丈瑠たちに寿司を握る源太ですが、ダイゴヨウは源太の寿司の握り方に文句をつけ、源太と言い争いになります。ほんとによくしゃべるな、ダイゴヨウ・・・過去の戦隊シリーズで巨大化できるサポートロボは、ほとんどしゃべらなかったのですが・・・で、源太に「出て行け。」と言われ、ダイゴヨウは光を放ち、飛んで行ってしまいます・・・飛べたのね、ダイゴヨウ・・・

 一方、三途の川。「酒がまずい。」と言いつつも、酒を飲むドウコク。「まずいなら、飲まなきゃいいだろうに・・・」と言うシタリにもやつ当たりです。そこにアクマロが配下のドクロボウを連れて現れます。自分がかっこいいだの、投げキッスはするだの、気持ち悪い奴だな、ドクロボウ・・・
 
 で、家出したダイゴヨウは仕事を探します。面接を受けますが、手がないのに履歴書なんて、どうやって書いたんだよ!!面接官もまじめに面接なんかするな!!この不況の時代、まともな人でも面接までたどりつけない人がほとんどなんだぞ!!「提灯、募集してないから。」って、最初から面接するな!!次は車の整備工場にやって来たダイゴヨウ。「こう見えて案外、手先は器用な方でさあ。」と言うダイゴヨウですが今、手がないじゃん!!おまわりさんに使ってもらおうも、さすがにダイゴヨウは目立つ・・・

 仕事が見つけられないダイゴヨウに、茉子が声をかけます。「正しいと思ったことを言ったまで。」と言うダイゴヨウ。茉子は、「それでも、人を傷つけることって、あるんだけどな。」と言います。ダイゴヨウは茉子に源太へのメッセージを伝え、飛んで行ってしまいます。追いかけようとする茉子に、「外道衆が現れた。」との連絡が。

 現場に駆けつけ、変身してドクロボウに立ち向かうシンケンジャー。千明が斬りつけるも、流ノ介が矢で射ようとも、ドクロボウには効いていないようです。どうなっている・・・?そう、ドクロボウは自分の分身をシンケンジャーと戦わせていたのです。多数のドクロボウの分身がシンケンジャーに襲いかかりますが、どれを斬りつけてもハズレ・・・ドクロボウをすべて斬りつけても本物はおらず、現れた本物のドクロボウから集中砲火を浴びるシンケンジャー。ピンチに陥りますが、ドクロボウは水切れとなり、三途の川に帰ってしまいます。

 志葉の屋敷に戻り、手当てを受けるシンケンジャーたち。ドクロボウの分身の術は厄介・・・丈瑠曰く、「分身すべてを斬るつもりでやれば、1人10人ってとこか・・・」 源太にダイゴヨウからのメッセージを伝える茉子。それを聞いても素直にダイゴヨウを捜しに行かない源太。茉子はダイゴヨウを捜しに出かけます。

 ダイゴヨウを捜すシンケンジャー。それでも見つからず夜になり、茉子はやきとり屋台の提灯になっているダイゴヨウを見つけます。茉子とダイゴヨウのやりとりの見守る丈瑠たち。丈瑠は源太に電話をかけ、「やきとりを買って来てくれ。」と、頼みますが、源太はもう屋台のすぐそばまで来ていたようです。源太はダイゴヨウに素直に謝り、戻ってくるように頼みます。結局、似たもの同士の意地の張り合いだったようで、源太とダイゴヨウは和解します。そこに彦馬から、「外道衆が現れた。」との知らせが。

 現場に駆けつけた丈瑠たちに取り囲まれるドクロボウですが、出し惜しみなく分身の術を使います。全員斬るつもりで斬りつけるシンケンジャーですが、またもやハズレで集中砲火を浴びてしまいます。ピンチに陥りますが、ダイゴヨウの光がドクロボウの分身を消し去ってしまいます。本物に「ダイゴヨウ 十手打ち」をぶつける源太。茉子がインロウマルで、スーパーシンケンピンクとなり、「スーパーシンケンマル 真・天空之舞」でドクロボウを撃破します。

 二の目になったドクロボウを、ダイカイシンケンオーとダイゴヨウが追い詰めますが、ドクロボウは分身してしまいます。ダイゴヨウの「秘伝ディスク 乱れ撃ち」で本物を見つけ、イカテンクウバスターの「折神大開砲」でドクロボウを撃破します。源太とダイゴヨウの絆も深まり、これにて一件落着です!!

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Wの検索/街を泣かせるもの

仮面ライダーW 第1話 Wの検索/探偵は二人で一人

comment iconコメント

コメントの投稿



trackback iconトラックバック

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)