電子モヂカラで「海老折神」を作り出した源太。モヂカラの稽古をしているうちに、折神は文字のプログラムみたいなものだと理解して作り上げたみたいですが、どうやらモヂカラがまだ足らずに動かないみたいです。一同が感心する中、流ノ介だけは源太を侍と認めようとはせず、源太と衝突し・・・

 今週からOPにシンケンゴールドが加わり、未登場の「ダイカイオー」も登場しています。

 流ノ介に侍として認めてもらいたい源太。侍らしい生活を心がけようと流ノ介を研究しようとしますが、流ノ介の生活は時計の秒針並みに性格で・・・

 早朝、ランニングに出掛ける流ノ介は女性の悲鳴を聞きます。

「聞こえたか?源太。」

 自分のあとをつけていた源太に気づいていた流ノ介は、源太とともに悲鳴が聞こえた場所へ向かいます。そこでは骨のシタリが昔、三途の川とつながっていた井戸にもう一度、三途の川の水を呼び込むため、若い女性を殺して井戸に放り込み、三途の川の呼び水にしようと企んでいました。どうやら血祭ドウコクは封印の文字の後遺症で水切れがひどくなり、三途の川から出られなくなったようです。

 外道衆の様子をうかがっていた流ノ介は丈瑠に連絡しようとしますが、通じません。源太のスシチェンジャーも通じません。2人の気配に気づいたシタリが攻撃をしかけます。ドウコクの知恵袋と言うだけでなく、戦闘力もそれなりにありそうです。シタリはオイノガレを2人に差し向けます。オイノガレの「三途の油地獄」をくらい、刀が握れなくなった2人は素手で立ち向かいますが、油で滑り攻撃が通じず、シタリの攻撃で吹き飛ばされてしまいます。

 一方、志葉家ではモヂカラの稽古が始まる時間になりますが、時間に正確な流ノ介が戻らない事を不審に思う丈瑠は・・・

 山に張られた結界のせいで、丈瑠と連絡がとれない流ノ介と源太。捕らわれた女性を救うため、傷を負った源太を置いてナナシ連中に立ち向かう流ノ介ですが、後ろをつかれピンチのところを源太が救います。源太の覚悟を知り、ともに助けに向かいます。時間に正確な流ノ介が遅れれば、丈瑠たちが来てくれる・・・

 変身してナナシ連中に立ち向かう流ノ介と源太。女性が殺される間一髪のところで、流ノ介と源太が駆けつけ、女性たちを逃がします。オイノガレの「三途の油地獄」を再びくらい、油で滑り攻撃が通じず、ピンチになりますが、丈瑠たちが駆けつけます。結界が張られてるのによく場所がわかったな・・・オイノガレの「油地獄」も丈瑠の炎の前ではまさしく「火に油を注ぐ」ようなもので、大ダメージを受け、流ノ介と源太の「水流百枚おろし」でオイノガレは撃破され、爆発に巻き込まれ井戸も破壊されてしまいます。

 二の目になったオイノガレにイカシンケンオーで立ち向かいますが、オイノガレの油で滑り攻撃が通じません。オイノガレの「三途の油地獄」をくらい侍武装を解除されますが、「イカ墨砲」で切り抜け、再びイカシンケンオーに侍武装し、「槍イカ一閃」でオイノガレを撃破します。最後は結局、一本締めで締め、これにて一件落着!!

 次回はついに海老折神が動くみたいです!!ダイカイオーの活躍に期待です!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ディエンドの世界

「EVA-EXTRA04」レビュー

comment iconコメント

コメントの投稿



trackback iconトラックバック

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)