先日、「Persona4 the ANIMATION -The Factor of Hope-」を観てきました!!


 ※マウスオーバーで画像が変わります。
 
 鑑賞順でいくと、機動戦士ガンダムUC episode5「黒いユニコーン」のレビューを先に書かなくてはいけないのですが、そちらの方はもう一度Blu-rayを観返し、今月中には公開したいと思います!!書いた以上は必ず守ります!!それがこのブログのモットーですから!!それでも遅い方だけどね・・・ま、期待しないで待ってやってね!!

 僕は、ペルソナシリーズのゲームをプレイしたことはありませんが、「Persona4 the ANIMATION」は個人的にツボにハマるおもしろさだったので、劇場でイベント上映されると知り、公開初日に観に行きました。こんなにおもしろくなるんだったら、Blu-rayを買っとけばよかった・・・残念ながら、近くのレンタルショップに置いてないし・・・今から全巻一気買いしても、どのお店でもスタンプシートはもらえず、全巻収納BOXはもらえないよね・・・?おまけに、Blu-rayで全巻揃えると、8万近くかかるし・・・うーん、数年後にBlu-ray BOXで発売されることを信じて待つことにします!!もちろん、出るよね?

 入場者にオリジナル・フィルムステッカー(全7種類からランダム配布)が1枚もらえます。



 りせちーのフィルムはうれしいけど、クマのフィルムが欲しかった・・・

 この「Persona4 the ANIMATION -The Factor of Hope-」はTVシリーズ全25話と、TV版未放送エピソードであり、ディスクのVol.10に収録される「True End Episode」を再編集して描かれた内容です。稲羽市で起こった連続殺人事件を振り返る形で話が進むのですが、展開が早いので、TV版を観ておられない方々には、理解するのが少し難しいかもしれません。逆にTV版を観ておられた方々には、観やすくなっているんじゃないかなと思いました。

 実は言うと、僕はこの劇場版を観に行く前日まで、「Persona4 the ANIMATION」の録画がたまっている状態でした。後番組である「エウレカセブンAO」をまだ1話も観ていなかったのは、こんな理由もあったのさ!!でも、公開前日までにTV版を消化してから劇場版を観たせいか、話の内容がよく理解できてよかったですね。リアルタイムで観ていたら、多分、内容を忘れていたでしょう・・・

 TV版ではアメノサギリを倒した後、主人公である鳴上悠が仲間たちと別れて終わるのですが、この劇場版では、別れの日までの残された日々を過ごす悠たちが描かれ、TV版では登場しなかった真のラスボスが現れます。全ての伏線が明かされる真のエンディングは必見です!!

 ネタバレなしのアバウトな感想ですが、ペルソナとシャドウの迫力あるバトルシーン、そしてバトルをを盛り上げるBGMが劇場ならではの環境で味わえ、クスッと笑えるギャグシーンもあって最高でした!!90分、あっという間でしたね・・・

 エンドロールが終わった後も、物語は続きます。さらにサプライズが!!

 劇場版「ペルソナ3」制作決定!! 
 
 この発表に、館内からどよめきが起きました。ゲームをプレイしていないのでよくわかりませんが、「ペルソナ3」って、名作なのでしょうか?公開は早くて来年かな?それは置いといて、「Persona4 the ANIMATION」が好きな方は、ぜひ劇場で「Persona4 the ANIMATION -The Factor of Hope-」を観てください!!ディスクのVol.10を購入される予定の方々も、観て損はないですよ!!では!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

受け止めなさい、バナージ!!

「始まり」と「永遠」の物語

comment iconコメント

コメントの投稿



trackback iconトラックバック

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)