先月、応募していたトライファイターズツールキャンペーンですが・・・

 なんと、当選しちゃいました!!
gunpla-tool02.jpg

 一次、二次応募で各1000名、合計2000名に当選し、ツールセット自体はガンプラ初心者向けで、上級者はあまり応募せず、それなりに当選確率は高いかな?と思い、応募してみたら、まさか当選するとは・・・とは言え、一人何口でも応募できるということだったので、実は二次応募で8口応募しました!!応募し過ぎだろ!!当たる方は、一口で十分当選されたでしょうね・・・6月に入り、今年も残り半年を切り、早くも今年の運を使い果たしたって感じです!!ハイ!!

 専用応募はがきなどの画像にはありませんでしたが、収納ケースはゴムバンドで締められていました。

 中身はこんな感じです・・・
gunpla-tool03.jpg

 収納ケースはプラ製のしっかりしたケースとなっており、セット内容は、バーニングニッパー、ライトニングヤスリ、ウイニングピンセット、そして、ガンダムマーカーのガンダムレッド、ガンダムブルー、ガンダムイエローが各1本、ガンダムマーカースミ入れ極細タイプ(ブラック)の1本となっています。セット内容の他に、収納ケースに他の工具を入れるスペースはありませんが、工夫次第で紙やすりやデザインナイフなども入れられそうなので、自分が使いやすいように収納ケースをカスタマイズしてみるのもいいかもしれません。

gunpla-tool04.jpg

 バーニングニッパーとウイニングピンセットには、「GUNPLA」のロゴがありますが(画像では確認しづらく、申し訳ありません。)、なぜかライトニングヤスリだけはロゴがない・・・バーニングニッパーには片側しか刃がありませんが、ガンプラを組む程度なら問題なく、切れ味は悪くありません!!このツールセット、初心者向けと侮ることなかれ!!上級者でも十分使えるツールセットだと思います!!このツールセットさえあれば、これからは旅先でもガンプラが組める!!・・・って、ツールセットはともかく、組むガンプラの方は荷物になるわな・・・僕と同じく、このツールセットを手に入れられた方々、末永く愛用し、ガンプラライフを満喫しましょう!!

 あ、今回は何もガンプラ作ってないや・・・また次回!!では!!
スポンサーサイト

 前回から引き続き、調子に乗ってガンプラ製作記事が続きます!!今回は製作したのは、カッコかわいい?プチッガイ バーニングレッドです!!

 お値段税込み540円ですが、ガンプラを取り扱っている家電量販店なら、ワンコイン500円あれば十分買えるかと思います!!色は今回組んだバーニングレッドの他に、ライトニングブルー、ウイニングイエロー、フューチャーピンクの3色あり、4体揃えて、ビルドファイターズトライ後期EDを再現するのもいいかも?ガンプラを組んだことのない女性の方にも簡単に組めるので、デスクにちょこんと飾るのにおススメのキットです!!

 パーツ数も少なく、あっという間に完成!!
petitgguy02.jpg

  おっ?なかなかかわいいヤツじゃないか!!

 早い人なら、完成させるのに10分もかからないんじゃないかな?今回組んだこのキットは、素組みにシールを貼っただけです。シール部分は目と鼻のみで、目のシールが6枚、鼻のシールが3枚予備でついているのがうれしいですね。 耳の部分の白色のパーツは、一度ハメると取り外すのが困難なので、塗装される方は注意しましょう!!

 プチッガイ本体の他に、専用ベース、チェアーストライカー、ママッガイとの手つなぎパーツが付属します。
petitgguy03.jpg

 ベアッガイF(ファミリー)のキットを持っていないので、ママッガイとの手つなぎ画像はありません。ゴメンなさい!!

 プチッガイをチェアーストライカーに乗せて、他のガンプラに背負わせることができます。 
petitgguy04.jpg

 写真でプチッガイを背負っているガンプラは、ビルドバーニングガンダムです。もちろんトライバーニングガンダムでも背負うことができますが、その場合はトライバーニングガンダムに付属するジョイントパーツが必要となります。その他、HGBCシリーズの様々なパーツを取り付けることができるので、自分だけのカッコかわいいプチッガイを再現するのもおもしろいかと思います!!

 次回記事にするガンプラは・・・ごめん、まだ考えてないです!!では!!

 今更ですけどGW中、ガンプラを組んでいたので、記事にしてみました!!

