ついに、最終回を迎えた海賊戦隊ゴーカイジャー!! 

 宇宙最大のお宝を使わず、自分たちの力だけでザンギャックを倒す決意したマーべラスたちは最終決戦に挑み、ゴーミン、スゴーミン、ドゴーミンたちを一掃し、ダイランドーに立ち向かいます。

 冒険とロマンを求めて、旅を続けてきた6人の若者たち。宇宙帝国ザンギャックに反旗を翻し、海賊の汚名を誇りとして名乗る豪快な奴ら、その名は・・・

 
海賊戦隊ゴーカイジャー!!


 ダイランドーに「ゴーカイスクランブル」、「ゴーカイシューティングスター」を放つマーべラスたちですが、ザンギャックの大艦隊からの砲撃に襲われます。夜明けとともに、地球全人類を皆殺しにすると宣言したアクドス・ギルが、大艦隊を率いて再び現れたのです。艦隊からの砲撃を受けた街からは人々の悲鳴が飛び交い、砲撃を受けたマーべラスたちは変身を解かれてしまいます。絶体絶命のマーべラスたちに再び砲撃が襲いかかりますが、頭上に現れた影が彼らを救います。現れたのはバスコの船であるフリージョーカー。これを見つけたナビィがマーべラスたちを助けに現れたのです。ナビィだって、やる時はやる!!ナビィはフリージョーカーを操縦し、大艦隊に立ち向かいます。ナビィもやっぱり、海賊の端くれ。これで次の手が決まったマーべラスは、フリージョーカーでアクドス・ギルがいるギガントホースに突っ込むと言います。ダイランドーの相手をジョー、ルカ、ハカセ、アイムに任せ、マーべラスと鎧はフリージョーカーに乗り込み、ナビィと艦の操縦を交代したマーべラスは、フリージョーカーでギガントホースに特攻します。ナビィを逃がしたマーべラスは、鎧と共にギガントホースに侵入し、ゴーミンたちを蹴散らしながら、アクドス・ギルのいるブリッジを目指します。

 このまま砲撃を続け、地球を壊滅させようとするアクドス・ギルですが、そこにマーべラスと鎧が乗り込んで来ます。しかし、さすがはアクドス・ギル。息子のワルズ・ギルとは違い、ザンギャック皇帝だけにかなりの戦闘力を持っており、マーべラスと鎧の2人がかりでも苦戦を強いられます。そんな中、ゴールドモードに変身した鎧が、アクドス・ギルの相手をしている間に、マーべラスはギガントホースの操縦席を陣取り、ギガントホースで周辺の大艦隊に一斉砲撃します。

 大艦隊が攻撃を受ける様子を見て、隙を見せるダイランドー。これを見逃さなかったジョーは、デカマスターに豪快チェンジして反撃に転じます。ルカは姫シンケンレッド、ハカセはズバーン、アイムはマジマザーに豪快チェンジしてダイランドーに反撃を開始。聖剣モードに変形したハカセ(まさかのファイナルフォームライド!!)を使い、ジョーがダイランドーを追い詰め、彼らは変身を解かれながらも、ゴーカイガレオンバスターでダイランドーを撃破します。

 大艦隊を一掃したマーべラスですが、アクドス・ギルの攻撃に苦戦を強いられ、鎧はゴールドモードを解かれてしまいます。「ファイナルウェーブ」を放とうとする2人ですが、彼らの狙いはアクドス・ギルではなく、ギガントホースのコンソール。これを破壊した2人はアクドス・ギルを追い詰め、「ファイナルウェーブ」でギガントホースごと彼を撃破しますが、艦の爆発に巻き込まれてしまいます。

 墜落し、大爆発するギガントホース。艦の爆発に巻き込まれたと思われたマーべラスと鎧ですが、それぞれゴセイレッド、ゴーオンウィングスに豪快チェンジして、爆発から逃れていました。ザンギャックの皇帝も、ついに地獄に落ちた・・・と思いきや、そこに現れるアクドス・ギル。自分の手にかかって朽ち果てる運命を受け入れろと言うアクドス・ギルですが、マーべラスは、「フン・・・そいつは無理だな。」と一蹴します。

 「てめえは、俺たちには勝てねえよ!!」 

 「この星を狙ったのが、間違いだったんだ!!」

 「この星にはね、私たち海賊でも手を出せない大きな力があったのよ!!」

 「お前には見えないだろうけど、僕たちは6人だけじゃない!!」

 「私たちの後ろには、この星を守り続けてきた人たちがいます!!」

 「34のスーパー戦隊がいるんだ!!その力・・・今、見せてやる!!」

 「俺たちは35番目のスーパー戦隊だが、海賊だからな。」

 「お前みたいな気に入らないヤツは・・・」

 「力の限り、ぶっ潰す!!」

 そして彼らは、ゴーカイジャーに変身!!

