちの前に一人の男が現れます。その人物は、サンタちゃんが店長を務めるペットショップの店員の男。男は「エナジー」のメモリを取り出し、エナジー・ドーパントに変身、亜樹子たちを庇おうとした翔太郎は、ドーパントの攻撃を受け、倒れてしまいます。この光景に、亜樹子や駆けつけた竜は、ショックを隠しきれません。

 一方、「地球(ほし)の本棚」に入った若菜は再起動のための、すべての閲覧を終了します。

 エナジー・ドーパントの攻撃を生身で受けた翔太郎ですが、彼は立ち上がります。すると、翔太郎の背後から、フィリップと共に消滅したはずの「エクストリームメモリ」が現れます。そう、「エクストリームメモリ」がエナジー・ドーパントの攻撃から、翔太郎を守ったのです。これに驚く翔太郎ですが、さらに「エクストリームメモリ」からフィリップが現れます。

 1年前、若菜が自分に体をくれたと言うフィリップ。これが若菜の決めたガイアインパクト。人類の未来のために、地球を変えるのは園咲の使命。琉兵衛、シュラウド、冴子、若菜は、この使命をフィリップに託したのです。和解し、本当の家族となった園咲一家。体を復元しながら、翔太郎をずっと見ていたフィリップ。翔太郎が感じていたフィリップの気配は、気のせいじゃなかったのです。フィリップは初対面の晶のことも、すでに検索済み。戻って来たフィリップに、大喜びの翔太郎とみんな。亜樹子はどさくさの紛れて、竜に抱きつきます。

 そこに無視されたペットショップの店員の男が怒ります。あれ、まだいたの?男はエナジー・ドーパントに変身、これに対し翔太郎とフィリップはWに変身、応戦します。よくダブルドライバーを持ち歩いていたもんだ・・・フォームチェンジを駆使して、ドーパントを追い詰めるW。とどめの「ジョーカーエクストリーム」で、エナジー・ドーパントを撃破します。

「決め台詞は、忘れてないだろうね?翔太郎。」

「当たり前さ、フィリップ!街を泣かせる悪党に、俺たちが永遠に投げかけ続ける、あの言葉・・・」

「さあ、お前の罪を数えろ!!」

 これで、仮面ライダーWは終了です・・・キャスト、制作スタッフの皆さん、1年間お疲れさまでした!!多少、不満な点もありましたが、全体的に良い作品だったと思います。劇場版も、ちゃんとTV版とリンクしていて、話も分かりやすかったのもよかったですね。三条陸さんの脚本は、どれも最高でした!!

 すでに本日から、「仮面ライダー000(オーズ)」の放送が開始されていますが、この仮面ライダーのネタバレレビュー、誠に勝手ながら、このWで終了とさせていただきます。今後、「仮面ライダー000(オーズ)」も取り上げることはあると思いますが、今までの長ったらしいネタバレレビューは、やらないことにします。現在、他にレビューしている「天装戦隊ゴセイジャー」、「ハートキャッチプリキュア!」の方も放送終了次第、次回作からレビューはなしということで悪しからず。毎週、楽しみに見てくれた方(いるわけないだろ!!)、スイマセン・・・それでも、今後も劇場版の感想、レビューは載せるつもりなので、よかったら見てやってね!!

 
スポンサーサイト

 今度、Wに変身すれば、フィリップが消滅してしまう・・・変身をためらい、加頭が変身したユートピア・ドーパントに素手で立ち向かう翔太郎は、ドーパントにいたぶられ、ピンチに陥ります。翔太郎に変身を促すフィリップですが、やはり翔太郎は変身することができません。そんな彼のピンチを救ったのは、なんとタブー・ドーパントに変身した冴子。ドーパントの攻撃を受け、加頭は変身を解除、冴子はフィリップに若菜を連れ、逃げるように言います。さらに加頭は、生身の体で攻撃を受けますが、彼は死んではいません。なんと加頭は、死者蘇生兵士「NEVER」だったのです。再びユートピア・ドーパントに変身した加頭は、冴子と若菜をさらってしまいます。

