上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 新たな世界にやって来た士たち。またもや謎のブランクカードを手に、士の姿はバンダナに、ジーパン、ジージャン姿といった昭和っぽい服装になっていました。いつもながら、ばっちり着こなしてるって言ってますけど・・・今度こそ士の世界・・・?そうこう話していると、背後にクライシス帝国の戦闘員が現れ、クライシス最強の戦士、怪魔ロボット・シュバリアンの攻撃を受けます。

「霞のジョーを始末しろ!!」

霞のジョー・・・?どうやら、士の服装が霞のジョーなる人物に似ているみたいです。迫り来るクライシスの前に、1人の男が現れます。

「霞のジョーはこの俺が守る!」

と、男は仮面ライダーに変身します。いやー懐かしい!!

「俺は太陽の子、仮面ライダーブラックRX!」

 RXの世界か・・・

RXは戦闘員を倒し、光の剣・リボルケインを抜き、シュバリアンに立ち向かいます。オリジナルでは、リボルケインはほとんど必殺の「リボルクラッシュ」を放つ時だけに使用し、格闘戦にはほとんど使用していなかったのですが・・・おまけに刀身が発光してないし・・・シュバリアンに攻撃が通じずに苦戦するRXは、ロボライダーに変身し、ボルティックシューターをシュバリアンに撃ち込みます。その時、シュバリアンの背後から、ファンガイアとイマジンが現れ、ロボライダーに襲いかかります。ファンガイアとイマジンの攻撃を受け、ロボライダーはRXの姿に戻ってしまします。そこで霞のジョー、いや、士がディケイドに変身します。

「霞のジョーがなぜディケイドに・・・?」

驚くRXをよそに、士はファンガイアとイマジンに立ち向かいます。アギトにフォームライドし、ライダーキックでファンガイアを撃破する士。イマジンは時空の壁を超え、撤退します。同じく撤退するシュバリアン。そこにディケイドを世界の破壊者だと言うRXが士に襲いかかって来ますが、夏海が止めに入ります。夏海のまっすぐな瞳を信じ、夏海の話を信じるRX。とりあえず、この世界の事を聞こうと言う士ですが・・・

 男の名は、南光太郎。RXとしてこの世界を侵略しようとするクライシス帝国と戦っているみたいですが、最近になって、クライシスとは違う別の新たな勢力が現れ始めたようです。で、その調査を行っていた彼の仲間、霞のジョーが消えてしまったみたいです。「大体わかった。」と、言う士ですが、自分の世界が見つからない士は、戦う意義を見い出せず、苛立ちます。前回の夏海ちゃんに続いて、今回は士がナーバスに・・・扱い悪いけど、ユウスケが一番まともだな・・・

「仲間のために戦えるんじゃないのか?」

と言う光太郎に、

「あんたはそんなことのために、一生戦い続けるつもりか?はぁ・・・俺はごめんだね。」

と士は言い、去ってしまいます。態度悪ー!!自分の世界が見つからないことに、苛立っているとは言え、今まで自分が言っていた言葉とはえらい違いだな・・・いや、なんか矛盾してる。

 街中で写真を撮る士ですが、ピントが合わずうまく撮れません。すべてがよそよそしい・・・そんな士の前に夏海が現れます。夏海は「私たちは仲間じゃないですか!」と、士を気遣いますが、士は、

「よせよ!それは俺のもっとも嫌いな言葉だ。」

と、言います。「素直じゃないんだよなぁ。」と、木陰から見守るユウスケですが、そこに時空を超える壁が現れ、世界の秘密結社が大結集した大いなる大組織、大ショッカーなる組織からアポロガイストが姿を現わします。変身しようとする士ですが、アポロガイストの「マグナムショット」で、ディケイドライバーを弾き飛ばされてしまいます。士に危機が迫る中、士をかばい、夏海ちゃんがアポロガイストの攻撃を受け、意識を失ってしまいます。ユウスケがクウガに変身してアポロガイストに立ち向かうも、アポロガイストは撤退します。

 一方、光写真館では怪しげな黒いマントを身にまとった栄次郎さんが、そのマントにアイロンがけをします。さすが、栄次郎さん!!ちゃんと当て布をしてかけてる!!って、常識か・・・キバーラに仮面舞踏会に行くと言う栄次郎さん。

「人は常に仮面をかぶり、真の姿を隠してる。」

と意味深発言。まさか、その正体はー!!