 「最後だからな・・・ド派手に行くぜ!!」

 マーべラスたちは怒涛の34のスーパー戦隊に豪快チェンジし、アクドス・ギルに立ち向かいます。

マーべラス→アカレンジャー→ボウケンレッド→レッドレーサー→ギンガレッド→レッドホーク→オーレッド

   ジョー→ダイヤジャック→テンマレンジャー→ゴーオンブルー→ブルースリー→ゴーブルー

    ルカ→バルパンサー→イエローマスク→ファイブイエロー→アバレイエロー→ガオイエロー→イエローライオン

   ハカセ→バトルケニア→ゴーグルブラック→チェンジグリフォン→メガブラック

   アイム→デンジピンク→ニンジャホワイト→ゴーグルピンク→プテラレンジャー→ピンクフラッシュ→タイムピンク

     鎧→ゴセイナイト→シュリケンジャー→ブラックターボ→黒騎士ブルブラック→キングレンジャー

 さらに彼らは、スーパーレンジャーに豪快チェンジ!!

 マーべラス→ハイパーシンケンレッド

    ジョー→スーパーゴセイブルー

     ルカ→スーパーゲキイエロー

    ハカセ→デカグリーン・SWATモード

    アイム→レジェンドマジピンク

      鎧→ゴーカイシルバー・ゴールドモード

アクドス・ギルを追い詰めたマーべラスたちは、「ゴーカイシューティングスラッシュ」を放ちますが、これを受けてもアクドス・ギルは倒れません。さらにマーべラスたちは、鎧を中心とした「スペシャルチャージ」のゴーカイガレオンバスターをゼロ距離射撃で放ち、ついにアクドス・ギルを撃破します。そして、アクドス・ギルを倒し、喜ぶマーべラスたちの元へナビィが戻って来ます。

 アクドス・ギルを倒して数ヵ月後、第1話でザンギャックに破壊され、新装開店したカレー店・スナックニューサファリでカレーを食べるマーべラスたちは、皇帝とその後継者、そして最強の艦隊を失った宇宙帝国ザンギャックが内部分裂を始めて、宇宙全土での影響力を失ったことを知ります。そこに世界中の友達に別れを告げた鎧がやって来ます。ガレオンも完璧に直り、いつでも宇宙に旅立てる。マーべラスの次なるターゲットは、宇宙で2番目のお宝。それを手に入れるため、彼らはザンギャックの本星へと旅立つことに。そんなマーべラスたちの前に、第1話で彼らが助けた園児たちと保育士さんがお礼を言いにやって来ますが、第1話の時と同じく、マーべラスたちは礼を言われる筋合いはないと去って行くのでした。

 旅立ちの前、マーべラスは自分たちゴーカイジャー以外のすべてのレンジャーキーを持ち主へと返します。レンジャーキーはこの星の人間が持つべき物。レンジャーキーは光を放ちながら、持ち主の元へと飛んで行きます。このシーンで登場したオリジナルキャストは、

 「太陽戦隊サンバルカン」のバルイーグル・飛羽高之

 「五星戦隊ダイレンジャー」のテンマレンジャー・天重星・将児

 「五星戦隊ダイレンジャー」のキリンレンジャー・天時星・知

 「地球戦隊ファイブマン」のファイブイエロー・星川レミ

 「救急戦隊ゴーゴーファイブ」のゴーグリーン・巽ショウ

 「魔法戦隊マジレンジャー」のマジピンク・小津芳香

 「炎神戦隊ゴーオンジャー」のゴーオンシルバー・須塔美羽

 「恐竜戦隊ジュウレンジャー」のマンモスレンジャー・ゴウシ

 「特捜戦隊デカレンジャー」のデカマスター・ドギー・クルーガー

 「激走戦隊カーレンジャー」のシグナルマン

 「秘密戦隊ゴレンジャー」のアカレンジャー・海城剛

の9人(ドギーとシグナルマンを除く。)。ガレオンの舳先に立つアカレッドの姿を見つけたマーべラスは、今度は自分たちの夢を掴むため、仲間たちと共にザンギャックの本星に向け、旅立ったのでした。

 こんな感じで、海賊戦隊ゴーカイジャーは終了です・・・ 

 前回、ガレオンが壊れちゃって、今回は巨大戦がなかったのが少し残念でしたが、なかなかいい最終回でした!!まさか、ダイレンジャーから将児と知が出演してくれるとは!!レンジャーキーは持ち主の元へと戻ったみたいですが、元ブラックコンドルの凱や元アバレキラーの仲代壬琴など、死んじゃった戦士たちのレンジャーキーはどこへ飛んで行ったんだろ・・・?マーべラスたちは、自分たちゴーカイジャーのレンジャーキーは手元に残したけど、もうゴーカイジャーの大いなる力は使えないのでしょうか?レンジャーキーを持ち主に返したことにより、鎧はもう豪獣ドリルを呼べないし(レンジャーキーを返したけど、豪獣ドリル、豪獣レックス、豪獣神に必要なレンジャーキーの持ち主は、オリジナルでは全員死亡しています。)、マッハルコンも召喚できなくなった。これではカンゼンゴーカイオーに合体できない・・・その答えは、おそらく来年公開されるであろう「ゴーカイジャーVSゴーバスターズ」で明らかになるかな?