 瀕死の重傷を負い、病院に運ばれる竜。ユートピアは人間の希望、願望など、生きるための感情を吸い取って自分の力にする。竜が精神波攻撃に強い体質でなければ、もっと恐ろしい症状になっていたと言うフィリップ。いや、竜に耐性があるのは、オールド、テラー系の精神波攻撃であって、それ以外は耐性がないんじゃないのか?竜は重傷を負い、若菜も救えなかった。フィリップは変身をためらった翔太郎を責めます。亜樹子は浜辺にあったボールをフィリップに渡し、ちょっと2人で話すように言い、先に事務所に帰ります。翔太郎とフィリップはキャッチボールをして、お互いの気持ちをぶつけます。翔太郎の一番の魅力はやさしさ。でも、このままじゃ安心して消えることができないと言うフィリップ。彼は翔太郎が1人になっても、翔太郎自身の手で風都を守り抜くよう頼みますが、自分に自信が持てない翔太郎は、この約束ができません。そこに翔太郎のスタッグフォンに着信が入ります。相手は刃野?ではなく、ユートピア・ドーパントに変身した加頭だった。フィリップが電話を代わると、加頭は若菜が財団X所有の天文研究所にいることを教えます。ちなみに数値は78%・・・これを100に近づけるため、ドーパントはクィーンとエリザベス、サンタちゃんにウォッチャマン、刃野と真倉に襲いかかり、襲われたみんなの顔は、のっぺらぼうになってしまいます。このビジョンを見て、苦痛を受けるフィリップ。最後にユートピア・ドーパントは亜樹子を襲い、翔太郎とフィリップが事務所に戻ると、彼女の顔がのっぺらぼうに・・・フィリップは自分のせいで、亜樹子とみんなが傷ついたと絶叫します。そんなフィリップの姿を見て、責任を感じた翔太郎は、鳴海壮吉の帽子をかぶり、1人で出て行きます。

 意識を取り戻した若菜は、冴子から加頭が「クレイドール」の力を衛星へ飛ばし、地球規模のガイアインパクトを起こすつもりだと聞かされます。これを父・琉兵衛の計画を横取りした冴子の差し金だと言う若菜。そこに加頭が現れ、冴子は加頭の自分への気持ちが本気だったこと知りますが、彼女はこれを拒絶します。

「あなたが園咲をなめているからよ!!」

こんな形で若菜に勝っても、父・琉兵衛は認めない。冴子は加頭から「タブー」のメモリを奪い、若菜を逃がすために変身し、加頭に立ち向かいます。

 加頭が変身したユートピア・ドーパントに立ち向かうタブー・ドーパント。その圧倒的な力の前になす術もなく、冴子は息の根を止められてしまいます。皮肉にも、憎んでいた妹の若菜を助けようとして命を落とした冴子。そこにやって来た翔太郎は、彼女の最期を見届け、若菜を助けに向かいます。

 発動率は98%まで上がってしまった。しかし、そこに翔太郎が現れます。ユートピア・ドーパントの攻撃をかわし、ガジェットを使って若菜を救出した翔太郎は、施設の爆破に成功します。

 エクストリームメモリにより、翔太郎の元に駆けつけるフィリップ。約束を守り、1人で若菜を救出した翔太郎にフィリップは、

「君の友であることは、僕の誇りさ!」

と言います。そこに現れるユートピア・ドーパント。あとはコイツを倒すだけ!!

