上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 「宇宙戦艦ヤマト2199 追憶の航海」の鑑賞後レビューです!!
yamato2199-03.jpg

 今回の劇場版はイベント上映ですが、いつもの2週間限定の上映とは違い、今回は3週間上映されています。パンフには劇場版の内容の他に、ヤマト2199のイベント記録などが収録されており、お値段は1100円です。

 劇場限定版Blu-rayをゲット!!
yamato2199-04.jpg

 劇場限定版Blu-rayは、劇場によってはまだ購入することができます。イベント上映は今月いっぱいまでなので、欲しい方は在庫のある劇場に急ぎましょう!!ちなみに、Blu-rayの一般販売は11月21日です。

 劇場限定版特典の絵コンテ本、上映時間130分の絵コンテが収録されてあるだけあって、ボリュームがスゴイ・・・
yamato2199-07.jpg

 入場者特典として、「宇宙戦艦ヤマト2199 追憶の航海」シークレットファイル01がもらえます。
yamato2199-05.jpg

 シークレットファイル01は公開1週目の入場者特典で、内容は、「ドメル最後の戦い、その秘策を裏打ちした極秘情報」となっています。一応、ファイルってなっていますけど、内容は見開き2ページだけですけどね・・・

 劇場限定版Blu-rayを購入すると、購入特典としてシークレットファイル00がもらえます。
yamato2199-06.jpg

 シークレットファイル00の内容は、「デスラーがまとう青き影――親衛隊の暗躍」となっています。ちなみに、公開2週目、3週目の入場者にもらえるシークレットファイルの内容は、

 公開2週目
 シークレットファイル02:帝都攻防戦――ヤマトに救われたガミラス民族
 
 公開3週目
 シークレットファイル03:ガミラス暫定政府、険しくも明るい未来へ

となっています。

 で、2週目、3週目も観に行きました!!
yamato2199-08.jpg

 そこ、暇人とか言わない!!いや、暇人です!!ハイ・・・

 今回の入場者特典だったシークレットファイルですが、12月6日に公開される「星巡る方舟」の入場者特典とも連動しているみたいなので、「星巡る方舟」の入場者特典もシークレットファイルなのでしょうね・・・

 感想ですが、今回の劇場版は劇場公開(TV放送)された全26話を130分にまとめた総集編とは言え、新規カットが追加され、見ごたえのある内容となっています。古代進を演じた小野大輔さんと、森雪を演じた桑島法子さんのナレーションもあり、初めてヤマトを観た方にもわかりやすくなっていたかと思います。まー、全26話を130分にまとめたわけなので、かなり端折っていたとは思いますが、重要なエピソードは抑えられていたと思うので、うまくまとまっていたと思いました。

 京まふ2014で開催されたイベント「ヤマトークへおいでやす!京まふ出張版」で、桐生美影役を演じた中村繪里子さんが話されていた通り、まさかいきなりあそこから始まるとは意外でした!!そのシーンとは、冥王星での戦闘シーンなのですが、このシーン、完全にヤマトのクルーからの視点で描かれており、ガミラスの人間は一切登場しません!!冥王戦での戦闘シーンと言えば、ヴォルケ・シュルツが「反射衛星砲、発射!!」のかけ声とともにトリガーを引くカットも、個人的に見どころのひとつだと思うのですが、残念ながらシュルツさんの登場は全くありません!!それに対して、終盤でシュルツの娘であるヒルデは登場し、おまけにセリフもあるときたもんだ!!シュルツさん、娘よりも扱いがひでえ・・・ま、ヒルデは人気があるからね・・・

 今回の劇場版で、新規カットが多かったのが七色星団海戦です。TV版ではなかったコスモファルコンがヤマトに着艦されるシーンが追加され、新たな視点で見ることができます。中村繪里子さんが演じる桐生美影も、波動防壁の修理を指揮する真田副長に代わり、第一艦橋で頑張ってくれました!!京まふでのイベントでも話してくれましたが、桐生美影のセリフがあってよかったよ!!ちなみに、僕のお気に入りの女性キャラは、黒髪ロングの船務科員・船務士の西条未来です!!TV版と同じく、七色星団海戦では森雪に代わって、彼女も頑張ってくれました!!

 今回の劇場版、ヤマトがイスカンダルでコスモリバースシステムを受け取り、地球へ帰還する24話で終了し、25、26話の内容はカットされていましたが、エンドロールで沖田艦長が息を引き取るシーンと、地球を目前にしたヤマトのクルーの面々が見られました(森雪の服装がTV版とは違っていましたが・・・)。そう言えば、ヤマトを見送るスターシャが、お腹に手を当てる意味深なシーンもカットされていました。エンドロールで新規イラストが流れ、お飾りの副総統と揶揄されたヒス副総統がいいおじいちゃんになっていました!!それはいいとして、加藤三郎と結婚した原田真琴の飲酒シーンらしきイラストがありましたが、彼女は妊娠しているはずなのに飲酒させるって、お腹の子供によくないだろ!!ダメだよ!!とは言え、この劇場版では、彼女が妊娠したという描写はなかったので、実際は妊娠していなかったのかな?うーん・・・?

 12月6日に公開される「星巡る方舟」での戦闘は、大マゼラン外縁部となるみたいなので、地球への帰路で起こった、デスラーとの戦闘よりも先に起こった出来事になるみたいですが、今回の劇場版で、デスラーは第二バレガスの爆発で死んだと解釈してもいいのでしょうか?ということは森雪も死なず、TV版とは違った結末になるのかな?その点もどのように描かれるのかも注目したいと思います。中村繪里子さんが演じる桐生美影も大活躍?しそうな完全新作となる劇場版「星巡る方舟」、期待したいと思います!!

 特典付き前売り券第3弾も販売中です!!特典は、メカデザインを担当された玉盛順一朗さん描き下ろしのクリアファイルとなっています。イラストは、宇宙戦艦ヤマトとキ8型試作宙艇の2種類のどちらか1枚もらえますが、絵柄は選べません。前売り第2弾と同じく、劇場によっては今回も通常の前売り券の他に、ムビチケ付きの前売り券でも購入できます。

 「追憶の航海」は今月いっぱいまで上映されるので、これから観に行かれる方は、公式サイトで「追憶の航海」必見ポイントを観てから観に行くことをおススメします!!劇場版や前売り券の詳細は、下記リンクから公式サイトにて。

 宇宙戦艦ヤマト2199 公式サイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

勝利への道 -ウイニングロード-

風を呼ぶ少年

comment iconコメント

コメントの投稿



trackback iconトラックバック

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。