学校から帰って来た望を、彼の誕生会の準備をしていたアラタたちが迎えます。膜インを倒した勢いで、誕生会の準備にも力が入るアラタたち。望もうれしそうですが、そんな時、データスが幽魔獣の反応を察知します。都庁に巨大なエルレイの匣(はこ)が?早くも筋グゴンが仕掛けて来た。アラタたちは望に「すぐに戻る。」と言い、都庁に向かいます。

 筋グゴンの元に駆けつけるアラタたちとゴセイナイト。膜インを倒し、筋グゴンただ一人・・・かと思いきや、そこに倒したはずの膜インの声が。ヤツは倒したはず・・・そこに、都庁を取り込んだ膜インが姿を見せます。膜インは、わざとグランドゴセイグレートの攻撃を受けてバラバラになり、その瞬間、細胞のひとつひとつがゴセイパワーを吸収して、それをエルレイの匣の力で超幽魔パワーに変えて、再生したのです。自分たちの力が利用され、粘菌ツリーが自分たちをおびき寄せるエサに過ぎなかったことを知るアラタたち。膜インの真の目的は、地底に粘菌ネットワークを広げ、最後には地球そのものになること。これを阻止しようと、膜インに向けゴセイバスターを放つアラタたちですが、ダメージはなし。襲いかかる筋グゴンの猛攻を受け、アラタたちは変身を解かれてしまいます。そこにデータスから通信が入り、世界中で地面がブヨブヨになり、地球の膜イン化が始まっていることを知らされるアラタたち。被害は広がる一方・・・しかし、都庁を取り込んだ膜インに対して、どうやって・・・アラタは都庁に突入することを提案し、ゴセイナイトが筋グゴンを食い止めている間に、アラタたちは都庁に向かいます。
 
「彼らのターン、邪魔させはしない!」

しかし筋グゴンは、「幽魔ホールの餌食だ。」と笑います。幽魔ホールとは一体・・・?データスから幽魔ホールについて聞かされるアラタたち。幽魔ホールは、ある種のブラックホールのような空間。アラタたちは幽魔ホールへ突入しようとしますが、望が止めます。そんな空間に入ったら、戻ってこれなくなるかもしれない。心配する望に、アラタは絶対に戻り、一緒に望の誕生日を祝うことを約束します。

 アラタたちは変身し、都庁に突入。ビービ兵を蹴散らし、先に進むと、そこには膜インの姿が。幻である膜インにおびき寄せられるアラタたちですが、「ランディックバレット」で中枢への道を開きます。そして超天装したアラタたちは、膜インの分身を蹴散らし、ついに膜インの心臓にたどり着きます。その力に苦戦するアラタたちですが、彼らは諦めずに力を振り絞り、「ミラクルゴセイダイナミック」で膜インを撃破します。これに動揺した筋グゴンの隙をつき、反撃に転じるゴセイナイト。追い詰められた筋グゴンは、ビービ虫を使って巨大化してしまいます。これにゴセイグランドに合体して応戦するゴセイナイト。

 膜インを倒し、街からブヨブヨが消え始めるも、幽魔ホールの収縮が始まってしまいます。このままでは、アラタたちは脱出できないだけではなく、幽魔ホールと共に消滅してしまう・・・消えゆく空間の中、それでも諦めないアラタたち。彼らとの通信が途絶え、望は涙を流しますが、そこにマスターヘッドから通信が入り、究極の手段を使うと言います。その手段とは・・・?

 消えゆく空間の中、マスターヘッドの声を聞くアラタたち。マスターヘッドは、今ある全ての力を注ぎ込み、天の塔の礎を送り込みます。これは護星界の民が持つ全てのゴセイパワーの結晶。そして、巨大化したミラクルゴセイヘッダーたちが天の塔の礎に組み込まれ、ゴセイアルティメットが誕生します。アラタはこれに乗り込み脱出しますが、マスターヘッドの力が途絶えてしまいます。

 筋グゴンの猛攻を受け、合体を解除されてしまうゴセイナイト。彼のピンチに、エルレイの匣を破壊し、幽魔ホールから脱出したアラタたちが駆けつけます。そしてゴセイアルティメットは、マシンモードからロボモードに変形!!

「ゴセイアルティメット降臨!!」

ゴセイアルティメットは圧倒的な力で筋グゴンを追い詰め、アラタたちは「アルティメットチャージカード」を天装!!

「俺たち護星天使が、悪しき魂に天罰を下す!!」

「アルティメットストライク」で筋グゴンを撃破するゴセイアルティメット。

 戦いの後、データスからマスターヘッドの生体反応が消えたことを知らされるアラタたち。天の塔の礎もなくなり、アラタたちは孤立無援になってしまった・・・でも、自分たちが頑張るしかない、今まで以上に・・・ゴセイナイトと共に、この地球の平和を守り続けることを誓うアラタたち。でも、今日は望の誕生日。今はみんなで彼の誕生日を祝います。

 次回、新たなる敵、マトリンティス帝国襲来!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

君は僕の心臓の一部だ

キュアムーンライト、ついに復活ですっ!!

comment iconコメント

コメントの投稿



trackback iconトラックバック

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)