食事を終え、デザートを食べるマーべラスたち。そんな中、ゴーカイガレオンに謎のロボットが降って来ます。その正体は・・・?

 ロボットの正体は、炎神戦隊ゴーオンジャーと一緒に戦った水先案内ロボのボンパーでした。ゴーオンジャーとは、世界を汚そうとする悪のガイアークに対し、マシンワールドからやって来た炎神と共に戦ったスーパー戦隊です。ボンパーによると、この世界は11の次元が薄い膜のように重なってできており、人間が住むヒューマンワールド、炎神たちが住むマシンワールド、他にもサムライワールドやクリスマスワールドなどのいろいろな次元があるみたいです。これを初めて聞いたマーべラスたちは、イマイチ理解していませんが、そんな彼らにボンパーは、連れて行ってほしいところがあると言います。

 ボンパーの頼みを聞き、やって来たのはサーキット場。そこでボンパーは、ゴーオンジャーの元ゴーオンレッド・江角走輔と再会します。鎧もいつも通り、大はしゃぎで走輔に自己紹介をしますが、ボンパーはマーべラスたちがゴーカイジャーとは知らずに、ここまで連れて来てもらったみたいです。ゴーオンジャーのゴーオンレッドだった走輔に、アイムは以前授かった大いなる力のお礼を言います。それを聞き、走輔が何かを言おうとしますが、ボンパーが、ガンマンワールドにガイアークの生き残りが現れたと言います。すぐに炎神たちが駆けつけ、次元に亀裂が入るほどの戦いとなったみたいですが、ガイアークの保蛮官であるチラカシズキーに炎神の力を奪われ、スピードルたちは戦えなくなったみたいです。それを聞き、マッハで駆けつけ、ガンマンワールドを助けると言う走輔ですが、助けに行く理由がないマーべラスたちは乗り気ではありません。それを聞いた走輔は彼らを頼りにせず、ボンパーを連れて行ってしまいます。

 炎神がいないと、自由に次元を移動できないボンパーは、次元の亀裂からやって来たと言います。自分一人でもガンマンワールドを救ってみせると言う走輔は、トランポリンや棒高跳びで次元の亀裂に飛び込もうとしますが、届くはずがありません。ガンマンワールドは走輔の世界でもなければ、相棒である炎神の世界でもない。なぜ走輔がそこまで必死なのか理解できないマーべラス。走輔は、「誰かを思う気持ちに、生まれ育った世界が違うとか、そんなの関係ねえだろ!」と言います。彼の思いを聞いたマーべラスたちは納得し、走輔とボンパーをガンマンワールドに連れて行ってやると言います。ガレオンに乗り込み、次元の亀裂に飛び込むマーべラスたちですが、それを見て、不気味に笑う謎の人影が・・・

 ガンマンワールドにやって来たマーべラスたち。自分たちの世界がザンギャックに侵略されているように、ここではガイアークによって、人々の安全が脅かされている。そこで人々の悲鳴がし、マーべラスたちはウガッツに襲われているガンマンワールドの住民たちを目撃します。一人でもガンマンワールドを守ってみせると言う走輔は、ウガッツに立ち向かいますが、ウガッツの大群が現れ、住民たちと逃走します。そこで気に入らねえもんはぶっ潰すと、マーべラスたちはゴーカイジャーに変身してウガッツに立ち向かい、走輔は住民たちを逃がします。マーべラスたちはバトルフィーバーJに豪快チェンジ!!

 マーべラス→バトルジャパン

    ジョー→バトルフランス

     ルカ→バトルコサック

    ハカセ→バトルケニア

    アイム→ミスアメリカ

ペンタフォースでウガッツたちを攻撃し、さらにマーべラスたちは、チェンジマンに豪快チェンジ!!

