今月24日にBlu-rayとDVDが発売し、レンタルも開始されるので、そろそろレビューを書いておこうかな?と思い、うろ覚えながら書いてみました!!いつもながら書くのが遅すぎて、申し訳ありません!!

 「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」の鑑賞後レビューです!!
 ※マウスオーバーで画像が変わります。

eva-q06.jpg

 パンフは、同時上映の「巨神兵東京に現わる」の内容を収録した通常版と、「Q」の内容のみを、通常版より多く収録した「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q 記録集」の2種類が販売されていました(上が通常版で、下が「記録集」のパンフ。)。今回のパンフは、袋に封入されており、ネタバレ防止に配慮されていました。前作の「破」のパンフはネタバレ防止のため、シールで閉じられており、はがすと汚れて最悪でしたが、今回は袋に封入されていたのでよかったです。でも、「記録集」のパンフの方は、誤植があったみたいです(本編に直接関係がなく、言われないと気づかない程度の誤植。)・・・

 グッズは、図書カードのみを購入しました。
eva-q07.jpg

 図書カードは公開初日に売り切れた劇場も多く、買えてラッキー!!と思ったのもつかの間、後でアニメイトに行ったら、余裕で販売されていました!!毎回、テレカなどのカード系のグッズを購入していましたが、今回は図書カードのみの販売で、テレカとクオカードの販売はありませんでした。 
eva-q08.jpg

 パンフとグッズは公開初日に購入しましたが、「Q」を鑑賞したのは数週間後でした。前にも書いた通り、2回観に行きましたが、ポストカードの配布が始まる前に2回観に行ったので、特典はもらっていません。

 さて、賛否両論が激しい今回の劇場版の感想ですが・・・

 正直、わけが分からんかった・・・

 公開前日の「金曜ロードSHOW!」で、冒頭6分38秒を観た時、アスカが生きていてよかったと思った反面、「破」のあの終わり方から、「なぜ、いきなりアスカの登場から始まるんだ?」と疑問に思いましたが、まさか、「破」から14年の月日が流れていたとは・・・それより、カヲル君の駆るMark.06が放ったカシウスの槍で、サードインパクトって阻止されたはずじゃないの?なんで、サードインパクトが勃発したことになってるの?わけが分からないよ・・・

 この劇場版では、加持さんは登場しなかったのですが、「金曜ロードSHOW!」で、冒頭映像を字幕付きで観た方々は、彼のセリフがあったことに気づかれたのではないでしょうか?とは言え、加持さん本人だったか定かではありませんが・・・

 今回の劇場版での初号機の出番は、冒頭で覚醒した12秒のみでした(姿を見せた時間は12秒もなく、確認できるのは目元のみ。)。

 空白の14年間、何があったのかは謎ですが、ミサトさんたちは、NERV(ネルフ)に反旗を翻し、これを殲滅する組織・WILLE(ヴィレ)を結成。ミサトさんは巨大戦艦・AAA ヴンダーの艦長となり、ミサトさんたちヴィレのクルーは、14年ぶりに初号機の中から目覚めたシンジ君(外見、精神共に14歳のまま。)に詳しい説明もせず、冷たい態度をとります。ミサトさん、あなたは「破」のラストで、綾波を救おうとするシンジ君に、「行きなさい、シンジ君!!誰かのためじゃない!!あなた自身の願いのために!!」と言って、彼の背中を押しましたよね?にもかかわらず、シンジ君に冷たい態度。サードインパクトが勃発し、14年の間に何が起こったのかはわかりませんが、いい大人が自分の言った言葉に責任を持てないなんて、最低じゃないですか!!そんなミサトさんですが、14年の月日が流れ、43歳になった彼女の方が、14年前よりもカッコよく見えたのは、なぜだろうか・・・?今回の劇場版、ミサトさんのサービスシーンは一切なかったのに・・・44歳になったリツコさんは、髪形がベリーショートヘアになるも、性格は14年前と特に変わらず。そのリツコさんにベッタリだったマヤちゃんは、リツコさんの元を離れ、「これだから、今の若い男は!」と愚痴をこぼし、性格が荒っぽくなっちゃったみたいです。若い男よりも、やっぱり先輩であるリッちゃんの方が大好きってことか?生真面目で潔癖症だった彼女は、どこへ行ったのやら・・・?ってか、マヤちゃんの出番、ワンシーンしかなかったぞ!!この劇場版から登場したヴンダーのクルーの方が、マヤちゃんより出番が多いなんて、彼女の扱い、悪くないか?ま、ヴンダーのクルーにも空気キャラがいましたけど・・・それはそうと、今回の劇場版から登場したトウジの妹であるサクラちゃん、かわいかった!!「破」では写真のみの登場だった彼女が、まさかこんな美少女になるとは!!

