上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 前回、フミタンが死亡しましたが、3週間ぶりの戦闘シーンが見どころとなった「鉄血のオルフェンズ」第17話「クーデリアの決意」。OPのバルバトスのスクリーンに映っていたフミタンが、彼女の死によりメリビットさんに差し替え・・・EDの方は特に変わっていなかったかな?

 フミタンの死、そして、ドルト2で働く労働者の現状を目の当たりにしたクーデリアは、このままでは地球には行けないと、労働者たちを救うため、ギャラルホルンと戦うことを決意。オルガの言う通りにしてきた三日月も心境の変化を表し、彼女の意思に同調してバルバトスを駆り、ギャラルホルンに攻撃を仕掛ける。

 正義感の強いガエリオは、粛正と言う名の虐殺を行うギャラルホルンのやり方が気に食わないながらも、この機を逃すまいと、三日月の駆るバルバトスを倒すため、不本意ながらもガンダム・キマリスを駆り、アインと共に戦場へ赴く。ガエリオさん、「チョコレートの隣の人」から、「ガリガリ」へとニックネーム変更!!ほんと、三日月はガエリオを怒らせるのがうまいな・・・

 ラフタの駆る百里との戦いを見て思いましたが、どうやらバルバトスは、高速移動する機動性の高い機体とは相性が悪いみたいですね。百里との戦いの時と同じく、動きを封じて一撃を加えようとするも、バルバトスはキマリスが放ったスラッシュディスクを受けてしまう。設定では、ナノラミネートアーマーすら切り裂くスラッシュディスクですが、三日月がうまくかわしたせいか、たいしてダメージはなく、なんか地味だったな・・・2度目は通用しない・・・かな?

 仮面の男は、ガエリオのことを知っている模様。な・・・何者なんだ?

 アインのアシストもあり、ガエリオとの2対1の戦いに苦戦を強いらえる三日月だが、シノの駆る流星号、そして完成したグシオンリベイクを駆る昭弘が加勢に現れ、形勢は逆転。流星号の発進シーン、グシオンリベイクのフェイスオープンはカッコよかった!!それにしても、キマリスは形勢が逆転した途端に弱くなったなーでも、何とかガエリオを守り切ったアイン、敵ながらグッジョブ!!個人的に彼もガエリオも死んでほしくないな・・・

 ガエリオ、アインは撤退するも、三日月たちの前には、ギャラルホルンのMSの大部隊が立ち塞がりますが、自らの命を狙うノブリスをも利用し、世界に声を届けようとするクーデリアの演説により、次回は戦闘を回避できそうな雰囲気でしたね。次回第18話「声」は本日放送!!新OPで登場し、話題になっていた麻呂キャラも、いよいよ登場するみたいなので注目!!では!!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

フミタン・アドモス

comment iconコメント

コメントの投稿



trackback iconトラックバック

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。