 マーべラス→チェンジドラゴン

    ジョー→チェンジペガサス

     ルカ→チェンジマーメイド

    ハカセ→チェンジグリフォン

    アイム→チェンジフェニックス

ドラゴン、ペガサス、マーメイド、グリフォン、フェニックスアタックでウガッツたちを一掃するマーべラスたち。走輔は、傷ついたスピードル、バスオン、べアールVを見つけます。

 助けてもらったお礼にと、店主からご馳走になるマーべラスたち。スピードルたちも回復し、彼らを珍しがるハカセたち。そんな中、スピードルとべアールVが結婚したと聞き、走輔はビックリします。他の炎神たちは、チラカシズキーとの戦いで傷ついた体を休めているみたいで、バスオンは、「マッハルコンのヤツがいれば、こんな無様な負け方をしなかったかもしれねえんだがな・・・」と言います。走輔も知らない炎神のマッハルコン。実は、スピードルとべアールVの息子なのですが、グレてしまったみたいです。そこにチラカシズキーが現れ、マーべラスたちに決闘を申し込みます。マーべラスたちが勝てば、ガイアークはガンマンワールドから出て行く。しかし、チラカシズキーが勝てば、住民もろともまとめて処刑すると言います。全然、公平ではない条件。この勝負、せっかくの飯の時間を台無しにされ、怒ったマーべラスが受けることになります。

 走輔が放ったコインが地面に落ちるのを合図に、勝負を開始するマーべラスとチラカシズキー。しかし、チラカシズキーはコインが地面に落ちる前に発砲します。チラカシズキーの放った弾丸を、弾丸で弾き落とすマーべラス。偶然だと言い、乱射するチラカシズキーですが、すべての弾丸をマーべラスに弾き落とされてしまいます。チラカシズキーはウガッツたちを呼び、マーべラスを取り囲みますが、ジョーたちがウガッツたちに発砲します。もはや、勝負など関係ない。マーべラスたちはゴーカイジャーに変身し、チラカシズキーに立ち向かい、さらにデカレンジャーに豪快チェンジ!!

 マーべラス→デカレッド

    ジョー→デカブルー

     ルカ→デカイエロー

    ハカセ→デカグリーン

    アイム→デカピンク

      鎧→デカブレイク

連携攻撃でチラカシズキーを追い詰め、ゴーカイシルバー・ゴールドモードに変身した鎧は、「ゴーカイレジェンドリーム」を放ち、マーべラスたちは、ゴーカイガレオンバスターでチラカシズキーを撃破します。

 巨大化したチラカシズキーに対し、ゴーカイオーと豪獣レックスで応戦するマーべラスたち。マーべラスたちはゴーオンジャーの大いなる力を使おうと、レンジャーキーをセットしますが、何も起こりません。確かに、大いなる力はもらったはずなのに、なぜ・・・?マーべラスたちはハリケンゴーカイオーに合体させ、豪獣神に変形させた鎧と共に反撃を開始します。ハリケンゴーカイオーの「ゴーカイ無限手裏剣」をさばくチラカシズキーですが、弾切れを起こしてしまい、豪獣神の「トライデントモード」、「豪獣トリプルドリルドリーム」を受け、ハリケンゴーカイオーの「ゴーカイ風雷アタック」で撃破されてしまいます。

 戦いの後、ヒューマンワールドでは、先ほどの謎の人影が、次元の亀裂を閉じてしまいます。

 チラカシズキーを倒し、これでひと安心。しかし、なぜゴーオンジャーの大いなる力は発動しなかったのか?それを聞いた走輔は、何かを言おうとしますが、その時、ガンマンワールドの次元の亀裂が塞がっていきます。そこに、ガイアークの害統領(二代目)であるババッチードの声が。謎の人影の正体は彼であり、鎖国バリアでヒューマンワールドを封鎖したと言うババッチード。これでマーべラスたちは、ヒューマンワールドに戻ることができない。ガンマンワールドの侵略は、マーべラスたちをヒューマンワールドから追い出すための囮作戦だったのです。ヒューマンワールドに危機が迫る!!

 次回、ヒューマンワールドに戻ることができなくなったマーべラスたちは、マシンワールドへ!!ゴーオンジャーの大いなる力を発動させるための条件とは?そして、ゴーオンゴーカイオー登場!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

今週のビックリドッキリメカ、発進!!

ほむら☆マギカ

comment iconコメント

コメントの投稿



trackback iconトラックバック

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)