 賛否両論のゴーカイジャーでしたが、僕はけっこう楽しめました。それぞれに複雑な過去を抱えながらも、それを受け入れ、夢を掴むために突き進むマーべラスたち。さらにレジェンド戦士たちと出会い、時には彼らに試され、敵対し、認められることで成長していくマーべラスたちの姿には好感が持てました。ディケイドの二の舞になるかと思われた豪快チェンジですが、彼らの個性を活かした戦い方に拍車をかけるシステムとなり、よかったと思います。

 レジェンド回。作品によっては優遇、不遇の差があったものの、TV版では語られなかったその後が見られてよかった作品もありました。個人的に一番好きなレジェンド回はジェットマン!!凱はやっぱり最高!!不遇だったのは、バスコに奪われた5つの大いなる力の持ち主だったスーパー戦隊。そして、元ニンジャホワイト・鶴姫を演じた広瀬仁美さんの登場が、ワンシーンのみだったのが残念でした・・・

 レジェンド回、マーべラスたちの過去が明らかになるシリアス回、そして、忘れてはいけないのがギャグ回!!ジェラシットは最高でした!!第24話のジェラシット回で登場したザンギャックの行動隊長・センデンも、意外に律義なヤツで結構好きでした!!サリーもいいヤツだったなあ・・・

 予想はしていましたが、劇中ですべての大いなる力が披露されなかったのが残念でした。レンジャーキーは返しちゃったし、今後、劇場版などで大いなる力が披露されることは、もうないかもしれないですね・・・

 今週から新番組「特命戦隊ゴーバスターズ」がスタートしていますが、TV版戦隊シリーズのネタバレは、このゴーカイジャーで終了させていただきます。こんな駄文を毎回読んでくれた方、拍手をくれた方、コメントをくれた方、どうもありがとうございました!!今後も仮面ライダー、戦隊モノの劇場版のレビューは書き続けるので、よかったら見てやってください!!では!!

 地球に押し寄せたザンギャックの大艦隊に対し、ゴーカイオーと豪獣レックスで応戦するマーべラスたちですが、敵の数は圧倒的で苦戦を強いられます。でも、自分たちには34のスーパー戦隊の大いなる力がある!!彼らの力を借りたマーべラスたちはデカゴーカイオーに合体させ、「ゴーカイフルブラスト」を放ちます。パトストライカー、ガオライオン、風雷丸、ゴセイヘッダー、ゲキビースト、マッハルコンを召喚したマーべラスたちはゴーオンゴーカイオー、さらにマジゴーカイオーに合体させて応戦します。彼らに負けずと、鎧も豪獣レックスを豪獣神に変形させ、メガレンジャーの大いなる力を使います。メガレンジャーの大いなる力は、メガウィンガーのメガウィング!!ウィング豪獣神に合体させた鎧は、「ゴーカイスパルタン」でザンギャック艦隊を撃破します。一方、マジドラゴンとの合体を解いたマーべラスたちは、ゴレンジャーの大いなる力を使ってバリブルーンを召喚し、ゴレンゴーカイオーに合体させます。さらに、ダイナマンの大いなる力である「ゴーカイスーパーダイナマイト」と、ジェットマンの大いなる力である「ゴーカイジェットフェニックス」で大艦隊を一掃します。これが、レジェンド大戦を勝ち抜いたスーパー戦隊の大いなる力!!

 しかし、大艦隊は次から次へと現れ、艦隊の攻撃を受けた風雷丸、マジドラゴン、パトストライカー、ガオライオン、マッハルコンが撃墜されてしまいます。敵の数が多すぎる。ギガントホースの砲撃を受けた豪獣神は街に墜落し、同じくゴーカイオーも砲撃を受け、マーべラスたちはバラバラに散ってしまいます。

 もはや、マーべラスたちに反撃する力は残されていない。ザンギャックに抵抗する者がいなくなり、この調子で一気に地球を蹂躙しようと言うダイランドーですが、アクドス・ギルは地球人に向け、明日の夜明けとともに、地球全人類を皆殺しにすると宣言します。

 自分たちに、あれだけのザンギャックの大艦隊を相手にできる術はない。明日までじゃ、ガレオンの修理も無理・・・ザンギャックに勝つ方法はないのか?と、マーべラスたちが思った時、彼らは宇宙最大のお宝を思い浮かべますが、自分たちにあれを使うことができるのか?使えば、スーパー戦隊の力も、彼らの存在そのものもすべて消えてしまう。どうすればいいのか・・・?バラバラになった彼らは、一度ガレオンに戻ることにします。

