上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 「来人・・・僕の名前は来人?」

 「そうよ、あなたは運命の子・・・あなたを手にした人間が、この地球の勝者。」

そう言う冴子は、フィリップに手を差し伸べますが、彼は冴子の冷たい目だけで十分敵だと判断し、拒みます。フィリップの態度に不快感を露わにした冴子は、タブー・ドーパントに変身します。フィリップはビギンズナイトに襲って来た幹部の正体が、冴子であると知ります。力づくでフィリップを手に入れようと、逃げる彼に容赦なく光弾を放つタブー・ドーパント。そこにファングが現れますが、フィリップはビギンズナイトにファングを使用した時の恐怖を思い出し、ファングを拒みます。タブー・ドーパントに襲われながらも、フィリップはスタッグフォンを操作し、リボルギャリーを呼び寄せます。走り去るリボルギャリーを見て、自分が見捨てられたと思い、「薄情者ー!!」と叫ぶ亜樹子。うるさい彼女をよそに、翔太郎はフィリップの判断に納得しますが、アームズ・ドーパントからみぞうちをくらい、気を失ってしまいます。駆けつけたリボルギャリーにより、冴子から逃げることに成功するフィリップ。彼を逃がした冴子は、人質である翔太郎を利用し、シャワーを浴びて待つことに。シャワーシーンはなしか・・・霧彦さんはあったのに、残念・・・って、あるわけないだろ!!変身を解除したアームズ・ドーパントこと倉田剣児は、冬美だけ解放し、人質である翔太郎と亜樹子を連れ、去って行きます。自分は捕まるわけにはいかない・・・でも、ファングも使いたくない。リボルギャリーの中でフィリップは倒れこんでしまいます。

 鳴海探偵事務所の地下で目を覚ますフィリップ。そこにスタッグフォンに着信が。電話は亜樹子からで、何とか無事のようです。倉田が電話に代わり、翼町の廃工場に来るようにフィリップに言いますが、翔太郎は自分のことは忘れ、絶対に来ないように言います。これも相棒であるフィリップの忠告を聞かなかった罰・・・もし来たら、俺たちの仲もそれまで・・・そう言う翔太郎をいたぶる倉田は、電話を切ります。

 最近、ボーっとしている若菜。彼女の相談に乗ろうとする機嫌が良い冴子。「無くしていた宝物が、戻りそうなのよ・・・」霧彦はそんな冴子の様子を見て・・・

 翔太郎を見捨てるわけにはいかない。でも・・・そこにファングの鳴き声が。いつの間に・・・?フィリップはファングに物を投げつけますが、たまたま事務所を訪れた真倉が、クッションを顔に食らってしまいます。真倉と同じく、ウオッチャマンとサンタちゃんも事務所を訪れます。真倉によると、指名手配中の怪盗、ツインローズの1人をこの付近で見かけたという情報を聞いたみたいで、聞き込みにやって来たようです。麻生冬美・・・彼女が解放されたことを知るフィリップ。

 ファングがあれば・・・そう言う翔太郎。行方知れずのファングは、自分の意思で動きまわるメモリ。それを聞いた亜樹子の想像は置いといて、仮にファングが現れても、暴走の恐怖を知るフィリップは、認めようとしないだろう・・・そうなれば、ダブルはダブルでなくなる・・・

 警察に追われる冬美を救い出すフィリップ。彼は冬美から倉田剣児の情報を聞き出そうとしますが、もう倉田は彼女が知っている人間ではないみたいです。打つ手なしか・・・それでも冬美は、もう一度倉田に会い、彼を止めようとします。ガイアメモリに取り込まれた倉田を止めるのは、もはや無謀なこと・・・無意味な危険をなぜ冒す?そう言うフィリップに冬美は、

「理由なんてない!相棒だからだよ。私たちは二人で一人だったんだ。」

それを聞き、翔太郎の言葉を思い出す翔太郎。吹っ切れたフィリップは、1つの結論を導き出し、走り出します。そこにファングの鳴き声が。それを見つめるフィリップは・・・

 翼町の廃工場で、亜樹子の持つロープで釣り上げられる翔太郎。彼の真下は刃物の山で、亜樹子が手を離したら最後、串刺しになってしまいます。その悪趣味な様子を車越しから見つめる冴子。あれ?余裕みたいだけど、ダブルドライバーやメモリを奪ったりはしないの?亜樹子も限界のようで、彼女にロープから手を離すように言う翔太郎。そして、ついに限界を迎え、ロープから手を離してしまう亜樹子。翔太郎の帽子が串刺しになってしまいますが間一髪、ファングがロープを掴み、翔太郎を救っていました。小型なのに、すごいパワーだな・・・そこにハードボイルダーに乗って、フィリップが現れます。

「絶好でもなんでもしたまえ。させないけどね。後悔するなよ、倉田剣児。僕はもう、知らないぞ。」

それを聞き、翔太郎はフィリップがファングを使おうとしていることを悟ります。何か対策はあるのか?