「たとえ、お前らがどんな強大な悪でも、風都を泣かせる奴は許さねえ!体ひとつになっても、喰らいついて倒す!その心、そのものが仮面ライダーなんだ!!この街には、仮面ライダーがいることを忘れんなよ!!財団X・加頭順、さあ、お前の罪を数えろ!!」

「行くよ!翔太郎!!最後の・・・」

「ああ・・・最後の!!」

「変身!!」

翔太郎とフィリップは、サイクロンジョーカーエクストリームに変身、ユートピア・ドーパントを圧倒します。Wの感情を吸い取ろうとするドーパントですが、自分の体に収まりきれず、逆にダメージを受けてしまいます。このWには、フィリップの最後の思いがこもっている。もはや、ユートピア・ドーパントに吸いきれる量じゃない!!そしてWは、ドーパントに最も効果のある攻撃をしようと、腰のマキシマムスロットに「プリズム」のメモリを装填、「マキシマムドライブ」を発動し、「ダブルプリズムエクストリーム」でユートピア・ドーパントを撃破します。

「お前の罪を・・・数えろだと・・・?人を愛することが・・・罪だとでも・・・?」

 愛した人を手にかけた男が、何を言うか・・・

「ユートピア」のメモリが破壊され、加頭は消滅してしまいます。これを見ていたネオンは、財団は正式にガイアメモリから手を引くと言い、去ってしまいます。

 そして、翔太郎とフィリップに別れの時が訪れます。フィリップは、自分が消えることを若菜には内緒にするよう翔太郎に頼み、彼はこれを聞き入れます。フィリップは変身を解除しようとしますが、それを自分の手でやらせるように言う翔太郎。フィリップは彼に任せますが、翔太郎はドライバーを閉じることができません。

「これを閉じても、僕たちは永遠に相棒だ。この地球がなくならない限り。」

その言葉を聞き、涙を流す翔太郎は悲しみの中、ドライバーを閉じます。すると、エクストリームメモリと共にフィリップが消滅し、翔太郎は一人悲しみの中、その場に立ちつくします。

 若菜は病院に保護された。フィリップが残した最後の依頼をやり遂げた翔太郎。ってか、竜!!全身大やけどで瀕死の重傷だったのに、もう退院ですか!!まさしく不死身の男・・・翔太郎がフィリップからもらったプレゼントの中身を開けると、そこにはロストドライバーと一冊の本が。ロストドライバーはフィリップが新たに作った物か?それとも、スカルのドライバーを回収したのか?本の中身は白紙かと思いきや、フィリップからのメッセージが残されていました。

 僕の好きだった 街をよろしく

          仮面ライダー

           左 翔太郎!

             君の相棒より


これを見て、今は亡きフィリップに礼を言う翔太郎。そして、これからも仮面ライダーとして、ずっと街を守る事を誓う翔太郎なのでした。

 今回は涙なしに観られないお話でしたね!!うん、すごくよかった!!

 次回、仮面ライダーW最終回!!もはや何も言うまい!!さあ、お前の罪を数えろ!!

 若菜の声を聞くフィリップ。翔太郎はフィリップの飼い猫・ミックを取り戻し、これにフィリップは喜びます。彼は翔太郎と亜樹子に礼を言いますが、自分の体が消えかかっていることに気づきます。そして、急に改まったフィリップは、翔太郎に若菜を助け出すように依頼します。相棒であるフィリップの依頼を、翔太郎は引き受けますが、これがフィリップの最初で最後の依頼になることを、翔太郎はこの時、思いもしなかったのです。

 CHARMING RAVEN。表向きは製薬工場ですが、メモリ開発に必要な機材も無理なくそろえられると言うネオン・ウルスランドなる女性。彼女は加頭の上司であり、ストップウォッチで時間を計りながら、加頭に財団Xの投資対象からミュージアムを外したと言います。あの「NEVER」も財団Xの実験兵器だった。ですが、投資は打ち切られたみたいです。そこで加頭は、自分が確保した切り札で、ガイアインパクトの継続が可能だと言いますが、それには若菜の体内に融合した「クレイドール」のメモリを蘇らせる必要があるみたいです。組織体として崩壊したミュージアム。加頭が用意する新たなミュージアムのトップとは・・・