 ガレオンに戻ろうとする鎧は、男の子のヒロキと、鉄骨の下敷きになっている彼の母親を見つけます。鎧は母親を助けようと鉄骨を持ち上げますが、先ほどの戦いで傷ついた彼は、手を滑らせてしまいます。そこに間一髪、男が現れ、下敷きになっている母親を救出します。男の正体は、「恐竜戦隊ジュウレンジャー」の元マンモスレンジャーのゴウシだったのです。

 一方、ガレオンに向かうルカとアイムは、以前、「救急戦隊ゴーゴーファイブ」の元ゴーピンク・巽マツリが助けたミクとその母親の姿を見つけます(第23話参照)。彼女たちの前にゴーミンが立ち塞がり、母親と妹を守ろうとするミク。ゴーミンを倒し、ミク親子を救ったルカとアイムは、ミクが、「守りたいものがあるから、勇気を出して戦った。」と言うマツリの言葉を聞き、ゴーミンから母親と妹を守ろうとしたことを知ります。

 ジョーとハカセは、人々を救助する天知博士と山崎由佳の姿を見つけます。ゴセイジャーを知る天知博士と、マジレンジャーを知る山崎由佳。スーパー戦隊もあきらめない気持ちを忘れずにピンチを乗り越えてきた。みんな、勇気と言う名の魔法が使える。それらをスーパー戦隊から教わった彼らの姿を見て、ジョーとハカセは走り出します。

 マーべラスは、木刀でゴーミンに立ち向かう少年の姿を目撃します。その少年とは、第2話でマーべラスからレンジャーキーを盗んで変身した学生でした。ピンチの彼を救ったマーべラスは、スーパー戦隊になれなくても戦えると言う少年の思いを聞き、この星の価値を見つけたと言います。それはどこにでもあったのです。そう、誰の心にも・・・

 爆発の衝撃で意識を失っていたナビィは、ガレオンに戻って来たマーべラスたちに起こされます。ナビィは、マーべラスたちが絶対に戻って来ることを信じ、命懸けでお宝を守っていたのです。ガレオンも使えず、ザンギャックの大艦隊に立ち向かうには、圧倒的に不利な状況・・・そこで、鎧が宇宙最大のお宝を使うことが、スーパー戦隊の思いであると、お宝を使うように言います。ガレオンに向かう途中で会ったゴウシから、すべての人々が、ザンギャックの理不尽な支配に怯えることのない平和な宇宙を作ることが、すべてのスーパー戦隊の願いだと聞かされた鎧は、お宝を使うように言いますが、マーべラスたちはお宝を使うつもりはないと言います。彼らは地球にやって来て、スーパー戦隊の熱い思いと戦いの歴史を知り、それが地球の人々を強くしたと言います。だからこんな状況でも、みんな希望を捨てずに力を合わせて最後まで戦おうとしている。自分たちがその支えを消すことはできず、何よりこの星にはスーパー戦隊が必要なのです。お宝を使えば、過去が変えられると聞き、喜んだマーべラスたちでしたが、彼らは今まで過去を受け入れて生きてきた。どんなにつらい過去でも、それを否定すれば、今の自分を否定することになる。過去を変えると、平和な未来が約束される。でも、決められた未来なんかじゃつまらない!!彼らの思いを聞いた鎧は、「夢は、この手でつかみ取る!!」と、ゴーカイスピア・ガンモードでお宝を破壊し、マーべラスから一人前の海賊と認められます。

 夜明けとなり、ダイランドーがゴーミンたちを率いて現れますが、人々は必死に抵抗します。人々に発砲しようとするゴーミンたちですが、そこにゴーカイジャーの旗を掲げたマーべラスたちが現れます。彼らに、「とっとと消えちゃいな!」と言うダイランドーですが、

「うっさい、バーカ!!」

「フッ・・・消えるのはお前たちだ!!」

「あなたたちの言うことなど、聞く耳はありません!!」

「僕たちも、この星の人たちも、お前らみたいなの大っ嫌いだ!!」

と一蹴されてしまいます。それでも、大艦隊を前に無駄なことだと言うダイランドーに、

「無駄なものか!!それに、俺たちはただの海賊じゃない!!」

「この星に、守る価値を見つけたからな!!」

と言う鎧とマーべラス。どうせ死ぬだけだと言うダイランドーに、

「死ぬ気はねえな。だが、命を懸けてこの星を守る!!それが、スーパー戦隊ってもんだろ!!」

と言うマーべラス。人々から声援を受けた彼らはゴーカイジャーに変身し、ゴーミンに立ち向かいます。あっという間にゴーミンたちを一掃し、マーべラスの「ゴーカイスラッシュ&ブラスト」と、ゴールドモードに変身した鎧の「ゴーカイレジェンドリーム」でスゴーミンたちも一掃。さらにドラゴンレンジャーに豪快チェンジした鎧から、ドラゴンアーマーを受け取ったマーべラスは、アームドティラノレンジャーに豪快チェンジし、「ファイナルウェーブ」を放つジョーたちと共に、ドゴーミンを撃破します。あっという間に自分一人だけとなり、彼らの強さに驚愕するダイランドー。

「見たか!これが海賊戦隊だ!!」

一気に決めようと、マーべラスたちはダイランドーに立ち向かいます。彼らは地球を守ることができるのか?