 夏海ちゃんの病状は医学的に原因不明。原因がわからない以上、治療する方法もない・・・そこに現れる鳴滝。いつもながら、いきなり現れて怖いよ、アンタ!!

ディケイドにかかわった者は、すべて消えゆく運命・・・

 俺がそばにいれば夏海も・・・そんな士に、「そばにいてやれ。」と、言うユウスケですが、そこにディケイドライバーを持った大樹が現れます。大樹にアポロガイストについて聞く士。大樹曰く、アポロガイストはXライダーの世界からやって来た殺人マシン。GOD機関による再生手術でよみがえったようですが、その命は1カ月しかなかったようです。そこでパーフェクターなるアイテムで、人の命を吸い取って、生き長らえてると言う事です。パーフェクターがあれば夏海を助けることができる。そんな士に自分がパーフェクターをもらうと言う大樹。そんな彼に激怒する士ですが、大樹は士の邪魔をする事に決めたと言います。これまで士が自分を邪魔してきたように・・・って、コイツ、「ディエンドの世界」でさんざん助けられて、「シンケンジャーの世界」では、ディエンドライバーをチノマナコに盗られて、さんざん迷惑かけたくせに、ほんとにひでーヤローだな・・・ユウスケも激怒し、大樹に掴みにかかりますが、大樹はそれをかわし、士にディケイドライバーを返します。

「ただし、勝負はフェアじゃないとね。まあ、僕が勝つけど・・・」

と言い、大樹は去ってしまします。「俺たちも行こう。」と、言うユウスケ。しかし士は、ユウスケを「足手まといだ。」と、言いますが、彼に夏海の事を頼み、病院を出て行きます。

 クライシスが人々を襲う中、そこにアポロガイストが現れ、大ショッカーと手を組むように言いますが、決裂し戦闘になります。そこに士が駆けつけ、アポロガイストの姿を見つけます。同じくユウスケから話を聞き、駆けつける南光太郎。霞のジョーがいなくなってから、ずっと一人で戦い続け、余計に仲間のありがたみを知ったと言う光太郎。

「俺は戦い続ける。仲間のためになら・・・」

それを聞き、士は、

「それも悪くないかもな・・・」

と、光太郎とともに変身し、アポロガイストに挑みます。やっぱ、光太郎の変身は最高ですな!!しかし士は、ファンガイアとイマジンを従えたアポロガイストに苦戦してしまいます。そこに現れるディエンド。バーストのカードでアポロガイストを牽制します。

「パーフェクター争奪戦のスタートだ。」

と、大樹はヘラクス、ケタロスを士に向けて召喚します。「邪魔をするな!」

「僕に奪われることを光栄に思いたまえ。」

と、アポロガイストに挑む大樹ですが、追い込まれ、「ううっ・・・危ない・・・」と、インビジブルのカードで戦線離脱します。大口叩いておいてこのザマか・・・カブトの世界と同じパターンだな・・・ヘラクス、ケタロスをアポロガイストに向けて召喚しておけばよかったものを・・・アポロガイストはゴルゴムの同志、サイ怪人を呼び出します。ヘラクス、ケタロスに苦戦する士は、コンプリートフォームに変身し、ハイパーカブトを召喚します。マキシマムハイパーサイクロン(あれ?あまりよく確認できないけど、ゼクターはフルコンバインか?ハイパーシューティングじゃないよね?)で、ヘラクス、ケタロスを撃破します。アポロガイストに立ち向かう士ですが、アポロガイストは時空の壁を超え、消えてしまいます。RXはバイオライダーに変身し、体を液状化して怪人たちを足止めし、士にアポロガイストを追うように言います。時空の壁を超える士。その先に現れる南光太郎。と、言う事は、ここはまだRXの世界か?光太郎は仮面ライダーブラックに変身し、士に襲いかかりますが・・・

 いやー今回はほんとに懐かしかった!!光太郎の変身ポーズは当時のままで、よかったです!!変身後のジャンプも入れてほしかったものですが・・・

 次回、個人的に待っていたアギトシャイニングフォームの召喚。並ぶ2人の光太郎。バトルホッパー、アクロバッターの登場はなさそうですね。残念・・・士は夏海を救えるのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

暴走外道衆

今後発売のガンダムアイテムに、気になるハイコン・・・?

comment iconコメント

コメントの投稿



trackback iconトラックバック

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。