予約しておいた「機動戦士ガンダムユニコーン」のディスクを買って来ました!!

DSC00253.jpg


 Blu-ray視聴環境がないのにもかかわらず、今回はBlu-ray版も購入しました!!今回に限った事ではなく、Blu-rayディスクは、たまに買ってます・・・DVDもBlu-rayも収録時間の割に値段はお手頃なので、購入しても損はないと思います。僕はDVDとBlu-rayの2枚で、7000円くらいで購入できました。購入するお店にもよりますけど・・・

 さっそく視聴したので感想ですが、やはり小説版の「ユニコーンの日」を1時間ほどで映像化しただけに、小説の内容がそのまま映像化されたわけではなく、大幅にカットされています。もちろん、小説を読んでいなくても楽しめる内容だと思いますが、小説を読んでいると「ここが違う!!」とニヤリとできるシーンがあるかも・・・小説は小説、アニメはアニメで楽しむのがいいかな?

 戦闘シーンも迫力があり、よかったのですが、久しぶりに映像化された宇宙世紀を描いているだけに、時代的に後の話となる「機動戦士ガンダムF91」、「機動戦士Vガンダム」を今観たら、すごく違和感を感じるのでしょうね・・・昔とは違い、画質が進化しているだけに、技術も「F91」や「Vガンダム」より「ユニコーン」の方が優れていると錯覚してしまいそう・・・ユニコーンガンダムの起動シーンを観たら、専用ケージ付きのMGが欲しくなりました!!

 ラストはユニコーンガンダムが「NT-D」を発動させ、デストロイモードに変身して終わったのですが、小説版はデストロイモードでクシャトリヤを退けて終わり。今回のアニメには、フル・フロンタルの登場はありませんでした。リディ・マーセナスも登場しましたが、セリフはなし・・・1時間で詰め込み過ぎた感じがしたので、小説みたいに上下巻で「ユニコーンの日」を映像化した方がよかったのでは?観ていて多少、説明不足な点がありますが、そこは小説版を読めば、補えると思います。全6巻で完結するみたいですが、はたして・・・?

 栗山千明さんが歌う「流星のナミダ」が流れる中、エンドロールが終わり、次回予告があると期待したのですが、残念ながらなし・・・次はいつ発売なの?とりあえず、3月25日発売の文庫版を読み、予習しないと・・・

    

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

epic5 マジカル・ハイド

拒否されたラーメン!親子の絆なおします!

comment iconコメント

コメントの投稿



trackback iconトラックバック

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)