 ダイランドーに挑むマーべラスたちのセリフが、第1話でザンギャックに挑んだ時と似ていましたね!!ちとニヤリとしました!!ゴレンゴーカイオーへの合体もうれしかったのですが、「ゴーカイハリケーン・カシオペア」を使ってくれなかったのが残念でした。とは言え、あれは相手が黒十字城だったから使えた技だったと思いますけど・・・

 次回、いよいよ最終回!!「秘密戦隊ゴレンジャー」より、元アカレンジャー・海城剛が登場!!他にもサプライズゲストが多数登場する予定!!変身スーツを着たマーべラスたちの素顔の名乗りもあり!!見どころ満載ですが、ガレオンが壊れちゃって、巨大戦がなさそうなのが、ちと残念・・・スーパー戦隊の歴史的瞬間となる最終回を見逃すな!!

 次回作は「特命戦隊ゴーバスターズ」ですが、一応、このレビューコーナーはゴーカイジャーで終了しようかと考えています。ゴセイジャーが終わる時も、これ書いたっけ?理由は、毎週放送直前のアップとなり、書く時間がない・・・正直、めんどくさいと思う時もありますが、書き始めると楽しんで書いてる気もするような・・・?このコーナーがなくなったら、多分、毎週のノルマがなくなり、ブログの更新が途切れるでしょうね・・・こんな駄文レビューに拍手やコメントをくださった方々、本当にありがとうございました!!

 とは言え、まだレビューをやめると決めたわけではありません。「誤字、脱字、駄文でもいい!!とにかく書け!!」と言う方がおられればコメントください!!コメント、拍手数などを考慮して検討したいと思います。では!!

 バスコとの死闘を制したマーべラスは、彼に奪われた5つの大いなる力を手に入れ、34のすべてのスーパー戦隊の大いなる力を手に入れます。

 ジョーたちが話し合いをする中、バスコとの戦いで重傷を負ったマーべラスが起きて来ます。さっそく、宇宙最大のお宝を拝もうと言うマーべラスですが、ジョーたちはバスコが無理やり奪った5つの大いなる力を、自分たちが勝手に使っていいのか悩んでいました。そんな時、5つのスーパー戦隊のレンジャーキーがまばゆい光を放ち、マーべラスたちを「スーパー戦隊199 ヒーロー大決戦」の時と同じく、不思議な空間へと誘います。そこに、バスコに奪われた大いなる力の持ち主である

 「太陽戦隊サンバルカン」の元バルイーグル・飛羽高之

 「電撃戦隊チェンジマン」の元チェンジグリフォン・疾風翔

 「超新星フラッシュマン」の元グリーンフラッシュ・ダイ

 「光戦隊マスクマン」の元ブルーマスク・アキラ

 「地球戦隊ファイブマン」の元ファイブイエロー・星川レミ

が現れます。

「ゴーカイジャー、よくここまで頑張ったな!!」

「ずっと見てたわ。君たちも奇跡の絆で結ばれているのね!!」

「自分を、仲間を信じて戦う君たちは、美しかった!!」

「何かを言う前に、ぶつかっていくその姿、かっこよかったぜ!!」

「お前らが、俺たちのハートを燃え上がらせたってことさ!!」

「俺たちの大いなる力、受け取るがいい!!」

レンジャーキーが輝き出し、5つの大いなる力を受け取るマーべラスたち。

「ゴーカイジャー、太陽のように輝いて生きろ!!俺たちの分までな・・・」

飛羽高之の言葉を最後に、元の空間へと戻るマーべラスたち。彼らは5つのスーパー戦隊に認められたのです。これで、晴れて宇宙最大のお宝をゲット!!バスコが言っていた通り、ナビィに宇宙最大のお宝への扉になるように言うマーべラスですが、ナビィはその方法を知らず、彼らからもみくちゃにされてしまいます。

 一方のザンギャックは、まもなく帝国全域からの増援艦隊が到着するとのこと。艦隊が揃えば、もはや地球は落ちたも同然だと言うインサーンですが、ここでダイランドーが、彼女もワルズ・ギルを守り切れなかった無能トリオの1人だと指摘します。もう後がないインサーンは、艦隊が到着する前にマーべラスたちを倒し、手柄を挙げようと企みます。

