月曜日に超・電王トリロジー第2弾「派遣イマジンはNEWトラル」を観て来ました!!

cho-den-o9.jpg


今回もパンフは500円!!そして、入場者にもらえるガンバライドカードはこれ!!

cho-den-o10.jpg


 脚本は前回のゼロノス編と同じく、小林靖子さんでしたが、同じ人でもこんなに違うの?って感じで、前回のつまらなさが嘘のように、今回はよくできていました!!脚本は同じ人でも、監督が代わると、こうも違うのか・・・

 以下、あらすじと多少ネタバレ・・・
 
 おおまかなあらすじは・・・

 ターミナルでチケットの盗難事件が発生!!その犯人であるマンティスイマジンと戦う電王ソードフォームですが、その戦いで良太郎とモモタロスは、深手を負ってしまいます。そこで、助っ人を呼ぶと言うオーナー。そんな時、デンライナーにやって来たジーク。彼が助っ人?ではなく、助っ人は良太郎の孫・幸太郎みたいです。しかし、彼の相棒であるテディは、オーナーの口から契約終了を告げられてしまいます。

 テディと離れた途端、数々の不運に見舞われる幸太郎は、マンティスイマジンを捜します。その手がかりは、自分と瓜二つの人物・ドッペルゲンガーを見たと言う上原美来。彼女が見たもう1人の自分こそ、マンティスイマジンの契約者。自分の誕生日に祖母・早苗の前に現れた美来の望みとは一体?

 一方、テディに代わり、キンタロスとウラタロスと共にマンティスイマジンに挑む幸太郎ですが、彼らと相性が合わず、苦戦を強いられてしまいます。幸太郎の元へ駆けつければ、自分が消滅してしまうかもしれないテディ。マンティスイマジンの契約者である美来の話を聞き、テディの出した答えとは?そして、幸太郎とテディの関係の行方は?

 こんな感じかな?

 良太郎とは違い、幸太郎は戦闘でイマジンが武器化するのがおもしろいですね!!劇中では登場していませんが、モモタロスの場合は剣、リュウタロスの場合は銃に変化したのかな?ジークの場合は・・・?

 今回は前回とは違い、戦闘シーンもよかったです。ラストの満月を背に、剣を交えるNEW電王とマンティスイマジンがよかった!!今回はちゃんとNEW電王がイマジンを倒してくれたしね!!でも前回と同じく、イマジンが過去に飛ばなかったので、電車戦がなかったのが残念でした・・・

 幸太郎とテディはもちろん、イマジンの契約者である美来とおばあちゃんのやりとりも感動しました!!今回はほんとによかったのに、同じ小林靖子さんの脚本でも、前回の「ゼロノス編」は、何の感動もなかったな・・・これは監督のせいか?

 6月19日は、個人的に本命のディエンド編「お宝DEエンド・パイレーツ」が公開!!ですが、脚本があの人なので、少し不安が・・・「ディケイド完結編」みたいなことにならないよう祈ります・・・

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

劇場版公式サイト、更新!!

「W & ゴセイジャー 夏の劇場版」前売り券購入!!

comment iconコメント

コメントの投稿



trackback iconトラックバック

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)