 ヴンダーの発進シーンなのですが、まんま「ふしぎの海のナディア」のノーチラス号発進シーンじゃないか!! ヴィレに襲いかかる使徒もどきの「ネーメジス・シリーズ」って、何なの?ヴンダーの発進させるため、シュキ?を起動させようと、アスカの駆る改2号機が使用したのは、Mark.06のカシウスの槍?なぜ、ヴィレがこれを所持していたのか?説明はもちろんありませんでした!!冒頭の十数秒以外に出番のない初号機は、シンジ君とのシンクロ率が0%となってしまい、彼が乗っても操縦することができず、ヴンダーのメインエンジンとして利用されていました。ヴィレの目的は、ネルフのエヴァを破壊することみたいですが、破壊対象であるはずのネルフのエヴァだった初号機に頼らざるを得ない状況って、何なの?改2号機にしろ、元々はネルフのエヴァだったんだから、破壊対象じゃないのか?ミサトさん?

 アスカの生存を喜ぶシンジ君ですが、アスカは彼をめがけ、ガラス越しから殴りかかります。怖っ!!彼女は「エヴァの呪縛」の影響により、外見は14歳のままだったです(マリも同様。)。アスカが無事だった経緯も知りたいけど、「エヴァの呪縛」ってなんなのさ?自分が助けたはずの綾波ことを知らされないシンジ君は、ふと頭の中に綾波の声がよぎり、そこにMark.09に乗った綾波が現れます。ミサトさんたちから冷たい態度をとられ、詳しいことを話してくれない彼女に不信感を募らせたシンジ君は、綾波と共にヴンダーから脱出し、行ってしまいます。ミサトさんはシンジ君を止めようとするも、彼にはめておいた首輪型爆弾を起爆することができず、見逃してしまいます。

 綾波に連れられ、ジオフロントにやって来たシンジ君は、父親であるゲンドウから、時が来たら、カヲル君と2人でエヴァに乗るように言われます。でも、その時が来るまでヒマなので、綾波の元へ彼女の好きそうな本を持って行くシンジ君ですが、綾波から1冊も本を読んでもらえず、イライラします。そんな中、冬月さんと将棋を指すことになったシンジ君は、彼の口から、自分の母親であるユイが、初号機の制御システムとなっていることと、レイがユイの複製体であることを知らされます。これはエヴァを多少知っておられる方々は、すでにご存じのことですが、自分から憎まれ役を買って出た冬月さんの行動には、好感が持てました。ゲンドウ君、これは本来、父親であるあんたの役目だろ!!

 ここにいる綾波は、シンジ君が助けた綾波ではなく、別人(以下:黒綾波)だった・・・その後、シンジ君はカヲル君と親しくなり、イチャイチャとピアノを弾く展開が続きます。カヲル君とピアノを弾く日々が日課となったシンジ君は、ある日、自分の着るシャツがトウジの物だと知ります。自分が眠っていた14年の間、何があったのかと聞くシンジ君に、カヲル君は彼に外の世界を見せます。その様子を見て、どうやらこれ(ニアサードインパクト)を引き起こしたのが自分のせいだと理解し、混乱するシンジ君は、何もかもが信じられなくなり、エヴァにも乗らないと言います。カヲル君は自分だけは信じてほしいと言い、シンジ君にはめられた首輪型爆弾を解除し、彼に代わって自分の首にはめます。え、なんでカヲル君が首輪型爆弾をはめちゃうの?別にシンジ君の代わりに罪を背負うようなことはしなくても、そのままポイでよかったんじゃないの?シンジ君もカヲル君を止めろよな!!そんなカヲル君の行動に心を打たれたシンジ君は、彼と共にエヴァに乗り込む決心をします。
 