 若菜は園咲の屋敷が崩壊直前に連れ去られた可能性が高いとにらんだ翔太郎は、一番怪しい人間を追跡することに。その人物とは園咲冴子。ウォッチャマンの情報によれば、ここ数日、サーキットでよく走っているみたいです。それを聞き、サーキットに現れる翔太郎と竜。そこにフィリップも駆けつけ、冴子に若菜の居場所を聞きますが、冴子は若菜が生きていることを知らなかったみたいです。そこに冴子を迎えに加頭が現れます。翔太郎と竜は、冴子からミュージアムのスポンサーである財団Xの存在を知らされます。ミュージアムの背後に、まだそんな奴らが・・・しかし、もはや背後ではない。冴子と共にガイアインパクトを達成すると言う加頭。これを聞き、加頭が若菜をさらったことを知る冴子。フィリップが若菜を返すように言うも、加頭はこれを拒否、園咲の人間にしか使えないゴールドメモリを取り出します。これもスポンサー特権。加頭との適合率は98%。まさに運命・・・ドライバーを装着した加頭は、「ユートピア」のメモリを装填。すると、翔太郎たちが宙に浮いてしまい、ユートピア・ドーパントに変身した加頭の力により、吹き飛ばされてしまいます。竜がアクセルに変身してユートピア・ドーパントに立ち向かうも、全く歯が立ちません。翔太郎はフィリップに変身するよう言いますが、フィリップはこれを拒否します。次の変身は、若菜を助けるその瞬間に取っておかなければならない。今度Wに変身したら、自分の体は消滅してしまうと言うフィリップ。この地上から・・・永遠に・・・それを聞き、動揺する翔太郎。ユートピア・ドーパントのパワーの前に、竜は変身を解かれ、倒れてしまいます。若菜は「今頃、お父様もきっとお墓で泣いているわ。お墓でね。」と言い残し、彼女はユートピア・ドーパントにさらわれてしまいます。

 加頭にさらわれた冴子は、捕らわれの若菜を目撃します。冴子を新生ミュージアムのトップとし、ガイアインパクトを実行すると言う加頭。メモリ適性のない市民を瞬時に消滅させる人類選別の儀式。若菜をデータ化し、財団の人工衛星にインストールすることで風都だけではなく、地球全域でメモリ適性のない人間は消えてしまう・・・これを聞いたネオンは、投資再開の検討を上層部に要請すると言い、去っていきます。そして加頭は、冴子に「タブー」のメモリを渡します。

 「地球(ほし)の本棚」に入り、若菜のいる場所を検索するフィリップ。キーワードは「ミュージアム」、「財団X」、「施設」。これにより、風都内に組織の秘密施設が大小27か所あることが判明します。しらみつぶしに捜すしかないと言う竜ですが、フィリップは冴子が言った言葉を思い出します。フィリップの父・園咲琉兵衛は埋葬されていないはず・・・そこでフィリップは、追加キーワードに「墓」を加えます。CHARMING RAVEN。そこにメモリ製造工場が隠されていると言うフィリップ。

 社名はCHARMING RAVEN。墓はGRAVE。

これはフィリップの検索に引っかかると見越した冴子がくれたヒント。冴子の心も動いているかもしれない。さっそく行こうと言うフィリップですが、翔太郎はフィリップが消えることについて、まだ納得していません。

 知っての通り、フィリップは一度死んでいる。今の彼の肉体は、地球(ほし)の本棚の力を得たことにより、奇跡的に再構成されたデータの体。それが今、加速度的に消滅している。その原因は、前回の若菜との融合。地球に近づきすぎたフィリップと若菜。今度Wに変身したら、フィリップの体は完全に消滅し、地球の記憶の一部となってしまう・・・それでも若菜を救った後なら、悔いはないと言い、覚悟を決めたフィリップ。これはもう回避できない。それでも諦められない翔太郎は、シュラウドに会いに行きます。

