食事の準備をするハカセとアイム。トレーニング中のジョー。そんな中、新聞を読んでいるルカから、自分たちの賞金が、5人合わせて330万と100ザギンだったのが、675万と1000ザギンに大幅アップしたことを知らされます。それ、どこの新聞だよ!!

 ちなみに、それぞれの賞金額は・・・

 マーべラス 300万ザギン

    ジョー 200万ザギン

     ルカ 75万ザギン

    ハカセ 1000ザギン

    アイム 100万ザギン

ハカセだけ、賞金が他の4人に比べて異様に少ない・・・それを聞いたマーべラスは、ナビィに「お宝ナビゲート」を頼みます。ナビィから、「探し物なら、警察に行けばいいぞよ。」と教えられるマーべラスたちですが、賞金首の彼らが警察に行くって、自ら捕まりに行くようなものでは・・・?

 海賊が警察に行っても、大丈夫なのか?ナビィのナビにケチをつけるルカですが、この間の「黒い服を着た人」は、結局当たっていたので、行ってみる価値は・・・とハカセが話しているうちに、マーべラスが一足早く、署に入ります。そこで彼は、S.P.D=スペシャルポリス・デカレンジャーである元デカイエローのジャスミンこと礼紋茉莉花に、諸々の海賊行為で手錠をかけられ、警官たちから拳銃を向けられてしまいます。

「おとなしく全員、お縄につくべし!!」

と駆けつけたルカたち4人も逮捕しようとするジャスミン。彼らはマーべラスの送った合図に気づき、

「そういうことなら・・・全員、逃げるべし!!」

と逃走します。ジャスミンの「べし」を「べし」で返すルカ、ナイス!!何気にイエロー同士のやり取りがいい!!ルカたちが逃走するのと同時に、マーべラスは手錠をかけられたまま、蹴りで警官たちを一蹴し、逃走しますが、彼の前に宇宙警察地球署署長のドギー・クルーガーが現れます。アヌビス星人であるドギーは、鼻が利くのだ。彼にモバイレーツを没収されるマーべラスですが、そこで2人はザンギャックの姿を目撃します。ザンギャックは、地底ミサイルで世界各地の大都市を同時多発的に大爆発させようと企んでいたのです。インサーン曰く、地底ミサイルには、かなりの開発費がかかっているんだとか・・・あと2時間で、すべての地底ミサイルが全世界に向けて発射される・・・この地底ミサイルを起動させたのは、トリガー星人・ブラムド。いくつもの星を破壊した罪で、デリート判決が出ているザンギャックの一員です。ドギーはコンソールの破壊を試みますが、そこでタイミング悪く、マーべラスのモバイレーツにアイムからの着信が届き、2人はブラムドに見つかってしまいます。

 一方、ルカはハカセにマーべラスの探知を頼み、ジョーたちと彼を捜しに向かいます。

 ゴーミンに応戦するマーべラスとドギー。手錠をかけられたままでも、ゴーミンを圧倒するマーべラスですが、ブラムドに追い詰められてしまいます。そんな彼を救い、撤退するドギー。マーべラスは、手錠を外し、モバイレーツを返してくれたら、地底ミサイルの発射阻止に協力すると言いますが、ドギーは海賊の言うことなど信用できないと却下します。ミサイルを止めたら、マーべラスを必ず捕まえに行くと言い、ドギーはミサイルの阻止に向かいます。しかし、彼はマーべラスを庇った時、ブラムドの銃弾を受けていたのです。ドギーの血痕に気づき、これを知ったマーべラスは・・・

 ハカセが探知した場所へと向かうジョーたちですが、そこにスゴーミンとゴーミンが立ち塞がります。宇宙警察に追われているはずのマーべラスが、ザンギャックとの面倒に巻き込まれた?ジョーたちは変身し、応戦します。

 一方、コンソールの破壊を試みるドギー。あと45分・・・様子をうかがう彼は、自分の流した血でブラムドに気づかれてしまい、窮地に陥りますが、そこにマーべラスが駆けつけ、彼を救います。

 まどろっこしいゴーミンに対し、ジョーたちはゴーオンジャーに豪快チェンジ!!

