先週、バンダイチャンネルで配信された機動戦士ガンダムSEED DESTINY HDリマスター48.PHASE-49「レイ」。デュランダル議長のデスティニープランに拒否の意思を示したラクス率いる三隻連合は、レクイエムを破壊すべく、中継地点であるステーション1に攻撃を仕掛ける。中継地点を守るザフトのMS部隊に対する、ミーティアの火力がハンパねえ!!スピード勝負の作戦とは言え、ミーティア装備のストライクフリーダムとジャスティスにかかれば、余裕じゃないか!!

 一方、議長はシンとレイを移動要塞メサイアに召集する。何度も同じことを書いて、しつこくて誠に申し訳ありませんが、核エンジン搭載の機体なのに、相変わらずバッテリーケーブルを接続して発進するデスティニーとレジェンド!!このシーン、Blu-rayでは修正してくれるのかね・・・?議長は、ステーション1が落とされることを予想していたみたいですが、攻め込まれてからシンとレイを招集するって、ずいぶん余裕だな!!シンが議長のプランに賛同した時の、レイのドヤ顔が何とも言えない・・・

 毎回、アスランから何の連絡も受けずに、ザフトを裏切るハメになるイザークとディアッカ。イザークのアスランを殴りたくなる気持ち、よくわかります!!そんなイザークをなだめるディアッカは大人だね!!HDリマスターなんだから、シホも登場させてほしかったな・・・

 ミネルバの攻撃を回避すれば、エターナルが堕ちる!!絶体絶命のアークエンジェルのピンチを救ったアカツキを駆るネオが記憶を取り戻し、ついにムウさんが復活!!おそらく感動のシーンなんだけど、あんた、本当にどうやって生きていたのか詳しく説明してほしいわ!!核エンジンを搭載していないとは言え、アカツキのチートっぷりが何とも言えない・・・

 エターナルを撃とうとするルナマリアに、国際救難チャンネルで話しかけるメイリン。彼女が国際救難チャンネルを使ったのは、Blu-ray BOX4に封入されるドラマCDで明らかになりましたが、そもそもメイリンって、ルナマリアがインパルスに乗り換えたことを知らないままアスランと脱走したような・・・?

 そしてついに激突するシンとアスラン、レイとキラ!!レイって、キラを逆恨みしているだけのような気がするんだけど・・・シンとレイはもう、キラとアスランにボコられるだけで見せ場なしか・・・

 EDのクレジットで、ついにキラの名前がシンより上に!!前代未聞の主人公交代キター!!シン、マジでかわいそうだな・・・

 TV版では次回が最終回でしたが、リマスター版ではもう1話あります!!次回のサブタイトルである「最後の力」って、「最後も力」の間違いじゃないの?ラストバトルは多少の変更に期待したいところですが、予告の時点で、デスティニーの足がジャスティスに蹴り飛ばされてる!!予告でこのシーンはマズイよ!!TV版と同じく、キラとアスランは、機体を無傷のままで勝っちゃうんだろうね・・・