 シュラウドに会い、フィリップを助ける方法を聞く翔太郎ですが、彼女にもどうすることもできないみたいです。フィリップを助けることは、鳴海荘吉から託された翔太郎の一番でっかい依頼・・・その鳴海荘吉にフィリップを救うように依頼したのは、自分だと言うシュラウド。ビギンズナイトの依頼人はシュラウドだった・・・フィリップはもはや、復元されたデータの固まりではないと翔太郎に礼を言うシュラウド。フィリップが安心して笑顔で消えられるようにしてあげてほしい。それがフィリップを救うということ・・・そう翔太郎に頼み、シュラウドは姿を消してしまいます。

 翔太郎が事務所に戻ると、フィリップの海外留学を祝したサプライズパーティが行われます。そこには、竜と亜樹子だけではなく、ウォッチャマン、サンタちゃん、クィーン、エリザベス、刃野と真倉の姿も。納得のいかない翔太郎ですが、これはフィリップに思い出をたくさんあげようと亜樹子が考えたこと。フィリップはみんなにプレゼントを渡し、彼は街もみんなも大好きだと話します。これを聞き、喜ぶ一同は乾杯をして盛り上がります。そして、フィリップは翔太郎にプレゼントを渡します。その中身とは・・・?

 朝が来て、眠っているみんなを事務所に残し、財団Xの工場に乗り込む翔太郎とフィリップに竜。亜樹子もフィリップと最後の別れになるかもしれないとついて行きます。

 敵の工場に乗り込む4人。マスカレイド・ドーパントの相手を、アクセルに変身した竜に任せ、若菜の救出に向かう翔太郎たち。若菜の姿を見つけるフィリップですが、彼女に計測器がついていることに気づきます。何を計っているんだ?そこに現れた加頭は、若菜の能力の発動数値を計っていると言います。クレイドール・エクストリームを100とした時、今は43%・・・若菜をプログラム扱いする加頭は、ユートピア・ドーパントに変身します。これに対し、翔太郎に変身を促すフィリップですが、翔太郎は変身をためらってしまい、若菜はドーパントにさらわれてしまいます。

 ユートピア・ドーパントに立ち向かう竜ですが、その力はやはり圧倒的。竜はアクセルトライアルになりますが、ドーパント速さはトライアルと互角、いや、それ以上の速さで圧倒し、竜はアクセルに戻ってしまいます。なぜ、アクセルに戻った?「ユートピア」とは、希望の力のメモリ。竜の生きる気力をもらい、自分の力にしたと言うユートピア・ドーパント。竜にピンチが迫るも、それでも変身することができない翔太郎。竜はドーパントの攻撃を受け、炎上してしまいます。そして、翔太郎が生身でユートピア・ドーパントに立ち向かうも、もちろん歯が立ちません。翔太郎にやめるように言うフィリップですが、それでも翔太郎はドーパントに立ち向かいます。若菜の意識はフィリップとシンクロしている。若菜の復活法が見つかったと言うユートピア・ドーパント。フィリップの精神的苦痛が若菜を呼び覚ます・・・そのためにフィリップの目の前で、翔太郎の息の根を止めようとするユートピア・ドーパント。動揺するフィリップは絶叫し・・・

 次回、ダブル最後の変身!!フィリップは消滅してしまうのか?

 フィリップが12年前に死んだ・・・?今、そこにいるフィリップは人間ではなく、人類の未来を変えるために必要なデータの固まりだと言う若菜。以前、冴子がフィリップを物扱いしたのは、そういうことか・・・テラー・ドーパントが召喚したテラー・ドラゴンの攻撃を受け、変身を解かれて倒れる竜。フィリップは「テラー」の恐怖に怯える翔太郎と共に、何とかWに変身し、サイクロンジョーカーエクストリームとなりますが、テラー・ドーパントの圧倒的な力を前に、変身を解かれてしまいます。琉兵衛は「イーヴィルテイル」を奪い、若菜と共にフィリップを連れ去ってしまいます。

 冴子の元に、琉兵衛から招待状が届きます。これは勝利宣言なのか・・・?