 セントラルドグマのリリスに刺さってあるロンギヌスの槍とカシウスの槍を引き抜けば、世界は再生されるとのこと。槍でやり直す・・・笑えないギャグ!!しかし、2本の槍を持ち帰るのには、2つの魂が必要です。これに対応するダブルエントリーシステムを搭載したエヴァンゲリオン第13号機に乗り込んだシンジ君とカヲル君は、黒綾波の駆るMark.09と共に、セントラルドグマに降ります。しかし、カヲル君はリリスを見て、ある異変に気づきます。刺さっている槍が、2本ともロンギヌスの槍となっていたのです。え?ロンギヌスの槍って、何本あるの?やっぱり、ヴィレが所持していたのは、カシウスの槍だったのか?そこにアスカの駆る改2号機と、マリの駆る8号機が妨害に現れます。アスカはシンジ君に襲い掛かり、戦闘に入るも、カヲル君は興味なしで、シンジ君一人でアスカに応戦します。第13号機って、攻守一体のファンネルを装備したエヴァだったのか!!ってか、エヴァに乗るチルドレン同士が殺し合いだと?過去にエヴァ同士の戦いはあっても、チルドレン同士の殺し合いなんてものはなく、僕は望んでないよ!!なんとかアスカをあしらったシンジ君は、カヲル君の忠告も聞かずに、リリスに刺さってある2本のロンギヌスの槍を引き抜いてしまいます。シンジ君、カヲル君の話を聞こうよ!!すると、第13号機は4本腕に4つ目の異形の姿に変え、覚醒してしまいます。第13号機って、初号機に似ててカッコいいと思ったけど、バケモンになっちまったよ・・・フォースインパクトを阻止するため、ヴンダーが第13号機に体当たりするも、Mark.09の攻撃を受け、浸食されてしまいます。これを止めるため、アスカの駆る改2号機がMark.09に応戦、コード777を発動させ、ビースト化させます。アスカは、Mark.09(ヴィレによると「アダムスの器」であり、ヴンダーの「本来の主」。)の全身がコアであることに気づき、改2号機を自爆させて撃破します。

 ゲンドウの策略により、第1使徒であったカヲル君は、存在しない第13使徒へと墜とされてしまいます(あ、Mark.06のこと、すっかり忘れてた・・・)。これが引き金となって勃発するフォースインパクトを防ぐため、カヲル君にはめられた首輪型爆弾が起爆し、シンジ君の身代わりとなった彼は、壮絶な最期を遂げます。TV版と同じく、首が吹き飛ぶグロい最期だったな、カヲル君・・・彼を死なせるにしても、もっとキレイに死なせてやれないのか・・・再び取り返しのつかないことをしてしまったシンジ君。マリの駆る8号機は、なんとか彼の乗る第13号機を受け止め、エントリープラグを強制排出させます。一方、ゲンドウにすべてを任せると言い残したSEELE(ゼーレ)は、冬月さんに電源を落とされ、消滅してしまいます。シンジ君の乗ったエントリープラグを見つけたアスカは、「私を助けてくれないのねぇー?」と愚痴をこぼしながらも、彼をエントリープラグから引っぱり出し、黒綾波と3人で、助けが来られる場所まで歩き続けます。「餓鬼シンジ!!」と言いながらも、アスカも成長していないのでは?と思いましたが、ラストでシンジ君を引っぱって行くアスカには好感が持てました!!見かけは14歳でも、本当は28歳のお姉さんですからね!!やっぱり、ツンデレアスカは最高です!!

