いつもながら、ネタバレレビューが遅くなりすいません・・・

 やはり大樹を信用できないと、彼に襲いかかる慎の攻撃を受け、大樹は変身を解かれてしまいます。それでも攻撃してくる慎に、大樹から何かを感じた春香は、慎を止めます。そこにフォーティーンに操られた住人が押し寄せて来ます。その場を逃げる士たち。その先で夏海に出会い、ユウスケがローチにさらわれ、フォーティーンの意のままになるよう処理されている事を知る士。そこに現れる純一。
 
 以前、大樹はフォーティーンに仕えていましたが、純一が仮面ライダーであると知り、さらに特別施設は存在せず、大樹が開発した教育プログラムが機能していない事を知り、フォーティーンの元を去ったみたいです。純一は大樹のおかげでまっとうな人間になれたと言い、今度は自分が大樹を救うと言います。そして大樹の力を試そうと、グレイブに変身して、彼に一撃浴びせます。それでも変身しない大樹。そこにローチが気を失ったユウスケを連れて襲って来ます。変身して応戦する士と大樹。しかし、今度は夏海がさらわれてしまいます。

 大樹と同じく指名手配されてしまった士。士に「お宝を集めることで信じられない自分をごまかそうとしている。」と、指摘されると大樹は声を荒げます。手を組もうと言う士を拒む大樹。さらに手を貸そうと言う春香と慎にも、

「迷惑だ。やめてくれないか。」

と、拒み、春香と慎を殴りますが、士には受け止められてしまいます。

「俺はお前を信じている。なぜなら・・・お前の弱さを知ったからだ。俺とおまえが手を組めば、お前はお前自身を信じることができる!その気持ちは・・・お前の好きなお宝だ。」

と、一応、手を取り合いますが・・・

 士は純一に、夏海と大樹を交換を申し出て、フォーティーンの立会いを要求してきました。夏海を取り戻した後、2人でフォーティーンを倒す・・・本当に単純な作戦です。士は大樹に自分の過去を教えろと言いますが、そこに純一に連れられた夏海が現れます。立ち会うフォーティーン・・・大樹は夏海とすれ違った瞬間。手に巻かれたロープをほどき、変身しようとしますが、背後から夏海に邪魔されてしまいます。夏海を振り払い、変身する大樹。同じく変身しようとする士の後ろに現れ、変身する春香と慎。純一もグレイブに変身し、ローチたちも立ち塞がります。士が純一をおさえ、大樹はフォーティーンの元に行きますが、フォーティーンは変身して巨大化してしまいました。その巨体と圧倒的な攻撃に押される士と大樹。

「違う・・・お前が作ったのは地獄だ!」

「その通りだ!お前は人間の目を閉じ、耳をふさぎ・・・心を消した!人は自分の意思で生きなければならない。どんな世界でも・・・その意思は枯れない!」

と、士はコンプリートフォームに変身して、装甲響鬼を召喚します。斬撃であっけなく撃破されるフォーティーン。鬼神覚声はないの?相変わらず棒立ちの必殺技でインパクトに欠けるな・・・フォーティーンが撃破され、消えるローチたち。夏海も自分の意思を取り戻し、純一も元に戻るかと思いきや、なんと駆けつけた春香と慎を斬りつけてしまいました。

「やっぱりな・・・」

純一は自分の意思でフォーティーンに仕えていたと言い、仮面ライダーとして戦っていたのも、反乱分子をおびき寄せるためのエサを演じていたと言います。あの気持ち悪い作り笑いも自分の意思だったのか?何この展開・・・?無理があるだろ!!そして、自分が第2のフォーティーンとなりこの世界を支配すると言い、大樹と激突します。とどめをためらう大樹・・・同じく純一も大樹にとどめをするのをやめ、
「後悔するぞ?俺を倒さなかった事を。」
と、去ってしまいます。彼が大樹にとどめを刺せなかったのは、「純一が人間の中の自由な意思を認めているから。」と、言ってますが、そうだとしても無理があるような・・・後味の悪い終わり方だな、全く・・・「ネガの世界」からどうもつまらなく感じてしまいますが、脚本は誰だ・・・?あ、納得・・・

 新たなお宝探しの旅に出た大樹・・・彼がディエンドライバーを手に入れたいきさつは、劇場版で明らかになるみたいですね。この世界の脚本は最悪だったので、劇場版の彼に期待します!!

 次回は「シンケンジャーの世界」・・・シンケンジャーとの夢のコラボですが、巨大戦はあるのか?前回のシンケンジャーのラストから話はつながるみたいですが、大樹に烏賊折神を盗まれた源太は、はたして取り戻すことができるのか・・・?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

シンケンジャーの世界

どっちを買うか・・・

comment iconコメント

コメントの投稿



trackback iconトラックバック

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)