 鳴海探偵事務所にて、竜の手当てをする響子。翔太郎は恐怖に怯えたままです。これに責任を感じた響子は・・・

 園咲家にて、目を覚ますフィリップ。彼が食堂に向かうと、そこには琉兵衛と若菜、冴子とシュラウドの姿も。フィリップの家族が全員揃った・・・

 一方、責任を感じた響子は、園咲家に侵入を図ります。

 家族の食卓にて、思い出を語る琉兵衛。フィリップは争いをやめるべきだと言いますが、冴子がこれを拒否。若菜とメモリで変身し、姉妹対決を始めます。一方、負けを認めたシュラウドは、フィリップに「切り札は左翔太郎。」と言い残し、去ってしまいます。この隙に園咲家に侵入した響子が、こっそり「イーヴィルテイル」を奪います。

 クレイドール・ドーパントに追い詰められるRナスカ・ドーパント。クレイドール・ドーパントは、クレイドール・エクストリームとなり、圧倒的な力でRナスカ・ドーパントを撃破。「ナスカ」のメモリを破壊された冴子は、逃走します。

 傷ついた竜に、恐怖に怯える翔太郎。そこにフィリップから連絡が入り、彼は翔太郎に別れを告げます。

「僕は消えない・・・君の心に悪魔と相乗りする勇気がある限り・・・」

 フィリップに別れを告げられても、恐怖で動くことができない翔太郎。そこに「イーヴィルテイル」を奪って来た響子がやって来ます。これで「ガイアインパクト」は阻止できる?と思いきや、勘違いだったと言う響子。彼女が奪って来た「イーヴィルテイル」とは、一体何だったのか?

 風都の人間は、ガイアメモリの実験台だった。フィリップは琉兵衛を救いたいと願うも、彼に泉に突き落とされ、若菜に全てを捧げてしまいます。クレイドール・エクストリームとなり、フィリップと地球のすべてを感じる若菜。

 「すべてうまくいく。あと数分もすれば・・・」と言う琉兵衛ですが、そこに亜樹子に引っ張られ、翔太郎が駆けつけます。彼は「イーヴィルテイル」の謎が知りたいと、これを琉兵衛に見せます。「イーヴィルテイル」、それは園咲家族の名前が書かれた刷毛だった。家族を犠牲にした自分に恐怖を感じた琉兵衛は、家族が幸せだった頃の象徴でもある刷毛を家族とすり替え、自分を偽ってきたのです。これを否定し、テラー・ドーパントに変身する琉兵衛。翔太郎はフィリップの言葉を思い出し、変身を試みます。すると、クレイドール・エクストリームが変調をきたし、メモリにフィリップの意識を呼び込んだ翔太郎は、Wに変身します。これにより、若菜はメインプログラムを喪失した状態となり、バグってしまいます。

「街を泣かせてきた諸悪の根源、園咲琉兵衛!!さあ、お前の罪を数えろ!!」

 テラー・ドーパントに立ち向かうW。ドーパントはテラードラゴンを召喚。そこにリボルギャリーと共に、意識を取り戻した竜が駆けつけ、アクセルガンナーでテラードラゴンに応戦します。

 「俺が操り人形?上等だ!それで悪を砕けるなら、人形でもなんでも構わん!!」

さらに竜はタービュラーに換装、アクセルタービュラーとなり、テラードラゴンと空中戦を繰り広げます。

 エクストリームメモリが、若菜からフィリップの肉体データを取り戻し、サイクロンジョーカーエクストリームとなるW。竜は「マキシマムドライブ」を発動し、テラードラゴンを撃破。テラー・ドーパントを追い詰めたWは「マキシマムドライブ」を発動し、「ダブルエクストリーム」でテラー・ドーパントを撃破します。「テラー」のメモリが破壊され、炎上する園咲の屋敷。若菜は光になって彷徨い、琉兵衛は燃えさかる炎の中で、笑いながら踊り崩れてしまいます。崩れゆく屋敷の前で、倒れ込む冴子。