 こんな感じで、今回の劇場版は終了です・・・あんまり理解していないので、ちと見解が違っていると思いますけど、大目に見てやってください!!少しwikiを参考に書かせていただきましたが、やっぱり、わけがわからん・・・

 今回の劇場版は、映像と音楽はよかったのですが、ストーリーがちとイマイチでしたね。同時上映の「巨神兵東京に現わる」の方がよかったと言う方々も案外多いのでは?確かに、今回の劇場版は説明不足な点が多く、「序」と「破」の意味がなかったと評価されても仕方がないと思います。少しでもよかったので、空白の14年間を描いてほしかったですね。それが描かれてあれば、賛否両論も激しくなく、「破」に匹敵する高評価を得られたのではないでしょうか?今回の劇場版、僕の評価は普通以下ですね・・・
 
 「破」から登場した新キャラクターのマリですが、彼女の謎についても、今回の劇場版では明らかにされませんでした。そもそも、彼女は人間なのでしょうか?Mark.09が「アダムスの器」であることを見抜いたり、黒綾波に対して、「オリジナルは、もう少し可愛げがあった。」と言った彼女の正体は何?冬月さんがシンジ君に見せたユイの写真に、マリらしき人物が写っていたのですが、これはマリなのでしょうか?

 結局、ニアサードインパクトの勃発で、トウジとケンスケ、委員長やペンペンは死んじゃったの?

 加持さんはどこで何をしているの?ヴィレにいるのか?

 次回作ですべての謎は明らかにされるのか?
次回

シン・エヴァンゲリオン劇場版:||

 「エヴァンゲリオン」って・・・タイトルが戻ってるじゃないか!!戻った理由も気になるけど、「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」の部分は変えちゃダメだろ!!おいおい・・・ちなみに、タイトルの「:||」の部分には、特に読みが存在しませんが、これと同じ形の記号として、楽譜(五線譜)において曲の終わりを表す ||(終止線)や、それまでの部分を一度繰り返す :||(反復記号)があります。エヴァでこの記号が意味するものは・・・?予告で登場したエヴァ8+改2号機って、仮面ライダーWかよ!!次回の「シン・エヴァンゲリオン劇場版:||」で、空白の14年間が描かれることに期待したいけど、おそらくないでしょうね・・・次が最後の劇場版になるみたいなので、今回冒頭の十数秒しか出番がなかった初号機の活躍に期待しています!!カヲル君、また会えるよね?今回の劇場版で期待を裏切られ、次回作は観に行かないと言う方々もおられるかと思いますが、ラスト1作!!期待を裏切られることを恐れず、最後まで見届けましょう!!公開は早くて来年以降かな・・・?今度こそ、シンジ君が笑える世界が訪れることを祈りつつ、24日に発売される「Q」のBlu-rayを連休中に観て、復習するとしましょう!!今回発売されるBlu-rayとDVDには新規カットもあるみたいなので、初回特典のサントラともども期待しています!!では!!

  先週、「ゴーバスターズVSゴーカイジャー」を観に行った時、劇場で「IMA-EVA03」が配布されていることに気づきました!!

 最近、あまり公式サイトをチェックしていなかったので、全然知らなかった・・・でも、劇場で気づいてラッキーでした!!とりあえず、2冊ほどもらっておきました!!1人1冊とか書いてなかったしね!!

 で、気になる内容ですが、各種イベントリポートや、エヴァ好きで知られるモデル兼女優の山本美月さん(そうなの?全然知らないんですけど・・・)の撮り下ろしインタビューなどが掲載されていました。内容的に濃いように思えますが、今回の「IMA-EVA03」、表紙を含めてたった8ページしかありません!!オイオイ・・・唯一よかったのは、前の2冊よりも紙質がよくなってることかな?って、それはどうでもいいよ!!

