上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 昨日、イベント上映が開始された「機動戦士ガンダム THE ORIGINⅡ 哀しみのアルテイシア」の鑑賞後レビューです!!

 いつも通り、前日に前売り券を座席指定券への交換に行きましたが、別に前日に座席指定券の購入に行かなくても、当日でも余裕で座席を確保できる状態でした。とは言え、初回の上映はあまりいい席が残っていなかったので、2回目の上映に鑑賞しました。
 初回限定生産のBlu-rayをゲット!!
gundam-origin13.jpg

 今回も前回と同じく、初回限定生産のBlu-rayを劇場で買い逃しても、バンダイビジュアルクラブでも購入できます。
 主題歌CDは、全国で発売される数量限定盤と、劇場限定盤を購入しました。
gundam-origin14.jpg

 数量限定盤と劇場限定盤の主な違いは、ジャケットイラストと封入特典のステッカーイラスト、そして、4曲目に入っている「By Your Side」が、数量限定盤がピアノソロバージョン、劇場限定版が澤田かおりさんが歌う挿入歌となっています。劇中でハモンさんが歌う挿入歌が聴きたい方は、劇場限定盤を購入しましょう!!おそらく、この劇場限定盤も前回と同じく、後日バンダイビジュアルクラブでも購入できるかと思うので、もし劇場で買い逃しても、大丈夫かと思います!!
 劇場で数量限定盤と劇場限定盤のCDを同時購入すると、特製ジャケットイラスト・クリアファイルがもらえます。
gundam-origin15.jpg

 言うまでもありませんが、このクリアファイル目当てで主題歌CDを2種類購入しました!!
 前回と同じく、Blu-rayと主題歌CDを購入すると、特製ショッパーがもらえます。
gundam-origin16.jpg

 Blu-rayを購入すると、赤いショッパーがもらえ、主題歌CDを購入すると、青いショッパーがもらえます。
 入場者特典として、安彦良和さん描き下ろしミニ色紙がもらえます。
gundam-origin17.jpg

 色紙と一緒に、チラシが数枚封入されていました。あと、劇場限定ガンプラである「HGガンタンク初期型 劇場限定リミテッドクリアVer.」の購入は見送りました。
 
 上映前、一部の劇場では先日、アニメ化が決定した「機動戦士ガンダム サンダーボルト」のアニメ化告知映像が上映されたみたいですが、残念ながら僕が観に行った劇場では、告知映像の上映はありませんでした。
 
 さて、感想ですが、サブタイトルでは「哀しみのアルテイシア」となっている本作ですが、アルテイシアことセイラさんが悲しみの涙を流すのは終盤で、本作は主に後にシャア・アズナブルとなるキャスバルの人格形成を描いた内容となっています。

 今回も戦闘シーンは少なく、ランバ・ラルとマッシュの駆るモビルワーカーによる模擬戦闘実験のみでしたが、後に名を馳せる2人の操縦技術の片鱗が見られ、1シーンながらなかなか迫力がありました。模擬戦なのに、互いを殺る気満々の2人・・・おっかねえ!!

 サイド3から地球へと逃れ、キャスバルはエドワウ、アルテイシアはセイラと名を変え、平和な日々を過ごしていましたが、ザビ家からの刺客の襲撃を受け、自分たちの存在が決してザビ家から忘れられていないことを思い知るエドワウ。再び安息の地を求め、テキサス・コロニーへと上がったエドワウとセイラは、最愛の母・アストライアの死を知らされる。アストライアの死を知ったセイラさんの叫び、前作で父親であるダイクンの死を目の当たりにしたシーンと、なんかダブるな・・・今回は前作とは違って顔は強張ってなかったけど・・・それにしても、ヨボヨボ婆さんで前作でも死にそうだったダイクンの正妻・ローゼルシアが死んでいたのは納得だけど、なぜアストライアは、ローゼルシアが死んでも自由になることを許されず、幽閉されたままだったのでしょうか?ハモンさん、なんとかならなかったの?

 ハモンさんと言えば、クラブ・エデンのステージで歌うシーンがちとエロかった・・・あと、見舞いに行ったアストライアを不憫に思い、涙を流すシーンも印象的でした。

 1シーンのみの登場でしたが、まだ10歳未満のアムロ・レイを演じた古谷徹さん。変声期前のキャスバルを演じた田中真弓さんと同じく、アムロの声優さんも代わるのかな?と思いきや、15歳のアムロと同じく古谷さんご本人が担当され、まだあどけない感じがでていてよかったですね。数年後、戦争に巻き込まれ、運命を翻弄されることを彼はまだ知らない・・・

 母・アストライアを追うように、セイラさんにとって家族も同然の飼い猫・ルシファまでも死亡し、母の死によって人格を揺さぶられたエドワウから突然の別れを告げられるセイラさん、トリプルパンチでかわいそ過ぎる・・・エドワウとセイラさんにとって、ターニングポイントとなった母・アストライアの死。彼女が理不尽な死を遂げなければ、2人の運命は全く違うものになっていたでしょうか・・・?

 エドワウと瓜二つの容姿を持つシャア・アズナブル。原作を読んでいないのでわかりませんが、流されやすい性格で、ザビ家の政策に乗せられた彼は、おそらくエドワウの陰謀で死亡し、エドワウ自身がシャアを名乗るのでしょうね・・・

 次回の第3話から、物語は一年戦争への序章へと向かっていくみたいです。

 機動戦士ガンダム THE ORIGINⅢ 暁の蜂起 2016年春公開!! 

 予告映像を観た感じ、第3話からはジオンのMSが本格的に参入し、戦闘シーンが増えそうなので楽しみです!!士官学校でガルマと出会うキャスバル。そして、セイラさんの動向にも注目!!ここから宇宙世紀が大きく動き出す!!

 来週、開催される舞台挨拶のチケットを購入できました!!僕が観に行く劇場の登壇予定者は、

 三宅健太さん(ドズル・ザビ役)

 喜山茂雄さん(ランバ・ラル役)

となっています。ランバ・ラルの父であるジンバ・ラルを殺したザビ家として、協力を依頼するドズルと、彼の顔を立てるランバ・ラル。どんな話が聞けるのか楽しみです!!まだ観に行っておられない方は、ぜひ劇場で鑑賞してください!!

 来週は大阪でガンプラEXPOが開催されます!!こっちも行かなくては!!では、また!!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

待って、行かないで兄さんっ!!キャスバル兄さんっ!!

心に潜って闇を斬れ。

comment iconコメント

コメントの投稿



trackback iconトラックバック

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。