 琉兵衛は怪物だったが、最後の瞬間に「イーヴィルテイル」を見て、かすかに人間の心を取り戻したと思う翔太郎。地球の記憶を巡る一つの家族の愛憎劇は、幕を閉じたかに思えたが、事件はまだ終わっていなかった・・・屋敷の焼け跡から、若菜の遺体が見つからないのだ。

 一方、意識を失った若菜を抱く加頭は・・・

 テラー・ドーパント・・・あれだけの強さを見せつけておきながら、最期はあっけない・・・ラスボスは財団Xの加頭なのか?

 次回、冴子と共に「ガイアインパクト」を達成しようとする加頭。今度、Wに変身したら、フィリップの体が消滅だって?

 関西での「仮面ライダーW」第48話の振替放送日は、8月23日午前11時からです!!同日に振替放送される「ハートキャッチプリキュア!」の次なので、お忘れなく!!仕事や学校で観られない方は、今から録画予約を!!

 

 特殊傭兵部隊<NEVER>との戦いで、破壊された風都タワーの修復作業が続く中、鳴海探偵事務所に依頼人がやって来ます。博物館の学芸員だと言う女性ですが、その姿はまるでカウボーイそのもの。依頼人の女性の名前は、轟響子。性格がゲキレンジャーのメレそのままだな・・・憧れの恩人である館長を助けたいみたいですが、その博物館の館長とは、風都博物館の館長・・・ミュージアムの頭目であり、フィリップの父親である園咲琉兵衛・・・彼が発掘現場で失くした「イーヴィルテイル」を探してほしいと依頼する響子。翔太郎はこれが運命だと感じ、依頼を引き受けます。いよいよフィリップの父親・園咲琉兵衛の秘密に迫る時が来た・・・

 園咲家にて、ミックにエサを与える琉兵衛は、若菜が地球の巫女になる日が来たと言い、ご機嫌です。

 星降谷発掘現場。琉兵衛はここで貴重な化石や遺跡を数多く発見し、名をあげた。そして、付近の土地を買い占め、自分の邸宅とした。「イーヴィルテイル」を探すため、発掘現場にやって来た翔太郎と亜樹子に響子。イーヴィルテイル=悪魔のしっぽとは一体・・・園咲がらみでなければ、フィリップの検索で探すことはできるのですが、この場所は広すぎる・・・そこで亜樹子が「ダウジングスリッパ」で「イーヴィルテイル」を探そうとします。真面目に探すように言う響子ですが、さっそく反応が!!んなアホな・・・

 「地球(ほし)の本棚」で検索をするフィリップですが、やはりミュージアム関連の本を読むことはできません。と思いきや、ミュージアム関連の本が、数冊残ります。「Raito Sonozaki」・・・自分の名前の本を見つけるフィリップですが、彼は真実を知ることを恐れ、本を読むことができません。セキュリティを外し、本を読めるようにしたのは若菜。

 スリッパが反応し、翔太郎に反応した場所を掘らせる響子。すると、そこには「evil tail」なるものが。マジで?しかし、それには鍵が掛かっていて、中身も軽い。そこに「イーヴィルテイル」を狙い、ミックが変身したスミロドン・ドーパントが現れます。Wに変身して、ドーパントに立ち向かう翔太郎。サイクロンジョーカーエクストリームとなり、スミロドン・ドーパントの全てを閲覧したWですが、ドーパントの反射速度は、分析を超えているみたいです。そして、そこにテラー・ドーパントの笑い声が。「イーヴィルテイル」がガイアインパクトに必要だと言う琉兵衛。戦おうにも、琉兵衛は姿を見せず、この場は亜樹子と響子がいるので、とりあえず脱出することにするW。