 入場者特典として、ポストカードが配布中の「エヴァンゲリヲン新劇場版:Q」。1月26日からさらに上映劇場が増え、大ヒットロングラン上映中みたいですが、その評価は前二作と比べ、賛否両論が激しいみたいですね。前二作ともに1度しか劇場へ観に行かなかった僕も、「Q」は2回観に行きましたが、正直、頭ポカーンで内容がイマイチ理解できない・・・その辺の感想は、今後また記事にします!!その前に去年アップする予定だった映画の鑑賞後レビューを書かなくては・・・そっちの方はもう少し時間がかかると思うので、期待せずに気長にお待ちください!!では!!

 本日、「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」公開!!

 すでに新宿バルト9では、最速上映が開始されているみたいですね。金曜ロードSHOW!で「破」が放送されている頃、劇場周辺は大行列だったとか!!ご苦労様です!!

 金曜ロードSHOW!ですが、僕も先週と昨日、データ放送でリモコン片手に「ヱヴァ」を視聴していました!!劇場や以前の放送、ディスクなどで「序」と「破」は3回以上観ているのですが、やっぱり何度観てもおもしれーな!!シンクロシーンでポチポチとボタンを押し、先週のヤシマ作戦での電力供給シーン、昨日の綾波救出シーンでは、熱くなって青ボタンを連打しちゃいました!!途中で気づいたけど、青ボタンは連打しなくても、押し続けるだけでポイントはたまったのね・・・バカな俺・・・ちなみに両シーンとも、最大500ポイントまでためられました!!ま、なんだかんだでシンクロのポイントはためたけど、プレゼントには応募していません!!だって、当たるわけないじゃん!!応募しないと当たらない!!でも、やっぱり当たらない!!

 で、話は変わりまして・・・

 11月9日(金)に配布開始された「IMA-EVA02」をもらってきました!!


 今回は前回とは違い、事前に配布日を知っていたので、配布日当日は上映劇場やゲームセンター、書店などで余裕でもらえました!!13日からはローソンでの配布も開始されているので、まだ手に入れておられない方は、チェックしてみるといいかも!!

 気になる内容ですが、前回と同じく宣伝広告に加え、全国の上映劇場からのメッセージやコラムなどが収録されています。今回も「Q」の新情報は特にありません!!

 またまた、話は変わって・・・

 アニメイトで「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」の前売り券を購入!!
eva-q03.jpg

 劇場で、通常版の前売り券が販売されるだろうと待っていたのですが、結局なかった・・・通常版の前売り券がなかったのは、今回はオンライン予約が主流だったからかな?ローソンで販売されている特典付き前売り券は高いので、一番安いアニメイトで前売り券を購入しました!!って、ケチるなよ!!

 購入特典として、飛ばして遊べる「ヱヴァンゲリヲンMark.06」のマスコットがもらえます。 
eva-q02.jpg
 
 昨日の金曜ロードSHOW!のラストで公開された「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」の冒頭6分38秒TV版、すごかったですね!!前回のあの終わり方から、いきなりアスカが弐号機で戦闘って、アスカ酷使され過ぎ!!でも、生きててよかったよー!!マリはアスカから「コネメガネ」と呼ばれ、彼女のサポート役に。この戦闘シーンは、ゼーレによって凍結された?初号機の回収作戦だったのかな?

 早く劇場で観たいのですが、僕はまだ座席指定券の交換をしていないので、今週末は観れそうにありません。来週の3連休もいっぱいだろうな・・・そんなわけでネタバレが怖いので、しばらくネットを断とうと思います!!とは言え、ネタバレサイトを見ないだけですけど・・・今週末は劇場で鑑賞することはできませんが、いつも通り、パンフを購入するため、劇場には行きたいと思います。あと、いいグッズがあったら購入!!今週末に鑑賞される方々は、楽しんできてください!!では!!

