上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 前回のシンケンジャーの続きで・・・

「お前がディケイドか?」 

士に問う丈瑠。続けて、

「世界を破壊するっていうのは本当か?」

と、士に問いかけるも、過去の記憶を失っている士には否定のしようがありません。士は、

「俺を潰しに来たなら、相手になるぜ。」

と言い、カードをかざします。丈瑠もショドウフォンを構え、まさに一触即発の状態です。

「そうだ!ディケイドを排除しろ!シンケンレッド!」

と、鳴滝がわって入ります。バカだねー鳴滝!!2人を戦わせたかったら、黙って見てればよかったのに。ディケイドに侵入された世界は破壊される・・・と、ディエンドライバーで変身したチノマナコが現れます。丈瑠は変身して、チノマナコが呼び寄せたナナシ連中に立ち向かいます。士も変身して立ち向かおうとしますが、鳴滝が制します。

「お前は消えることで、世界を救える。」

呆然とする士。そんな士を見つめる夏海。

 「シンケンマル 火炎之舞」でナナシ連中を一掃し、チノマナコを退ける丈瑠。

 「お前・・・何なんだ?」

と、丈瑠は士に聞くと、

 「俺もライダーだ。通りすがりのな。」

それを聞いて大樹を追跡中の源太が、士に掴みかかってきますが、それをかわす士。どうやら、ライダー=泥棒と思い込んでいるみたいです。大樹のせいでえらいとばっちりを受けてるな・・・そこに夏海が現れ、源太を大樹のいる光写真館に案内します。
 
 光写真館にやって来た丈瑠と源太。源太は大樹に掴みかかろうとしますが、丈瑠が止めます。んで、丈瑠が写真館にやって来た事に焦る彦馬。

 一方、志葉の屋敷では、丈瑠の姿が見当たりません。黒子さんに聞いてみると・・・

 大樹は傷だらけのこんな状況でも、烏賊折神の在り処を言おうとはしません。丈瑠はチノマナコに奪われたディエンドライバー自分たちがを取り返し、それと烏賊折神を交換しようと取引を提案しますが、大樹は拒否します。ガキか、こいつは・・・大樹が出て行こうとすると、流ノ介たちが写真館にやって来ます。「ライダーは世界を破壊する」って言うのが気になってやって来たみたいですが、大樹はそれを逆手にとり、

 「よく知ってるね。こいつがその破壊者。」

と、士のカメラを奪い、

 「で、これが世界を破滅させる・・・爆弾!!」

と、カメラを流ノ介に投げ渡します。丈瑠が「早まるな。」と、言うもパニックになる流ノ介たち。

「コーヒーは何杯作ればいいのかな?」

栄次郎さんはマイペースだね・・・士が「ただのカメラだ。」と、言うも信じないシンケンジャーたちはますますパニックになります。その隙に写真館を出ていく大樹。それに気づき、彼を追いかける源太。業の煮やした夏海は、

 「いいかげんにしてください。なんで?そんなにダメですか?仮面ライダーがいたら・・・ディケイドが・・・士君がいちゃダメなんですか?どこの世界に行っても・・・こんなふうなら・・・じゃあ、士君はどこに行けば?」

と、夏海は部屋を飛び出し、現像室にこもります。そこで士の撮った写真を手に取り、たたき割ってしまいます。

 大樹を追う源太ですが、そこにはチノマナコが人々を襲っていました。仕方なく源太はチノマナコに立ち向かいます。その隙に大樹は池に沈めておいたクーラーボックスを引き上げます。源太から連絡を受けた丈瑠は、流ノ介から士のカメラを取り、士に返します。そして現場に向かうシンケンジャーたち。

 「大丈夫かな?俺たちも行かなくて。」

と、士に言うユウスケ。「この世界を守ってんのは、あいつらだ。」そう、ここはライダーのいない世界。

 「って、言うか・・・今までも必要な世界なんかなかったのかもな・・・」

 チノマナコの猛攻に苦戦する源太。そこに丈瑠たちが駆けつけますが、チノマナコはディエンドライバーで、ムースファンガイアとイーグルアンデッドを召喚します。オイオイ、「カイジンライド」って、怪人が使うとカードまで変わるのか・・・?何でもありだな・・・で、ますます苦戦するシンケンジャーたち。

 いてもたってもいられなくなったユウスケは、シンケンジャーを助けるために写真館を出て行きます。そこに栄次郎さんがコーヒーを持って来ました。遅いよ、栄次郎さん・・・丈瑠たちが迷惑をかけたと詫びる彦馬は、栄次郎さんも自分と同じく戦いの留守を守る立場であると知る彦馬。士の言うとおり、そんな大層な事じゃないけど、そういう平常心を見習いたいと言う彦馬。待つことしかできない・・・それを聞き、士はカメラのフィルムを入れ替えますが・・・

