上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 一週間遅れのレビューとなってしまい、申し訳ありません・・・

 午後1時、園咲若菜がパーソナリティを務めるラジオ番組「ヒーリング・プリンセス」が始まります。けだるい午後の昼下がり、翔太郎はハードボイルドを気取るも、亜樹子に邪魔され、最近はペット捜しの毎日。認めたくはないけど、一応所長の亜樹子に逆らえない翔太郎。うるさい亜樹子と翔太郎のやりとりにフィリップは、

「静かにしたまえ!2人とも。僕は園咲若菜のラジオに集中したいんだ。」

と言い、二人を黙らせます。それにしても、フィリップがタレントに興味を持つとは・・・この若菜の本性を知ったら、フィリップもショックだろうな・・・で、ラジオのリスナーから幻のカジノ、ミリオンコロッセオが間違いなく存在する、との投稿が。

 兄の友達の友達が、賭け金ゼロからいきなり大金を手に入れ、翌日には高級外車を買っていた。彼が天国のカジノへ行き、そして勝ってきたのは事実・・・

 ミリオンコロッセオに興味を示すフィリップ。翔太郎は「夢みたいな話。」と、信じません。そこにチャイムが鳴ります。ラジオを消し、訪問者を招き入れる翔太郎。名探偵だったおやっさんを訪ねてきた訪問者の夫婦は、娘を調べるように頼みます。娘の優子がミリオンコロッセオに?

 和泉優子。彼女の行動を調べるのが今回の依頼。両親によると、彼女が幻のカジノにかかわっているみたいです。そこに和泉優子の検索を終えたフィリップから電話が。風都名物、風花饅頭の元祖と言われている和泉和菓子店の看板娘で、常に店の仕事を手伝っていたようです。その彼女が品ぞろえが悪い、と店員を殴る娘に・・・腹が立った優子は、「気晴らしに、またあそこに行って儲けてくっか!」と、店を出て行きます。あそことはミリオンコロッセオ?まさか本当に実在するのか?優子のあとをつける翔太郎ですが、彼に邪魔扱いされ、キレた亜樹子に邪魔され、優子を見失ってしまいます。便所スリッパで翔太郎を殴る亜樹子。って、いつも持ち歩いてるのかよ・・・「責任問題を追及します。」と言う亜樹子。って、それお前だろ!!そこにウオッチャマンから電話が。

 ウオッチャマンの待つ現場にやって来た翔太郎。ウオッチャマンは翔太郎を押しのけ、亜樹子に自己紹介し、名刺を渡します。ブログに載せようと、亜樹子と写真を撮るウオッチャマンですが、翔太郎に邪魔され、自分だけを撮ってしまいます。 情報を求める翔太郎。現場の競売物件の表札は村雨。すべてが差し押さえられた家の中で笑う村雨五郎。どうやら、幻のカジノは本当に実在するみたいです。場所を聞こうにも、村雨はまともに答えられず・・・フィリップに連絡し、検索を頼もうにも、キーワードは「村雨五郎」だけ・・・

「賭けに負けて、家族に見捨てられ、我が家も失っちまったぐらいか・・・」

家族・・・我が家・・・それを聞いたフィリップは・・・?

一方、村雨の前に加賀泰造が現れます。村雨はこの加賀から金を借りていたようです。金を返せず、すべてを賭けて勝負を楽しみ負けた村雨。加賀は「マネー」のガイアメモリでマネー・ドーパントに変身します。

「潔く取り立てを受けろ!!きっちりとな。」

と、村雨の頭にコインを突き刺します。村雨の悲鳴を聞き、家の中に入る翔太郎。ドーパントを発見した翔太郎は、村雨を亜樹子に任せ、ドーパントを追います。Wに変身しようとフィリップに連絡する翔太郎ですが、フィリップは意識を失っています。仕方がなく、フィリップに呼びかけながら、生身でマネー・ドーパントに立ち向かう翔太郎。翔太郎の呼びかけで、とっさに目を覚ましたフィリップは、翔太郎と共にWに変身し、マネー・ドーパントに立ち向かいます。「んーっ!お前はいったい何者だ?」言うドーパントに、

「俺はダブル!街の涙を拭う・・・2色のハンカチさ。」

と言うW。「バカと金にならない奴は、相手にしない主義でね。」と言うマネー・ドーパントは逃げだします。「ヒート」のメモリで「ヒートジョーカー」となったWがドーパントを追いつめるも突然、背後から攻撃を受け、マネー・ドーパントを逃がしてしまいます。さっきの攻撃は何者だ?別のドーパント?

「コロッセオの手がかりを逃すなんてしくじったね、翔太郎。」

と言うフィリップ。翔太郎が変身する時に一瞬、フィリップが止まったことを指摘しても、フィリップには覚えがないようです。

「僕が・・・止まる?そんなこと、ありえない。」

 サイクロン、ヒート、ジョーカー・・・これらのメモリを知らない霧彦。どうやら、園咲家のメモリ装填で死なずに済み、アフターサービスと称し、Wからマネー・ドーパントを救ったのは彼みたいです。

 冴子に「左右非対称のドーパントを見た。」と言う霧彦。彼はその正体が気になるみたいです。それを聞き、少し焦る冴子。彼女は1年前、Wと遭遇しているはずなので、何かを知っている様子。いや、何かを隠しているのか?霧彦に、

「ガイアメモリの秘密は底が知れない。慌てて全てを知る必要はないわ。でも大丈夫。あなたなら必ず、この街の暗闇を支配する男になる。」

と言う冴子。「よろしく・・・ご教授頼む。」

と言う霧彦は冴子とキスを交わそうとしますが突然、妹の若菜が部屋に入って来ます。お前、邪魔だよ!!若菜のラジオを聞き、「よかったよ。」と言う霧彦に、若菜は舌打ちし、「ひねりのないお世辞。」と言い出て行きます。仮にもお義兄さんになる人に何たる態度!!この人の舌打ちシーンで、口元アップは正直いらんぞ!!

