またもやライダー大戦を思わせるライダー同士の戦いの夢を見た夏海。

「俺がどうしたって?」

夢で士の名を呟いていたみたいで、士の夢でも見た?否定する夏海。で、この世界を調べるために動く士たち。この世界での士の服装は礼服姿?結婚、それとも葬式か?ネクタイの色から見ると・・・「不吉なことを言わないでくださいよ。」と、怒る夏海。

「これが俺たちの最後の旅になる。なぜか、そんな気がする・・・」

「もしも士君の身に、何かが起こるんだとしたら、その時は私が守らないと・・・」と、心に誓う夏海。

「おい!あれを見ろ!」と言うユウスケ。見てみると、ライジングイクサに変身したイクサがレンゲルと激突します。イクサは名護さん?なわけないか・・・別の場所には、ギャレンとサガが・・・そしてまた別の場所で対峙するカズマとワタルが変身し、激突します。

 なぜ、ライダー同士が戦っている?それだけじゃない。ファンガイアとアンデットが戦っている。ファンガイアがキバの仲間になっている?ブレイドとアンデッドも。そう、これはブレイドの世界とキバの世界の戦いです。そう言えば、栄次郎さんが言っていたようです。

「ライダー大戦・・・」

そう、ここはライダー大戦の世界・・・

 激しく激突するブレイド、キバの両陣営。ブレイドによりイクサが撃破されてしまいます。あー名護さんがー!!って、違うか・・・キバもクィーンとの攻撃でレンゲルを撃破します。キバはザンバットソード持ってるし・・・レンゲル・・・って、黒葉ムツキだよな・・・レンゲルがやられたことで撤退するブレイド陣営。それをカメラにおさめる士。どうしてこんなことに・・・これは世界の融合が進み、キバとブレイドの世界が1つになったことを意味するのか?

 ワタルに歩み寄る士たち。状況が状況なだけに、再会を喜ぶことはありません。なぜライダー同士が戦っている?ワタル曰く、ブレイドたちを倒さなければ、キバの世界が消えてしまう・・・1つの世界にキバとブレイドは共存できないみたいで、どちらかの世界しか生き残れないようです。これは自分たちの世界を守るための戦い・・・そのためだけにファンガイアと手を・・・気配を感じた士が振り返ると、そこにはファンガイアの女王の姿が。クィーン曰く、人間とファンガイアが共存できる世界を作ろうとした最中、ブレイドたちがキバの世界を消し去ろうと戦いを挑んで来た。そうなれば迎え撃つしかない・・・ユウスケに協力を求めるワタルですが、ユウスケは拒否します。そんなユウスケに、「中立は認めないぞ。敵か味方かはっきりしてもらおう。」と、言うクィーン。それは士も同じ。士はくだらないと感じ、帰ってしまいます。「ブレイド側につくつもりか?」と、激怒したクィーンは、士に背後からファンガイアを差し向けますが、士はディケイドに変身し、ファンガイアを瞬殺します。

「俺はすべての破壊者だ。俺に触れるものはすべて破壊する。覚えておけ。」

 写真館で士が撮った写真を見る栄次郎さん。どうやら、士がこれまで撮ったライダーの写真でアルバムを作ったようです。写真を見て懐かしがる栄次郎さん。世界を巡り、するべきことはしてきた?つもりだったけど、それで問題が解決したわけじゃなかったみたいです。むしろ、世界の危機は増すばかり・・・士、ひとごとじゃないぞ。そこで夏海は、ライダー大戦を何度も夢に見たことを打ち明けます。正夢にはしたくない、ライダー同士の戦いをやめさせる。それがこの世界で士のするべきこと?そこに現れる鳴滝。彼はアポロガイストが世界の融合を進めている事を教えます。それを止めるよう素直に士に頼み、その場を去ります。世界を救うには、大ショッカーを倒すしかない・・・ユウスケはワタルを説得に行きますが、士はカズマの説得に行こうとしません。そんな士に夏海は、「光家秘伝 笑いのツボ」を押し、士をカズマの説得に行かせます。