「対策なんか、動いてから立てればいい。」

と、翔太郎が言った言葉を口にし、彼のように理屈ではなく、動いてみることにしたフィリップ。

「地獄の底まで悪魔と相乗りしてくれ!!翔太郎!!」

と言い、ファングを呼ぶフィリップ。翔太郎を亜樹子の元へ放り投げ、フィリップの手元で変形するファング。翔太郎のダブルドライバーに装填されていた「ジョーカー」のメモリが、フィリップのダブルドライバーに転送され、翔太郎が止めるように言うも、「ファング」のメモリを装填するフィリップ。彼の叫び声が響き、翔太郎は意識を失ってしまいます。ビギンズナイト以来、ダブル第10のフォーム「ファングジョーカー」の再来です。この「ファングジョーカー」は今までとは逆で、フィリップの体に翔太郎の意識が憑依している状態になっており、その荒々しい戦闘スタイルは、まさに暴走そのもの。迫り来るマスカレイド・ドーパントを寄せ付けません。アームファングを繰り出し、マスカレイド・ドーパントを次々と撃破し、アームズ・ドーパントに斬りかかるW。その様子を見て、冴子は「ファング」のメモリが、フィリップを守るために存在していることを理解します。彼を守るためなら、手段を選ばずにあらゆる敵を排除する戦士にWを変えるメモリ・・・翔太郎がフィリップに落ち着くように言うも、彼の暴走状態は止まりません。これがフィリップの恐れていた状態・・・追い込まれたアームズ・ドーパントは亜樹子を人質にとります。翔太郎がフィリップに止まるように言うも、やはりフィリップの暴走は止まりません。そこで翔太郎は燃え上がる「地球(ほし)の本棚」、いや、フィリップの意識の中に飛ばされます。今の彼は自分の中の知識と理性が、すべて燃え上がっている恐怖に襲われているのです。燃え上がるフィリップの意識の中で、彼を捜す翔太郎。フィリップは本の中に埋もれていました。彼は翔太郎が自分を見つけてくれると信じていたのです。そう、僕たちは・・・

「二人で一人の仮面ライダーだ!!」

その瞬間、燃え上がっていた「地球(ほし)の本棚」が元に戻り、暴走もおさまっていました。亜樹子を安心させたフィリップは、アームズ・ドーパントから彼女を引き離し、本当の反撃に転じます。

「さあ、お前の罪を数えろ!!」

逃げるアームズ・ドーパントですが、Wはショルダーファングを発動し、マスカレイド・ドーパントもろとも、アームズ・ドーパントを攻撃します。そこに駆けつける麻生冬美。彼女の依頼を今、果たす時。メモリブレイクをしようとするWですが、必殺技の名前をまだ決めていないようで、翔太郎が「ファングストライザー」と名付けます。「マキシマムドライブ」を発動し、マキシマムセイバーで「ファング・ストライザー」を繰り出し、アームズ・ドーパントを撃破するW。お、今回は体が真っ二つになってないな・・・メモリを破壊され、倒れる剣児に駆け寄る冬美。「ファングジョーカー」の恐ろしさを目の当たりにした冴子は、車を走らせ逃走します。それを見逃さなかったフィリップですが、急に力が抜けたみたいで、動けないようです。どうやら、フィリップの減量による影響みたいですね。選手交代で翔太郎がWに変身して、冴子の後を追いかけます。彼女の車を破壊し、タブー・ドーパントに変身して逃げる冴子にWは、「ルナトリガー」にフォームチェンジして、「トリガーフルバースト」を放ちますが間一髪、ナスカ・ドーパントに変身した霧彦が彼女を救います。彼はナスカの高速移動に覚醒したみたいです。そんな能力があったのか・・・霧彦は冴子を守るために、鍛練を重ねていたみたいです。霧彦さん、今回は見せ場があってよかったね!!冴子を捜すWですが、先ほどの攻撃で辺りの建物が崩れ始めます。「ヒートメタル」にフォームチェンジし間一髪、瓦礫の下敷きになりかけた少女を救います。それを見た刃野は、翔太郎に言っていた時とは違い、調子よくWに言い寄って来ます。そんな刃野にWは、翼町の廃工場に偽仮面ライダーがいると告げ、去って行きます。

 倉田は逮捕され、麻生冬実も翔太郎との約束を守り、警察に自首したみたいです。「ファング」のメモリにより、新たな力を得たフィリップですが、1年間姿を見せなかったファングが現れたことは、恐ろしいことが起こる前触れなのか?と、翔太郎が考えていると、フィリップがリバウンド、いや、激太りしています!!ちょっとは反省しようね、フィリップ・・・で、ファングと同じく、ビートルフォンも鳴海探偵事務所にやって来て・・・

 フィリップの激太りでしばらく「ファングジョーカー」に変身できないか?と、思いきや、予告で「ファングジョーカー」が登場していますね。このファングの登場で、今後2か所でドーパントが現れても、対応することができますね!!うん、便利だ!!Wの最強フォームは、バロム1やウルトラマンエースのように、いっそ体も1つになればいいのに・・・

 劇場版でも思ったのですが、「ファングジョーカー」って、マスカレイド・ドーパントを殺しまくってるよな・・・あれも元は人間なんだから、手間がかかるけど、メモリブレイクして倒さないとまずいんじゃないのか?

 次回、子供の間にまで出回るガイアメモリ・・・翔太郎と霧彦の間で生まれる奇妙な関係とは・・・?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

影武者

志葉家十八代目当主

comment iconコメント

コメントの投稿



trackback iconトラックバック

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。