 ミリオンコロッセオで、もはやギャンブル依存症となった優子は、両親が止めるのも聞かず、印鑑と貯金通帳を持ち出します。そんな優子にイラついた亜樹子は、彼女から通帳を取り上げます。探偵が調査対象者に会っちゃダメだろ!!ほんとに足、引っ張るね・・・自分に探偵をつけさせていたことを知った優子はさらに荒れます。彼女は、ミリオンコロッセオがドーパントがやってるカジノということを百も承知しているようです。ただスリリングな気分を味わうために・・・親より金を選ぶ優子に、「絶対、止めさせる。」と言う亜樹子。しかし優子は、「あんたらには行き方もわかんないだろ!」と、出て行ってしまいます。翔太郎はミリオンコロッセオへの行き方に秘密があることに気付きます。

 ラジオ局で若菜への投稿はがきを読み、ミリオンコロッセオの場所を探る翔太郎。

 木枯坂・・・市場通り・・・十文字交差点。

 はがきから読み取れるキーワードは3つ。そこに真倉俊がやって来ます。いつも通り言い争いになるも、そこに刃野がやって来ます。「この場を見逃す代わりに、いつも通りに俺に情報を。」と言う刃野。そこにやって来る若菜。刃野は真倉を押しのけ、若菜にアプローチしますが、刃野を翔太郎が押しのけ、ハードボイルド気取りで若菜に名刺を渡します。それを聞き、「おもしろい!」と言う若菜。若菜のポストカードをもらい、ご機嫌で帰る翔太郎ですが、若菜は翔太郎の名刺を破り捨てます。「おもしろいくらいのアホ。」ってことか・・・恐るべき女だ・・・

 翔太郎がもらって来た若菜のポストカードを見て、フィリップはご機嫌。亜樹子は翔太郎が「自分用」にもらった若菜のポストカードを見ても、上から目線です。ま、性格は置いといて、お前よりはいいんじゃないの?

「さあ、検索を始めよう。」 

若菜のポストカードでやる気が出たのか、「地球(ほし)の本棚」に入るフィリップ。知りたい項目は、人間をコロッセオに連れ去る方法。

基本キーワードは、「風都」、「ギャンブル」、「コロッセオ」。

そこにラジオで投稿された地名を片っ端から加えていきます。「木枯坂」、「市場通り」、「十文字交差点」、「中央街道」。ビンゴだ。答えは路線バス。あの時、優子を見失ったは、彼女がバスに乗っていたから・・・通常運行のバスのふりをして、コロッセオに客を運ぶ闇バスが走っている。周回ルートと停止場所、時間は利用者しか知らない。地名から予想される通過ルートを割り出すフィリップ。いつにも増して快調なフィリップに感心する亜樹子。お前も見習え!!しかし、翔太郎はフィリップのコンディションが気になりますが、フィリップは「まったく問題はないよ。」と言います。ドーパント関連は専門外の亜樹子を置いて、翔太郎は出て行きます。「ムッカーッ!パート2」って、なんだよ!!パート1がわからん!!鼻の穴がモロに見えてるし・・・ドーパント関係に限らず、探偵事業のすべてが亜樹子には専門外でしょう。それが所長って・・・亜樹子は翔太郎が置いていったバットショットを見て、笑みを浮かべますが・・・

 闇バスが現れるのを待つ翔太郎。彼はバス停以外で止まったバスを見つけます。追跡を開始する翔太郎ですが、バスの運転手は翔太郎の追跡に気付き、ハードボイルダーにバスでぶつかりますが間一髪、翔太郎はバスに飛び移ります。バスの中には亜樹子の姿が。アッカンベーする顔、最悪・・・そこにバスの上にマネー・ドーパントが現れます。翔太郎はスパイダーのガジェットでドーパントを攻撃し、その隙にバスの上に登り、Wに変身します。

「今日をミリオンコロッセオとやらの閉店日にしてやるぜ。」 

マネー・ドーパントに立ち向かうW。ドーパントの攻撃に対抗するため、「メタル」のメモリを装填し、「サイクロンメタル」となります。メタルシャフトでマネー・ドーパントの攻撃をさばくWに追いつめられるドーパント。しかし、マネー・ドーパントの腹の中には、ミリオンコロッセオの客の生命力が詰まったライフコインがいっぱいあるみたいです。マネー・ドーパントを倒せば、コインも全て砕ける。コインには「村雨五郎」の名前も・・・ミリオンコロッセオで元金のない者、金の尽きたものは、自らの命をかけて戦うようです。

「彼らは全てを捨てても、なお勝負がしたいのだよ。仕事も・・・我が家も・・・家族さえも。」

それを聞き、激怒するWですが、我が家・・・家族・・・この言葉を聞いたフィリップがまた止まってしまい、Wはまともに動くことができなくなります。マネー・ドーパントの攻撃を受けたWは・・・

 ミリオンコロッセオにたどり着いた亜樹子の運命は・・・?ま、こいつよりWの方が心配だな・・・

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

恐竜折神

操学園(あやつりがくえん)

comment iconコメント

コメントの投稿



trackback iconトラックバック

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。