いつの話やら・・・?思われる方々も多いと思いますけど・・・

 「魔法少女リリカルなのは The MOVIE 2nd A's」の鑑賞後レビューです!!


 ※マウスオーバーで画像が変わります。

 パンフは以前に書いた通り、公開初日に購入していました。これだけを買うために、公開初日からグッズ売り場に並ぶ必要はなかったかもしれない・・・でも、僕と同じくパンフだけを買うために列に並んでいた方々は、けっこうおられましたよ!!

 公開後、1ヶ月以上経ってから観に行ったのですが、まだリピートポイントカードがもらえました!!前作を観に行った時は、すでに配布終了してたのに・・・とは言え、一度しか鑑賞していないので、見事に紙切れとなりました!!もちろん、捨ててないよ!!9月になってから観に行けば、入場者プレゼント第2弾がもらえたのですが、自分の予定と上映スケジュールが合わず、8月末日の鑑賞となりました。

nanoha-movie04.jpg

 前作の劇場版は、TV版を観ないで鑑賞したのですが、個人的になかなか良かったです。今作の劇場版の元となったTV版「A's」は、再放送で視聴していました。数年前に一度視聴しただけなので、記憶が曖昧でしたが、鑑賞しながら徐々に思い出してきたって感じでした。

 で、感想は・・・

 上映時間150分・・・長かった・・・とは言え前作同様、TV版の総集編ではなく、完全新作となったこの劇場版。うまくまとまっていたと思います。それでも前作と同じく、多少説明不足の点があったように感じました。

 冒頭、なのはとフェイトちゃんの再会シーン、なんか泣きそうになっちゃったよ!!でもTV版での、なのはのピンチにフェイトちゃんが駆けつけ、「友達だ。」の再会シーンの方が、やっぱりよかったかな?健気に振る舞うはやてちゃんがかわいく感じ、終盤の彼女とリインフォースの別れのシーンには感動しました!!ヴィータちゃん、TV版よりもギガかわいかったなあ・・・

 前作の時も書いたのですが、なのはとフェイトちゃんの精神年齢が高すぎる!!本当に小学3年生か?と疑いたくなるような恐るべき精神力の持ち主だな・・・この2人、「私、殺されるかも・・・」とか、恐怖を感じないのか?戦闘中、体はバリアジャケットに守られているとは言え、砲撃時の莫大な光を直視すれば、失明していると思うのですが・・・と言う突っ込みは置いといて、今回の劇場版も戦闘シーンは劇場版さながらの迫力があってよかったのですが、ラストバトルであるナハトヴァール戦が、TV版と同じく一方的になのはたちがフルボッコ攻撃をしていたように感じられたので残念でした。なのはたちがダメージを受ける展開を見せてほしかったですね。

 なのはとフェイトちゃんの変身シーンが長すぎ!!あくびが出ちまったぜ・・・

 TV版では、偶然魔法のことがアリサたちにバレたなのはとフェイトちゃんですが、この劇場版ではエンディングを観た感じ、自分たちからバラしたみたいですね。バラしたと言えば、TV版ではリンディが、なのはの家族に魔法のことを説明するシーンがあるのですが、今回の劇場版、説明する以前の問題で、なのはの家族の登場は一切ありません!!前作では登場したなのはの家族ですが、セリフは一切なく、今回は出番すらない(一応、パンフには家族の存在は記載されています。)・・・フェイトちゃんが夢の世界に囚われた時、彼女の家族の描写があったのに、主人公であるなのはの家族が描かれないってひどいだろ!!これは削ってほしくなかった!!

 前作と同じく、エンディングで田村ゆかりさんが歌うエンディングテーマ「微笑みのプルマージュ」は一部しか流れず、水樹奈々さんが歌う主題歌「BRIGHT STREAM」はフルで流れました。これは観る前から予想していたけど、田村ゆかりさんの曲もフルで流してほしかったよ・・・

 この劇場版、主役はなのはではなく、はやてちゃんでしたね!!なのはとフェイトちゃんと比べると、はやてちゃんの方が普通の小学生ぽかったなあ・・・劇中では、障害を負っているとは思えないほどの完璧超人ぶりだったけど・・・

 おそらく今後、劇場版「3rd」が制作されると思いますが、その元となるのは、ファンの方々からも酷評な意見が多いTV版3期「魔法少女リリカルなのはStrikerS」でしょうね・・・僕は「リリカルなのは」を初めて観たのがこの「StrikerS」なのですが、いろいろひどかった記憶が・・・2クールあった「StrikerS」は、1作の劇場版として制作するのはおそらく無理なので、2作構成になるのかな?公開されるとしたら、数年後でしょうね・・・次回作も公開決定したら、観に行くさ!!

 新規上映劇場も続々決定し、まだ上映されている劇場もあるので、お近くに上映劇場がある方は、一度観てみるのもいいかも!!観て損はないと思うよ!!

 次回、レビューを書く作品は、これまた未定です!!では!!