   ジョー→ゴーオンブルー

    ルカ→ゴーオンイエロー

   ハカセ→ゴーオングリーン

   アイム→ゴーオンブラック

そして、さらにダイレンジャーに豪快チェンジ!!

   ジョー→テンマレンジャー

    ルカ→キリンレンジャー

   ハカセ→シシレンジャー

   アイム→ホウオウレンジャー

キリンレンジャーの酔拳がいい!!ゴーミンを一掃した4人は、「気力ボンバー」でスゴーミンを撃破し、マーべラスの元へと向かいます。

 自分を庇ってケガをしたドギーを助け、借りを返したと言うマーべラス。「ザンギャックと宇宙警察の両方に追われて、逃げ切れるはずがない。」と言うドギーに、マーべラスは、

「知った事か。俺たちは、俺たちの誇りを持って、この宇宙を旅してきたんだ。その誇りを守るためなら、徹底的に戦う!!たとえ、海賊と呼ばれようが、たとえ・・・全世界を敵に回そうがな!!」

と言います。マーべラスの言葉を聞き、彼の誇りを信じたドギーは、マーべラスの手錠を外し、モバイレーツを返します。

 地底ミサイル発射まで、あと1分。そこに1人現れたマーべラスは変身し、ゴーミンを蹴散らして、見事にミサイル発射を阻止します。そこにジョーたちも駆けつけ、ブラムドに立ち向かいます。

「派手に行くぜ!!」

そして、デカレンジャーに豪快チェンジしたマーべラスたちは、見事なチームワークでブラムドを撃破します。

 インサーンの手により巨大化したブラムドに、ゴーカイオーで応戦するマーべラスたち。自ら地底ミサイルを発射しようとするブラムドですが、ミサイルをゴーカイオーに取り上げられてしまいます。

「こんな物騒な物は、持ったり作ったり、持ち込んだりしてはいけません!!」

アイム、何気に非核三原則・・・ゴーカイオーは取り上げた地底ミサイルを、地球と月の間の軌道上にいるザンギャック艦隊に投げつけます。そんな彼らにドギーは、今のマーべラスたちなら、デカレンジャーの大いなる力を使いこなせると言います。デカレンジャーのレンジャーキーが輝き出し、マーべラスたちはこれをコックピットにセット!!

「完成、デカゴーカイオー!!」

ゴーカイオーからパトストライカーが発進し、ブラムドを攻撃、再びデカゴーカイオーに合体し、銃撃戦でブラムドを追い詰めたマーべラスたちは、「ゴーカイフルブラスト」でこれを撃破します。

 戦いの後、警官たちに拳銃を向けられるマーべラスたち。そこに元デカレッドのバンこと赤座伴番が現れます。彼はドギーに特命調査の報告にやって来て、ゴーカイジャーの行ったとされる海賊行為は、ザンギャック帝国が捏造したものだったことを報告します。マーべラスに代わり、ドギーに肩を貸すバンは、

「俺たちの力を下手に使ったら、許さねえぞ!!俺は、ボスほど甘くねえからな!!」

とマーべラスに言います。これを聞き、彼は、

「フン・・・文句があるなら、いつでも来ていいぜ!」

と言い、仲間たちと去って行きます。

 今回はバンとジャスミンより、ドギーの方が目立ってたな・・・マジレンジャーの力の源は「勇気」だったけど、デカレンジャーは何だったの?「誇り」かな・・・?

 ダイレンジャーへの豪快チェンジはうれしかったけど、リュウレンジャーが登場しなかったのが残念・・・今後の登場に期待です!!

 次回、ルカファン必見!!彼女がメイドに?性格的には、アイムの方が合っていると思うけど・・・ルカが働く屋敷にある「金のなる木」とは・・・?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

第6話 一番大事なもの

翼に風を!!銀河に歌を!!

comment iconコメント

コメントの投稿



trackback iconトラックバック

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)