 加頭から、ガイアインパクトのために屋敷を人払いし、琉兵衛が若菜と二人っきりであることを知らされる冴子。ついにミュージアムが動き出す・・・

 ガイアインパクトが組織の最終計画であると予測する竜。フィリップは自分の本が読めるようになり、真実を知るのが怖くて読めなかったことを翔太郎たちに打ち明けます。それだけフィリップにとって、重い一冊・・・と言っている間に、事務所にいた響子が姿を消してしまい、追いかける翔太郎と竜。フィリップも自分の本を読もうと決意し、「地球(ほし)の本棚」に入ります。

 風都博物館にやって来た響子は、琉兵衛に「イーヴィルテイル」を渡すように言われますが、そこに翔太郎と竜が駆けつけます。しかし翔太郎は、琉兵衛を前に急に体が震えだします。琉兵衛がミュージアムの頭目と知りながらも、その核心に触れようとしなかった翔太郎は、無意識のうちに、園咲の屋敷への接触を拒んでいた。「テラー」の能力・・・それは相手への恐怖心を増幅する力。琉兵衛はスミロドン・ドーパントに響子を襲わせ、竜がアクセルに変身し、追いかけます。

 自分の本を閲覧するフィリップ。

 園咲来人は園咲家長男として、父・琉兵衛、母・文音の間に生まれる。当時、長女・冴子は13歳、次女・若菜は4歳。3歳にして、琉兵衛にブリティッシュショートヘアの猫を買ってもらう。来人自身が「ミック」と命名。

 5歳の時、父・琉兵衛は地球意志との接触ポイントを発見。「泉」と命名されたこの場所を科学施設化する。1ヶ月後、来人・・・その中に落ち・・・

 中に落ち・・・動揺したフィリップは、事務所を飛び出してしまいます。

 アクセルトライアルとなり、スミロドン・ドーパントに応戦する竜ですが、苦戦を強いられてしまいます。「テラー」の恐怖で呆然とする翔太郎ですが、フィリップの呼びかけで正気を取り戻し、Wに変身します。「サイクロンメタル」となり、スミロドン・ドーパントに立ち向かうWはミックを手なずけ、「メタルスタッグブレイカー」でドーパントを撃破します。メモリが破壊され、猫が組織の幹部だと知り、ショックを受ける竜。ミックを手なずけるためにWがとったポーズは、特別なご馳走を与える時の園咲家独特のしぐさ。それを聞き、フィリップが自分の本を読んだことを知る翔太郎。フィリップは全てを知ったのです。そこに現れるテラー・ドーパント。フィリップと「イーヴィルテイル」が揃えば、琉兵衛が望むガイアインパクトが実現する。もう一度変身しようとするフィリップですが、「テラー」の恐怖を植えつけられた翔太郎は、震えが止まりません。特殊体質の竜が、テラー・ドーパントに立ち向かおうとしますが、ドーパントはテラードラゴンを召喚し、竜を圧倒。響子は若菜により「イーヴィルテイル」を手放してしまいます。そして、明かされる真実。フィリップが12年前に死んだ・・・?

 クライマックスとなり、とうとうミックが退場・・・猫として、まだ生きてるけど・・・次は誰だ?

 更新が遅くて、申し訳ありませんが、関西では高校野球中継のため、本日の放送はお休みでした・・・次週から他局より、1週間遅れの放送・・・

 同じ日に「ハートキャッチプリキュア!」の振替放送があるので、8月23日(月)に8月22日(日)分が放送されると予想。詳しくは電子番組表で!!学校や仕事で観られない方は、録画を忘れずに!!最終回が近いので、絶対に見逃すな!!

 次回、園咲一家が集結!!アクセルタービュラーが登場!!若菜と冴子の姉妹対決の行方は?そして、フィリップは・・・?

 もちろん、劇場版は公開初日に観て来ました!!感想、ネタバレレビューは、しばしお待ちを・・・

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。