 駆けつけたユウスケは、クウガに変身してシンケンジャーに加勢しますが、それでも苦戦を強いられます。

 カメラのフィルムの交換を終えた士は、

「待つのも無駄じゃないって、気はするな・・・待ってる人間がいれば、そこが帰る場所だ。這ってでも帰って来るもんだろう。そういう場所には。」

それを聞いた彦馬と夏海は・・・士は、「主役が登場するにはいいタイミングだ。」と、写真館を出て行きます。栄次郎さんは彦馬と、帰って来るみんなのためにクッキーを作ります。

 チノマナコに追い詰められ、絶体絶命のシンケンジャーとユウスケ。間一髪のところに、士がマシンディケイダーに乗って現れます。やっぱり、ライダーはバイクに乗ってなんぼですよ!!

 「おいおい、主役の登場を盛り上げすぎだろ。ライダーは必要なくても、この俺、門矢士は世界に必要だからな。」

と、ディケイドに変身して、チノマナコに立ち向かいます。そして、再び立ち上がるシンケンジャーとユウスケ。帰るべき場所を守る彦馬のために、勝って帰れ。と言う士。そんな士に丈瑠は、

「俺はお前が破壊者だと思ってない。強いて言うなら侍の勘だ。世界は知らないが、俺たちはお前を追い出す気はない。」

「せっかくだが、この世界に居着くつもりはねぇな。何しろ俺は・・・通りすがりの仮面ライダーだ!!」

立ち向かって来る一同に、チノマナコはさらにブレイドを召喚します。

 一方、クッキーを作る栄次郎さんと彦馬。それを見て夏海は昔、栄次郎さんがいろいろ作ってくれた事を思い出します。

「士君の世界があるかどうか、それがわからなくても・・・」

と、悩みが吹っ切れたのか、一緒にクッキーを作り始めます。

 源太、千明、茉子でムースファンガイアを撃破し、ユウスケ、流ノ介、ことはがイーグルアンデッドを撃破します。ユウスケ、見せ場があってよかったね!!たまにはフォームチェンジを見せてもらいたいもんだけど・・・士はコンプリートフォームになり、ブレイドキングフォームを召喚します。それにファイナルアタックライドで応戦するチノマナコですが、キングフォームとのロイヤルストレートフラッシュを受けて、ブレイドとともに弾き飛ばされてしまいます。アングルが悪くて、イマイチ迫力に欠けるロイヤルストレートフラッシュでしたな・・・期待してたのにガッカリ・・・倒れたブレイドの隙を突き、士はファイナルフォームライドのカードで、ブレイドをブレイドブレードに超絶変形させ、横取りします。丈瑠がシンケンマルを烈火大斬刀に変え士に渡し、丈瑠はブレイドブレードを受け取ります。そして、ブランクカードが烈火大斬刀に変わり、士と丈瑠の一撃でチノマナコを撃破します。二の目はなし。アヤカシじゃなくなっちゃったから?残念・・・

 「士!僕のためにご苦労様。」

と、大樹が現れます。タイミング良く現れやがって、このハイエナ野郎!!ディエンドライバーを回収しようとしますが、ひと足早く源太にディエンドライバーを奪われてしまいます。結局、烏賊折神と交換する事になり、泥棒騒動は一件落着かな?

 無言で見つめあう士と丈瑠・・・丈瑠はみんなとともに屋敷に帰ります。士もいつかは自分の世界に帰る・・・その世界はどこなのか・・・?士が写真館に帰ると夏海が待っていました。どこの世界にいても、士の帰る場所は、この光写真館なのだから・・・

 背景ロールが変わり次なる世界に・・・クライシス帝国の戦闘母艦が意味する世界とは・・・?

 次回は「RXの世界」みたいですね!!見どころはやっぱり、倉田てつをさん演じる、南光太郎ですね。僕がRXをリアルタイムで観ていたのが20年ほど前なので、懐かしいものです!!ロボライダーとバイオライダーも登場するみたいなので、楽しみです!!あとBLACKも予告でチラッと・・・RXとBLACKが同時に存在する理由もここで明らかになるみたいですよ。

 で、RXの世界になぜかアポロガイストが登場・・・来週も変身するよ!!ユウスケ!!パーフェクトゼクターを構えるハイパーカブト。よかった!!ハイパーキックだけじゃなくて。これで他のライダーの最強フォームも、他の必殺技を見せてくれる可能性が高まりましたね!!ま、その前にクウガアルティメットフォームとアギトシャイニングフォームの召喚がまだなのですが・・・

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

殿執事

親子熊

comment iconコメント

コメントの投稿



trackback iconトラックバック

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。