山中で寿司屋台を引く青年が、「待ってろよ、シンケンジャー!」と、叫びますが彼の正体は・・・?一方、シンケンジャーは隙間センサーの反応で、アヤカシがいると思われる現場に向かいますが・・・

 駆けつけたシンケンジャーは周囲を調べますが、何の異常もありません。センサーが故障したのか?辺りを調べる中ふと、丈瑠に奇妙な風が吹きます。気配を感じた丈瑠ですが、特に異常はありません。シンケンジャーが屋敷に戻る中、入れ違いで先ほどの寿司屋台を引く青年が現れます。

 屋敷に戻り、一息つこうとする丈瑠ですが突然、矢文が飛んできます。「近日見参」と、紙には書かれていましたが、まさか、外道衆?しかし彦馬によると、屋敷にはモヂカラの結界がはってあるみたいです。それで、外道衆は直接屋敷に攻めてこられないわけね・・・ま、屋敷の場所はバレバレだと思いますが・・・しかし、結界がはってあるにもかかわらず、矢が飛んでくる・・・?

「あんまり神経質になるなよ?そんなんで疲れたんじゃ…ん!?」

と言った丈瑠が、「何かいる・・・!」と、何者かの気配を感じますが、丈瑠以外は誰ひとり、他の者の気配に気が付きません。それでも何かがいると言う丈瑠ですが、やはり何もいません。丈瑠が神経質になってしまったのか?

 一方、寿司屋台を引く青年は、「もうすぐだ・・・もうすぐだぜ!」と、チラシを書いていますが、彼の屋台の生簀には、烏賊の折神らしきものがいました。よく見るともう一匹確認できますが・・・
 夜に書類を書く丈瑠は再び気配を感じ、シンケンマルで斬りつけますが、やはり何もいません。屋敷内にも何の異常はなく、流ノ介たちは矢文の正体を探ることにします。

 丈瑠を除く流ノ介たち4人は、矢文の正体を探るために以前、隙間センサーの反応があった場所を調べます。ことはは、寿司屋台を引く青年からチラシを受け取ります。チラシを受け取って、「ありがとう!」って、ほんとにことははいい子です!!しかし、ことはが受け取ったチラシには、「近日見参」の文字が。しかも、矢文の文字と同じ字体であり、茉子が青年に詰め寄ると、明らかに犯人なのでしょうが、青年はとぼけて、「よーし、わかった!俺の寿司食ったら教えてやる。」と、流ノ介たちに寿司を握りますが、出された寿司はわさび寿司であり、流ノ介たちが辛さに苦しむ間に、「お代はいらねえよ!」と、青年は逃げます。屋台を引いているにもかかわらず、すげー逃げ足早っ・・・

 そんな中、彦馬から丈瑠が一人で清浄之谷に行ったと連絡が入ります。矢文の犯人である青年をほっておくことができず、流ノ介と茉子が清浄之谷に向かい、千明とことはは、青年を追うことにします。

 清浄之谷に訪れた丈瑠を見つめる気配・・・そう、気配の正体は外道衆のアヤカシ、イサギツネ。骨のシタリの命令で、志葉家の封印の文字を探るために、丈瑠を監視していたのです。のぞきとは悪趣味な奴め・・・どうせのぞくなら、茉子姉さんかことはを・・・いや、すいません。失礼しました・・・
人気のないところで、丈瑠が封印の文字の修行でもするのかと思いきや、丈瑠は周囲に煙を発生させ、姿を消します。丈瑠の姿を確かめるために、イサギツネは清浄之谷へ向かいます。

 一方、青年を追いかける千明ですが、追いつけません。しかし、ことはが先回りしていてはさみうちになりますが、Uターンして逃げます。

 清浄之谷に現れたイサギツネですが、獅子折神に鏡を奪われ、泉に隠れていた丈瑠の攻撃を受けます。そこに駆け付ける流ノ介と茉子。丈瑠は入浴時に水に潜ると気配が弱まることに気づき、この清浄之谷の泉なら、完全に妖術を断ち切れるみたいで、アヤカシをおびき寄せたのでした。イサギツネは最初に隙間センサーが反応した時に、丈瑠の髪の毛を奪い術を施したようですが、鏡は丈瑠に破壊されてしまいます。鏡を失ったイサギツネの妖術に苦戦するシンケンジャー3人。丈瑠はアヤカシの妖術で心身ともに消耗してしまい、ピンチに陥る中、寿司屋を追いかけていた千明とことはが駆けつけます。「シンケンマル五重の太刀」をぶつけますが、イサギツネはそのまま技をシンケンジャーに返してしまい、さらにイサギツネ自身も「シンケンマル五重の太刀」を真似してシンケンジャーにぶつけます。自らの技をくらい、変身を解かれてしまうシンケンジャー。そこにイサギツネに割り箸の爆弾がぶつけられます。

「待て、待て、待てーい!よう!危なかったな、お前ら。外道衆、俺が相手してやる!」

と、寿司屋の青年が現れます。予想外の登場に戸惑うシンケンジャー。どうやら「近日見参」の場面を待っていたみたいで、スシチェンジャーに寿司ディスクをセットし、

「いらっしゃい!一貫献上!」

と、シンケンゴールドに変身します。どうやら、スシチェンジャーが「シャリ」で、秘伝ディスクを「ネタ」に見立てているみたいで、彼の秘伝ディスクは折りたたみ式なのですね!シンケンジャーに6人目がいた?予想外の展開に反応できないシンケンジャー。誰もシンケンジャーに6人目がいることを知らず、ことはは「ピカピカやし。」って、つっこむ所が違う!!シンケンゴールドにイサギツネはナナシ連中をぶつけますが、シンケンゴールドの居合により瞬殺されてしまいます。シンケンゴールドの逆手一文字の剣術でナナシ連中は次々と切り捨てられ、一掃されてしまいます。木から落ちたり、木まで切ったり多少ドジですが、かなりの強さです!!イサギツネの妖術に苦戦するシンケンゴールドに、丈瑠が加勢し、シンケンゴールドの「サカナマル百枚おろし」でイサギツネは撃破されます。
  
 二の目になったイサギツネにテンクウシンケンオーで立ち向かいますが、イサギツネは妖術で透明になり、気配も殺気もない状態で攻撃できずにテンクウシンケンオーは苦戦します。そんな中、シンケンゴールドがスシチェンジャーで烏賊折神を呼び出します。烏賊折神を見て、何かを思い出す丈瑠。烏賊折神の「イカ墨砲」でイサギツネはいぶり出され、テンクウシンケンオーの「天空唐竹割り」でイサギツネは撃破されます。これにて、一件落着・・・?

 寿司屋台を引いて現れるシンケンゴールドに説明を求める流ノ介と千明ですが、

「お前・・・源太か?」

と言う丈瑠に、

「久しぶりだな 丈ちゃん!会いたかったぜー!丈ちゃん!」

どうやら丈瑠と源太こと、梅盛源太は幼馴染みたいですね。彼の正体は・・・?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ネガの世界

ヒ ヒ ヒ ヒビキ!!

comment iconコメント

コメントの投稿



trackback iconトラックバック

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)