 マーべラスたちからもみくちゃにされ、ダウンするナビィ。大いなる力がすべて揃っても、肝心の扉が開かない。そこで、マーべラスがレンジャーキーの入った宝箱を開けると、レンジャーキーがまばゆい光を放ち、それを浴びたナビィは、扉へと姿を変えてしまいます。この扉の向こうに、宇宙最大のお宝が!!扉には鍵穴があり、錠前の数は34個!!もちろん、これを開けられるのはレンジャーキー!!マーべラスたちは鍵穴にレンジャーキーを挿し、扉を開けて中に入ります。その中には、ピラミッドのような三角錐の物体が。ついに、宇宙最大のお宝を手に入れたマーべラスたちですが、そこでこのお宝を通じて、この星の意志が語りかけます。宇宙最大のお宝。その価値を決めるのは自分たち自身であり、お宝に34の大いなる力を宿せば、全宇宙を好きなように作り直せると、この星の意志は語ります。ザンギャックがいない平和な宇宙にすることもありで、これは過去を変えてしまうことを意味します。そうなれば、ザンギャックに滅ぼされたアイムの故郷・ファミーユ星は元に戻り、ハカセの故郷の星も元に戻る。ルカの妹・リアも生き返り、ジョーの先輩であるシドも生き返る。喜ぶマーべラスたちはここを出て、お宝にレンジャーキーをかざし、思いを込めることにします。

 扉になったナビィも元に戻り、誰もが幸せになるよう宇宙を作り変えようと、レンジャーキーの上にお宝をかざし、思いを込めるマーべラスたちですが、ハカセが疑問を口にします。飛羽高之の最後の言葉が引っかかっていた彼は、自分たちがお宝を使えば、レンジャーキーに宿ったスーパー戦隊の大いなる力も消えてしまうことに気づいたのです。宇宙を作り直すため、34のスーパー戦隊の大いなる力を使う。その結果、34のスーパー戦隊の存在そのものもすべて消え、彼らがいた事実は歴史から消えると、この星の意志は語ります。それを聞き、思いとどまるマーべラスたちですが、そこにインサーンがグレートインサーンを駆り、ガレオンに襲撃をかけて来ます。

 グレートインサーンに対し、ゴーカイオーと豪獣神で応戦するマーべラスたち。自分の開発した武器で全宇宙の征服を成し遂げ、全宇宙で最も偉大なる科学者になろうと企むインサーン。スゴーミンたちの相手を鎧の駆る豪獣神に任せ、マーべラスたちはハリケンゴーカイオーに合体させ、グレートインサーンに応戦します。「ゴーカイ風雷アタック」を放つハリケンゴーカイオーですが、グレートインサーンはバリアを張って防ぎます。そこで、ハカセがもらいたてほやほやのチェンジマンの大いなる力を使い、「ゴーカイパワーバズーカ」でグレートインサーンのバリアを破壊し、ダメージを与えます。さらに、ジョーがマスクマンの大いなる力を使い、「ゴーカイオーラギャラクシー」でグレートインサーンの両腕を破壊します。最後はシンケンゴーカイオーに合体させ、「ゴーカイ侍斬り」でグレートインサーンを撃破します。

 しぶといインサーンにとどめをさそうとするマーべラスたちですが、そこにドゴーミンが4人現れ、彼らを襲撃します。インサーンのミサイル攻撃に対し、マジレンジャーに豪快チェンジしたマーべラスたちは、「ジンガ・マジュナ」の魔法でミサイルをはね返し、もらいたてほやほやの5つのスーパー戦隊の戦士に豪快チェンジ!!

 マーべラス→バルイーグル

    ジョー→ブルーマスク

     ルカ→ファイブイエロー

    ハカセ→チェンジグリフォン

    アイム→グリーンフラッシュ

バルカンスティック(マーべラス)、マスキートンファー(ジョー)、メロディータクト(ルカ)、チェンジソード(ハカセ)、プリズムシューター(アイム)を使い、インサーンとドゴーミンたちに応戦するマーべラスたちは、ドゴーミンたちを撃破し、ゴーカイガレオンバスターでインサーンを撃破します。一方の鎧も、「豪獣鋭断」、「豪獣トリプルドリルドリーム」でスゴーミンたちを一掃します。

 インサーンを倒したのもつかの間、彼女はザンギャックの増援艦隊が到着するまでの時間稼ぎにすぎず、地球にレジェンド大戦の時以上のザンギャックの大艦隊が押し寄せます。大艦隊から砲撃を受けるマーべラスたちに、なす術はあるのか?

 マーべラスたちが、5つのスーパー戦隊の戦士に豪快チェンジした時の戦闘シーン、BGMにOPテーマ曲ってのが懐かしかったなあ・・・今回登場した5つのスーパー戦隊のセリフも、OPテーマ曲の歌詞が使われていましたね!!それにしても、元ブルーマスクのアキラ、昔と違って変わりすぎ・・

 ザンギャックがいなかったら、ルカの妹・リアが生き返るって、彼女はザンギャックのせいで死んだっけ?

 次回、「恐竜戦隊ジュウレンジャー」より、元マンモスレンジャー・ゴウシが登場!!これで、劇場版「スーパー戦隊199 ヒーロー大決戦」を含めると、すべてのスーパー戦隊からオリジナルキャストが出演したことに!!さらに、アームドティラノレンジャーへの豪快チェンジもあり!!過去に登場したゲストキャラも再登場するぞ!!ザンギャックの大艦隊になす術がないマーべラスたちは、宇宙最大のお宝を使うしかないのか・・・?