 BOARDにやって来た士。社長の席にはカズマが。彼は士を仲間に引き入れようとしますが、そこにユウスケに連れられてワタルが現れます。ワタルとカズマに、「今すぐ戦いをやめ、俺たちとともに、大ショッカーを倒すんだ。」と、言う士。しかし、「たとえ大ショッカーを倒しても、キバがいる限り、ブレイドの世界は消えてしまうかもしれない。」と言うカズマ。大ショッカーの狙いは、ライダー同士を戦わせ、消耗したところで消し去ること。

「俺の言うことは大体正しい。」

と言う士。しかしお互い仲間を奪われて、納得できないようです。

「自分の世界だけに固執していれば、世界全体を救うことはできない!今は自分の世界の事を考えるな。」

と言う士ですが、ワタルとカズマに、

「それは自分の世界がないから言えることだ!」

「そうです。あなたには守るべき世界がない。まして、自分が何者かさえもわかっていない。」

「お前に俺たちの気持ちはわからないよ。」


と、キツイ言葉を言われてしまいます。そこにキバーラが現れ、「アポロガイストがファンガイアの女王と結婚式を挙げる。」と、知らされます。強い組織と手を組まなければ生き残れない。それを聞き、激怒するカズマ。そんなカズマとワタルを見かねてか、士は1人でカタをつけるようと、

 「つくづくわかった・・・旅をして仲間ができたつもりでいたが・・・ただの勘違いだったようだ。仲間なんか作るもんじゃない。」

と言い、出て行きます。

 一方、夏海はキバとブレイドの世界に、響鬼の世界とも融合してしまったことを知ります。サガにあっけなく撃破されるアキラとトドロキ。このままでは、ライダーたちが潰し合ってしまう・・・夏海の前に1人の男が現れます。

「お前たちは、何か勘違いをしているようだ。本当の敵は大ショッカーではない。」

と言い、姿を消してしまいます。今の人物は・・・?サガに追い詰められる響鬼を大樹が救います。
「師匠!」って、確かにヒビキさんから大樹は、アスムの師匠に押しつけられたけど、1度も「師匠」って、呼んでなかったのに・・・で、なんとかサガを撃破するアスム。大樹から世界が融合を始め、生き残りをかけたライダー同士の戦いに巻き込まれたことを聞かされるアスム。そんなことのために、アキラさんやトドロキさんは・・・大切な仲間を思い、涙ぐむアスム。仲間か・・・

「そのお宝は、まだ持ってないな。」

「失敗しても、成功しても共に働く仲間を励まし、助け合い一緒に進化していく。そのために働いているんだ!」 

士の言葉を思い出していたカズマは・・・

 一方、アポロガイストとクィーンの結婚式が挙げられ、アポロガイストは参列者のライフエナジーを吸い取ります。何、いつの間にこんな力を手に入れたんだ?

「この日が・・・復活の記念日となるのだ!」

と、そこに、

「その記念日を命日にしてやるよ。」

と、士が現れます。ソーンファンガイアに姿を変え、士に襲いかかろうとするクィーンに銃撃が襲います。現れたのはカズマとギャレン。士の言葉を覚えていたカズマが駆けつけたのです。

「ああ、おまえはいつも大体正しい。」

変身してファンガイアに立ち向かう士とカズマ。そこにはアンデッドの姿も。アンデッドも大ショッカーと手を組んでいたのです。

 走るアスムの前に、先ほど夏海の前に現れた男が現れます。男の名は剣崎一真。

「この世界をほんとに救いたいか?」

 激突する士たちと怪人たち。そこに大樹が加勢します。

「士に手出しする奴は、僕が倒す!覚えておきたまえ!」

と、ディエンドに変身して、怪人たちに立ち向かいます。大樹もここにきて、「仲間」というお宝が欲しいみたいですね。大樹のファイナルアタックライドで怪人たちを一掃し、コンプリートフォームに変身した士は、龍騎サバイブを召喚し、炎の斬撃でソーンファンガイアを撃破します。もっと他の技、出してくれよな・・・クィーンを倒され、激怒するアポロガイスト。こいつにも嫁を思う情はあったのか・・・?アポロチェンジしたアポロガイストは、世界を1つにしようとします。そして、消えてしまうブレイドとギャレン。ブレイドの世界が消えた?

「ついに・・・始まったか。」
 
それを見た剣崎一真は・・・永遠の命を得たスーパーアポロガイスト恐るべし!!

 次回は最終回です!!これ書いてる時点で、もう放送は終了していますが・・・全ての謎は明かされるのか?では!!