かつてマーべラスと同じく、「赤き海賊団」に所属していたバスコ・タ・ジョロキア。自分たちを裏切った彼と、マーべラスは決着をつけようと勝負に挑みますが、バスコはレンジャーキーの力でマーべラスたちを圧倒し、ジョーたち4人を連れ去ってしまいます。

 ジョーたちのモバイレーツの位置情報を追うマーべラスですが、彼らの居場所はつかめません。そんな中、マーべラスのモバイレーツに、バスコから連絡が入ります。

 マーべラスに取り引きを持ちかけるバスコは、4人と引き換えに、自分が「赤き海賊団」を裏切ったあの日、手に入れるはずだった物を全部よこせと言います。つまり、それは宇宙最大のお宝探しに必要な全てのレンジャーキーとゴーカイガレオン。そして、ナビィを意味します。バスコは取り引きに従えないなら、ジョーたちをザンギャックに売ると言い、マーべラスに考える時間を与えます。

 一方、ジョーたちは何とか逃げ出そうと画策します。ルカがバスコに従うとウソを言い、逃げるチャンスをうかがいますが、人を信じていない彼には、この手が通用しません。宇宙猿のサリーにより、牢屋にぶち込まれるジョーたち。きっとマーべラスは、自分たちを助けるために、バスコとの取り引きに応じる。そうなる前に、ここから逃げないと・・・そこで、ハカセがサリーを自分の仲間だと思わせ、手なずけようとしますが、失敗してしまいます。サリーは牢から離れてしまいますが、これにジョーは、「あの猿をよく追い払った。」と言い、4人は通風孔を通って脱出を試みます。しかし、通風孔を出た先の部屋には、これを読んでいたバスコが待ち構えており、失敗に終わってしまいます。

 バスコの言う通り、何かを得るためには、何かを捨てなければならないのか?苦悩するマーべラスは、アカレッドとの出会いを思い出します。「赤き海賊団」に所属する前、何の目的もない海賊だったマーべラスは、偶然見つけたレンジャーキーの価値を知りませんでした。それを探すアカレッドと出会い、伝説だと思っていた宇宙最大のお宝が実在することを知ったマーべラス。

「君が諦めたのでは、手に入らない。あとは君の決断だけだ。」

アカレッドの言葉を思い出したマーべラスは、ある決心をします。

 バスコに連絡を入れるマーべラス。その後、指定した場所でジョーたちを連れたバスコと対面したマーべラスは、自分は何も渡さず、仲間たちも返してもらうと言います。何も捨てずに何かを得ると言うマーべラスに、無理なことだと言うバスコですが、マーべラスは、

「欲しいもんは、全部この手でつかみ取る!それが海賊ってもんだろ?」

と言い、レンジャーキーの入った宝箱を宙に投げつけます。宝箱が開き、飛び出すレンジャーキーの中に、マーべラスのモバイレーツを見つけたジョーは、ハカセにモバイレーツを顔でキャッチさせ、口にくわえたシンケングリーンのレンジャーキーをモバイレーツに装填し、ハカセをシンケングリーンに豪快チェンジさせます。これにより、サリーからモバイレーツを取り戻したジョーたちは、マーべラスと共にゴーカイジャーに変身し、バスコが召喚した10人のスーパー戦隊に応戦します。

「派手に行くぜ!!」

マーべラスたちがスーパー戦隊と戦っている間に、散らばったレンジャーキーを回収しようとするバスコですが、一足早く、ナビィがすべてのレンジャーキーを回収し、飛び去ってしまいます。さすがナビィ!仕事が早い!!5対10。1人につき、2人相手で苦戦を強いられるマーべラスたちですが、これを連係プレーで応戦。「ファイナルウェーブ」を発動させ、10人のスーパー戦隊を撃破しますが、バスコはサリーの腹から、リキッドロイドのワテル君を召喚し、退散してしまいます。

 ワテルに対し、ゴーカイオーで応戦するマーべラスたちですが、すばしっこくてパワーもあるワテルに苦戦を強いられます。押してダメなら、引けばいい!!反撃に転じるマーべラスたちはシンケンゴーカイオーに合体させ、烈火大斬刀による「ゴーカイ侍斬り」で、ワテルを撃破します。

 大いなる力は見つからなかったけど、新しいレンジャーキーを15本もゲットできた!!今思えば、ナビィの占いは大いなる力のことではなく、レンジャーキーのことだったのか?しかし、バスコはまだレンジャーキーを所持していたのでした・・・

 次回のお話は、劇場版の後の出来事!!6人目の戦士、伊狩鎧が変身するゴーカイシルバーが登場!!スーパー戦隊をこよなく愛し、マーべラスたちの仲間になりたいと言う彼は、如何にしてゴーカイジャーの力を手に入れたのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

新たなるガンダムシリーズ始動!!

ショック・・・

comment iconコメント

コメントの投稿



trackback iconトラックバック

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)