 34の大いなる力を手に入れるため、自分の相棒であるサリーを犠牲にしたバスコはマーべラスたちを撃破し、ガレオンと全てのレンジャーキー、そしてナビィを手中に収めてしまいます。ジョーたちは意識を取り戻し、サリーの爆発に巻き込まれたマーべラスも、なんとか無事みたいですが、ガレオンとアクセスできず、バスコに乗っ取られたことを知ります。

 バスコは、自分が奪った5つの大いなる力をレンジャーキーに入れます。しかし、その隙に縄で縛られていたナビィが、床に刺さっていたナイフで縄を切り、逃げ出してしまいます。バスコはナビィを捕まえるためにガレオンを封鎖し、ラッパラッターでゴーカイジャーを実体化させて探させます。

 そんな中、ナビィがマーべラスたちに連絡を入れて来ます。バスコにガレオンを封鎖され、外に出られないナビィは、マーべラスたちにガレオンの停泊位置を教えます。バスコに全てを奪われたマーべラスたちですが、まだ終わってはいない!!ジョーたちは重傷のマーべラスを残し、ガレオンへと向かいます。

 ガレオンに潜入したジョーたちは、二手に分かれてメインコンピューターのある居住区へと向かいますが、彼らの前にバスコが実体化させたゴーカイジャーが立ち塞がります。自分の偽物を見て、「僕はそんなおしっこの後に、ズボンで手を拭くようなポーズはしないぞ!!」と言うハカセですが、それって無意識にしてたのかよ!!しかし偽物を倒し、レンジャーキーに戻せば勝機はある!!ゴーカイジャーに立ち向かうジョーたちですが、一方、ナビィは自分を探していたゴーカイレッドに見つかってしまいます。

 爆発の瞬間、サリーは爆弾を自分の腹にしまい込んでマーべラスを庇い、おかげで彼は致命傷を免れていたのです。サリーに守られながらも、重傷を負って何もできないマーべラスは、自分の無力さを噛み締めます。

 何のエネルギーの供給もなく、動き続ける永久機関であり、宇宙の物理法則を無視したイレギュラーな存在。それがナビィであり、ナビィこそが宇宙最大のお宝への扉だったのです。そこにゴーカイジャーが戻って来ますが、彼らはジョーたちが偽物を倒し、レンジャーキーに戻して変身した本物のゴーカイジャーだったのです。ゴーカイレッドに応戦するジョーたちは、一気に決めようとオールレッドの戦士に豪快チェンジ!!

 ジョー→デンジレッド

  ルカ→ギンガレッド

 ハカセ→ゴセイレッド

 アイム→マジレッド

   鎧→デカレッド

連携攻撃でゴーカイレッドをレンジャーキーに戻すジョーたちですが、バスコには鎧を中心とした「スペシャルチャージ」のゴーカイガレオンバスターが通じず、変身を解かれた彼らは、再びレンジャーキーを奪われてしまいます。ジョーたちに危機が迫る中、そこにマーべラスが駆けつけます。これが最後の対決。最後と聞き、バスコはアカレッドが地球の人間だったことを打ち明けます。宇宙最大のお宝をエサに、地球を守るためにレンジャーキーの回収を手伝わされていたと言うバスコですが、マーべラスにとって、そんなことはどうでもよく、この星に宇宙最大のお宝があり、それを手に入れるための物が揃っている。彼にとって、それだけで十分だったのです。自分たちの夢は、誰であろうと邪魔はさせない!!ジョーから受け取ったレンジャーキーで変身したマーべラスは、バスコと激しく激突します。互いの武器を持ち変え、マーべラスは二刀流、バスコは二丁拳銃で激突しますが、マーべラスはバスコに追い詰められてしまいます。それでも諦めないマーべラスは、自分の足ごとバスコの足を剣で刺して動きを封じ、互いに最後の攻撃を放ちます。激突の後、バスコは緑色の血を流し、マーべラスは倒れたままとなり、相討ちかと思われましたが、マーべラスが立ち上がります。皮肉にも、マーべラスを倒すためにバスコがサリーに渡した爆弾付きペンダントが、彼を銃弾から守る結果となったのです。負けたバスコは消滅し、ついに宇宙最大のお宝がマーべラスたちの手に!!