 相変わらず、更新が遅くなって申し訳ないです。ちと前の話となりますが・・・

 前売り券を買い損ねて以来、「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」の公式サイトのチェックを怠っていたら、7月28日(土)に、フリーマガジン「IMA-EVA」が配布されていたことを全く知りませんでした・・・

 しまった!!迂闊だった・・・

 「破」の公開前後に配布されたフリーマガジン「EVA-EXTRA」は、毎回すぐに配布終了していました。もはや、公開劇場での入手は絶望的・・・お盆明けとなった今、店頭で入手するのは困難かと思いきや、仕事帰りにローソンに寄ってみると・・・

 まだ置いてありました!!

 とりあえず、2冊ほどもらって帰りましたが、ただもらって帰るのも悪いので、ちと買い物もすることに・・・ペットボトルのお茶を買っただけですけど!!

 同じアスカが表紙の「EVA-EXTRA06」と並べてみました!!
ima-eva02.jpg

 気になる内容ですが、「Q」の新情報は全くなく、「エヴァ」のイベントやスタンプラリーなどの宣伝ばかりでした。せっかく「EVA-EXTRA」よりもサイズが大きくなったのに(その反面、紙面の紙質は「EVA-EXTRA」よりも安価になったかな?)、新情報が載っていなかったのは残念ですが、新情報に関しては、続巻に期待するとしましょう!!ひょっとしたら、お近くのローソンや書店にまだ置いてあるかもしれないので、欲しい方は気長に探してみましょう!!きっと、どこかで見つかると思います!!では!!

 7月14日(土)、この日は「魔法少女リリカルなのは The MOVIE 2nd A's」の公開日であり、「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」の特典付き前売り券の販売日でした(ついでに、ポケモン映画の公開日!!)。「リリカルなのは」は初日に観るつもりはなく、「ヱヴァ」の前売り券を目当てに、朝の8時半頃に劇場に行ったのですが・・・

 買えませんでした・・・

 前売り券は100枚の販売だったみたいで、キャンセル待ちの整理券をもらいましたが、早朝から並んでまで買いに来られた方々が、キャンセルなどされるわけもなく、あえなく完売となりました。今回は、全国の前売り券販売劇場で、午前中には完売したみたいですね。てか、全ての公開劇場で販売するか、せめて販売劇場で200枚は販売しろよ!!と思いましたが、僕も考えが甘かったですね・・・いつもなら、朝の8時半ぐらいでも余裕で購入できたのに、今回に関しては、希望は残されていなかった・・・

 で、チラシだけでももらって帰りました・・・

 前日に放送された「金曜ロードSHOW!」の予告映像でも流れたピアノ・・・これが今回の劇場版の鍵となるのでしょうか・・・?

 今後、アニメイトやローソンで特典付き前売り券が販売されますが、今回は通常版の前売り券だけでいいかもしれない・・・前売り券の詳細などは、公式サイトにて。

 ヱヴァンゲリヲン新劇場版 公式サイト

 ヱヴァの予告映像にはガッカリされた方々も多いと思いますが、13回目の放送となった「となりのトトロ」の平均視聴率は、18.3%だったみたいですね。何度放送されても観てしまい、観るたびに新たな発見があるジブリの名作。さすがです!!

 ヱヴァの前売り券が買えずに別の劇場に行ってみると、「リリカルなのは」のグッズを買い求める方々の長蛇の列が!!パンフを買うだけでも、この列に並べと言うのか!!で、泣く泣く並ぶことに・・・レジに着く頃には、完売したグッズが数点ありましたが、やっぱりパンフは余裕で購入できました!!前作の時は、売り切れた劇場もあったパンフですが、別に公開初日から並んでまで買う必要はなかったかもしれない・・・でも確か、前作の時も公開初日に並んで買ったっけ?前作の時は、劇場版「Fate/stay night」と同日公開だったので、そのグッズを買い求める方々も多かったので、すごい列だったような・・・

 「リリカルなのは」のグッズを買わなかった分、同じ魔法少女の劇場版である「まどか☆マギカ」のグッズを買うために、温存しておこうかと思います!!ハイ!!

 あ、今週末に公開される「おおかみこどもの雨と雪」の前売り券、まだ買ってなかった・・・