 って、今頃HGデスティニーガンダムかよ!!せめて、RGキットの方を組めよな!と思った方、申し訳ないです・・・ちなみにデスティニーガンダムですが、個人的に作中で一番好きなガンダムです!!なので、HDリマスターされても変わらない扱いの悪さにはガッカリでしたね・・・

 それは置いといて、このブログでガンプラ製作記事を書くのって、何年ぶりなのやら・・・?いや、記事にしていないだけで、ガンプラはそれなりに組んでいます!!ハイ!!

 で、なんとか組み終わりました・・・
destiny02.jpg

 デスティニーガンダムと言えば、このポーズ!!ちなみにこれ、シールも貼っておらず、塗装もしていません。それなのに、胴体部分の色分けがよくできている・・・?と気づかれた方はおられますかな?

 実は、胴体部分にRGキットを使用しています!!
destiny03.jpg

 イエローサブマリンでRGキットの胴体部分のパーツだけ買って、HGキットの頭、手足、バックパックを装着してみました!!ご存じの方々も多いと思いますが、RGキットは、アドヴァンスドMSジョイントに外装を装着して組む方式なので、ポリキャップ接続のHGキットのパーツをそのまま装着することはできず、改造が必要となります(無改造で装着できるのは頭部のみ。)。今回組んだキットは、RGキットの胴体部分は無改造で、HGキットの方に少し手を加えて装着できるようにしました。とは言え、簡単な応急処置的な改造しかしておらず、あまり安定していない状態(特に股関節)です。改造部分を書いておらず、申し訳ないです。また時間があれば、手を加えてみます。

 RGキットを丸々1体組んだことはないので何とも言えませんが、RGキットはパーツのポロリが多いみたいなので、今回僕がやってみたように、部分的にHGキットと組み合わせてみるのもおもしろいかと思います。HGデスティニーガンダムは、個人的にいいキットだと思いますが、胴体部分をRGキットに換えただけでも、可動範囲はかなり良くなります!!ガンプラは自由!!皆さん、自分だけのガンプラライフを満喫しましょう!!では!!

 GNソードⅣフルセイバーをクアンタに装着!!



 フルセイバーと専用接続ユニットの他に、サバーニャ、ハルートに装着する時に使用する専用ジョイントパーツ、プラモデルオリジナルのGNカタールへの組み替えパーツが付属します。

fullsaber02.jpg


 クアンタへの装着は、GNシールドを取り外し、バックパックのポリパーツに専用接続ユニットを取り付け、再びGNシールドを取り付けます。

fullsaber03.jpg


 接続ユニットのフレームは、クアンタのフレームとは違い、ポリパーツが内蔵されていないので、ガシガシ動かすと、すぐにヘタりそう・・・クアンタのフレームを移植するのもいいかも?クアンタのクリアパーツもアサフレックスじゃなく、フルセイバーと同じクリアパーツだったらよかったのですが・・・
記事を読む →

 前回の「プチ改造編」から、特に何も変わっていないHGダブルオークアンタ・・・


 いや、見えないところに加工しているんですよ!!肉抜き穴をパテで埋めたり・・・

 「ダブルオークアンタ」、「改造」で検索され、このブログに訪問された方、つまらない記事で申し訳ありませんでした・・・今回もつまらない記事です・・・

 前回の記事で、予想通りリクエストはありませんでしたが(ちと悲しい・・・)、頭部の後ハメ加工、やってみましょう!!

 頭部をバラすと、全パーツはこんな感じ・・・

qant24.jpg


qant25.jpg

 目の部分のクリアーパーツを図のように切り(切ったら、目のパーツが割れた・・・最悪・・・)、ヘルメット部分の下から、フェイス部分を差し込めるようにします。でも、このままでは差し込めないので、ヘルメット部分の頬ガードの裏側を少し削っておく必要があります。(デザインナイフによるカンナ削りがオススメ!)

qant26.jpg


qant27.jpg

 ヘルメットの後ろ部分は、図のように切り、接着。あとは合わせ目を消し、肉抜き穴をパテで埋め、アンテナをシャープに削ったら頭部は完成かな?いつも未完成での公開でスミマセン・・・

 あとは、バインダーの肉抜き穴埋めと表面処理、できればGNドライヴにHアイズの貼り付け・・GNソードビット用のグリップを作って、手持ちの武器にできるように改造したいな・・・問題はソード部分のアサフレックス・・・どうするべきか・・・?クアンタムシステム発動時の各部の展開・・・できるわけがありません!!これはMGのギミックに期待ですね!!

 では、また・・・

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。