 あれだけ苦戦を強いられたバスコですが、最後は重傷であるはずのマーべラス1人で撃破・・・ダマラスの時と言い、強敵の最期はあっけないな・・・サリーはホントにいいヤツだったなあ・・・

 次回、全ての大いなる力を手に入れたマーべラスたちですが、バスコが無理やり奪った5つの大いなる力を勝手に使っていいのか悩みます。そんな彼らの前に、バスコに奪われた5つの大いなる力の持ち主である

 「太陽戦隊サンバルカン」の元バルイーグル・飛羽高之

 「電撃戦隊チェンジマン」の元チェンジグリフォン・疾風翔

 「超新星フラッシュマン」の元グリーンフラッシュ・ダイ

 「光戦隊マスクマン」の元ブルーマスク・アキラ

 「地球戦隊ファイブマン」の元ファイブイエロー・星川レミ

が登場!!これら5つのスーパー戦隊のキャストは、もう登場しないと思っていたので、これはうれしい!!さらに今後、「秘密戦隊ゴレンジャー」の元アカレンジャー・海城剛、「恐竜戦隊ジュウレンジャー」の元マンモスレンジャー・ゴウシも登場するみたいです!!これで劇場版である「スーパー戦隊199 ヒーロー大決戦」を含めると、全てのスーパー戦隊からオリジナルキャストが出演したことになります!!一方、ザンギャックはマーべラスたちを倒すため、レジェンド大戦以上の艦隊を地球に送り込みます。残り3話!!伝説のラストを見逃すな!!

 最後に残ったカクレンジャーの大いなる力を手に入れたマーべラスたち。あとは、バスコに奪われた5つの大いなる力を残すのみ。バスコの居場所を突き止めようとするマーべラスたちですが、バスコの船・フリージョーカーはレーダーには反応せず、簡単に見つけることができません。直接バスコと戦うよりも、ゴーカイオーと豪獣神で戦う方が、大いなる力が使える分、有利だと言うハカセ。その通りなんだけど、戦隊モノでそれを言ってはダメなのだよ・・・そこで、アイムがバスコに電話をするように提案します。大いなる力を求めているのはバスコも同じで、彼も自分たちを捜しているはず。マーべラスが電話をかけると、マジでバスコが出ますが、彼はすでにマーべラスたちを見つけており、先手を打ってガレオンに襲撃をかけてきます。

 バスコがサリーから出したサンロイドのソーラー君と、ゴールドロイドのゲロンパちゃんを相手に、ゴーカイオーと豪獣神で応戦するマーべラスたちですが、苦戦を強いられてしまいます。マッハルコンを召喚し、カンゼンゴーカイオーに合体させたマーべラスたちは反撃に転じ、「カンゼンミサイル」と「カンゼンドリル」でソーラーとゲロンパを追い詰め、「カンゼンゴーカイバースト」でこれらを撃破します。近くにバスコがいるはずだと、彼を捜すマーべラスたちは、ロイドが品切れになったサリーに発砲するバスコの姿を目撃します。かつて、同じようにバスコに裏切られたマーべラスは、サリーの手当てをするように言います。

 手当てをしたサリーに、猿語で話しかける鎧。これを見たルカは、以前、バスコに捕らえられた時、ハカセがサリーを手なずけようとして、猿語を話していたことをを思い出し、デジャヴを感じます。サリーを手当てをするため、ガレオンに乗せる。マーべラスは、これがバスコの罠だと知りつつも、いずれサリーがバスコに裏切られると思うと放っておけなかったのです。そんなマーべラスを誰よりも理解しているジョーは、彼の好きなようにさせます。

 夜中に目を覚ましたサリーは、バスコに言われた通り、レンジャーキーの入った宝箱を奪おうとしますが、仲間でありながら自分を撃ったバスコと、敵なのに自分の手当てをしてくれたマーべラスたちのどちらを信じるべきなのか悩みます。しかし悩んだ末、サリーは宝箱を奪って飛び出してしまいます。その先にバスコが待ち構え、マーべラスたちがサリーを追って現れます。彼らがサリーを追って来たとなれば、もちろん宝箱は偽物。バスコのやり方に、マーべラスたちは怒りを露わにします。サリーは、またもやバスコとマーべラスたちとの間で悩んでしまいますが、サリーはマーべラスたちを選びます。しかし、人を裏切り続けてきたバスコが、猿であるサリーを最初から信じておらず、これは彼の作戦だったのです。バスコの目的は、マーべラスたちをガレオンから引き離し、マーべラスを始末することだったのです。バスコはサリーにお守りだとウソをついて渡していた爆弾を起爆させ、爆発に巻き込まれたマーべラスは重傷を負ってしまいます。これに激怒したジョーたちは、ゴーカイジャーに変身してバスコに挑みますが、苦戦を強いられます。さらにダイレンジャー、ハリケンジャー、ギンガマンに豪快チェンジして応戦するジョーたちですが、正体を現したバスコに全く太刀打ちできず、変身を解かれて倒れてしまいます。

 ジョーたちを倒したバスコはガレオンに侵入し、34の大いなる力、ゴーカイガレオン、ナビィを手中に収めます。宇宙最大のお宝は、バスコが手に入れてしまうのか?

 ナビィって、大いなる力を探す「お宝ナビゲート」のために必要であって、大いなる力がすべて揃った今、ナビィはもう必要ないんじゃないの?それとも、ナビィにはまだ重要な役割があるのか?

 次回、バスコと決着の時!!マーべラスたちは夢を掴むことができるのか?